• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 「オミクロン株」ヨーロッパを中心に感染拡大 米国は水際対策を...

「オミクロン株」ヨーロッパを中心に感染拡大 米国は水際対策を強化<モーサテ>

ビジネス

テレ東

2021.11.29

txbiz_202111291930_01.jpg
南アフリカなどで確認された新型コロナの新たな変異株、オミクロン株の感染がヨーロッパを中心に拡大しています。

28日までにヨーロッパでオミクロン株の感染が確認された国はイギリス、ドイツ、イタリアなどで、オランダでは少なくとも13人の感染が確認されています。イギリスは人口の大半を占めるイングランドで、公共交通機関や小売店内でのマスク着用を再び義務化しました。

オミクロン株は、香港やオーストラリアなどでも感染が確認されており、すでに世界各地に広まっている恐れがあります。水際対策強化のためアメリカは26日にアフリカ南部8ヵ国へ渡航中止勧告を出し、イスラエルは27日に全ての外国人の入国を禁止すると発表しました。

オミクロン株が、現在使われているワクチンの効果に影響するかどうかなどはまだ明らかになっていませんが、ワクチンを製造しているビオンテックやモデルナは新たなワクチンが必要になった場合、来年の早い時期に供給することが可能だとしています。

※Newsモーニングサテライト


※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧