• #
  • トップ
  • ビジネス
  • アメリカ株「地味で知られていないが、長期にわたり株価が上昇し...

アメリカ株「地味で知られていないが、長期にわたり株価が上昇している」注目銘柄を深掘り!

ビジネス

BSテレ東

2022.7.29

「テレ東BIZ」では、「米国株」「暗号資産」に関する最新情報を、バーチャルスタジオを使って伝える新感覚のマーケット報道番組「AMERICAN MONEY TODAY(MC:八木早希)を無料配信中!
ニューヨークやシリコンバレーと中継を結び、成長するアメリカの銘柄情報から暗号資産・NFTまで、最先端の情報をどこよりも早く、分かりやすく発信する。

amt_20220729_01.jpg
注目のアメリカ銘柄を深掘りするコーナー「COMPANY'S SURVEY(カンパニーズサーベイ)」では、マネックス証券の岡元兵八郎氏が、長期投資に注目してきた21銘柄の中から、「地味であまり知られていないものの、長期にわたり株価がかなり上昇している」2つの銘柄を紹介した。

amt_20220729_02.jpg
1つめは、従業員向けの制服を製造・レンタル、清掃用モップなどのレンタルサービスを営む「シンタス」。1989年末からこれまで10275%という高いリターンで、これはS&P 500(アメリカの代表的な株価指数の1つ)の約5倍に相当、1983年から毎年増配を行っているという。


「シンタス」の顧客数は、小さな自動車修理店から大規模なホテルチェーンまで、現在100万超で、高度に専門化された製品とサービスを提供。岡元氏は「アメリカには企業が1600万以上あり、(シンタスが)取引していない会社がまだまだある。顧客開拓・成長の余地があり、M&Aの機会も多いだろう」と予測する。

amt_20220729_03.jpg
もう1つの注目銘柄は、アメリカ・カナダでホームセンターを運営する「ロウズ」。北米で2200店舗以上を有し、実店舗では4万以上、オンラインでは20万以上の製品を販売している。

アメリカでは、住宅価格が1970年から長期にわたって上昇。住宅事情を日本と比較すると、中古住宅の流通量は日本の約20倍、ホームセンター市場の規模も約10倍にも達し、非常に大きなマーケットを有する。

岡元氏は、「中古住宅の価格も長期的に上昇しているため、お金をかけてリフォームすることが、家の資産価値を高める投資にもつながる」と分析。今後「ロウズ」の株価上昇に期待が持てる理由を話した。

※特定の銘柄推奨ではありません。投資は自己責任でお願いします。

この放送が見たい方はテレ東BIZへ!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧