• #
  • トップ
  • ドラマ
  • お好み焼きは四角く切る派? ピザのように切る派?:極道めし

お好み焼きは四角く切る派? ピザのように切る派?:極道めし

ドラマ

BSテレ東

2018.7.20 連続ドラマJ「極道めし」

粉モンの王様"お好み焼き"。あなたが好きなのは、生地に具材を混ぜ込んだ関西風? それとも薄い生地にたっぷりのキャベツとソバが入った広島風? 切るときは、ピザのように切る? それとも四角?


刑務所のとある雑居房を舞台に、囚人たちが "旨いモン"の語り合いバトルを繰り広げる連続ドラマJ「極道めし」(BSジャパン 毎週土曜日 夜9時放送)。先週放送の第1話では、激しい"お好み焼き論争"が勃発!? 関西風か広島風か? ピザのように切るか? 四角く切るか? ソースの分量は? マヨネーズはかける? 青ノリはあり?なし? それぞれの"お好み"に合わせてカスタマイズできるのが"お好み焼き"。お好み焼きの本場関西出身の徳井優さんのこだわりを聞いてみた。


gokudomeshi_20180720_01.jpg



徳井優"お好み焼き"へのこだわり


ピザのように切るのは邪道!


「ピザのように切るのは邪道! 僕ら関西人はコテを使って鉄板からそのまま食べていますからね、子どもの頃から。だから、そもそもどんな風に切るかなんて考えたこともない。鉄板の上にお好み焼きがあって、コテを持っていたら、自分が食べる分だけをちょっとずつ四角く切る。そうやって食べていると、最後の方は焼きすぎてカリカリになるんですよ。それが、また旨くて! お好み焼き屋さんは一日に何枚も同じ鉄板で焼くから、隅にカリカリになったカスがどんどん貯まっていくん。あれが美味しそうでね。思わず持って帰りたくなっちゃう(笑)」


gokudomeshi_20180720_02.jpg


関西人やけど広島風が好きじゃけん


「食に対して特にこだわりがあるわけではないんですけど、味にパンチがあるものを美味しいと思わないようにしているんですよ。食べた瞬間に『ん? これは何の味だ?』って、頭を使わないといけないような状態のモノが美味しい。僕は割と料理をするんですよ。味噌汁に、きんぴらごぼうに...でも家族からは味にパンチがないと不評なんです(笑)。


だから、お好み焼きでも、べったりとソースがかかっているものはダメ。『これ、お好み焼きじゃなくて、ソースやん!』って(笑)。関西人ですから家でもお好み焼きを作りますけど、粉をたっぷり使った関西風じゃなくて、生地が薄い広島風が好きなんです。具は何でもいい。豚肉、キャベツ、紅しょうが、天かす...、あと、ちくわを細かく切ってみりん醤油でカリッとするまで炒めたものを入れると美味しいですよ。関西風と違って粉をたっぷり使わないから、それぞれの素材の味が楽しめるんですよ。だから、ソースはあまりつけない。


関東のもんじゃ焼きも食べますよ。初めて出合ったのは23歳ぐらい。兄貴に連れて行ってもらいました。子供の頃から鉄板焼き文化が身近にあったから、単純に鉄板でジュージュー焼く感じが好き。もんじゃの小さいコテも、あれはあれで優雅ですよね(笑)。たまに家族とも一緒に月島で食べるですけど、いつもベーシックなものを注文します。チーズやらキムチやら、いろいろトッピングできますけど、あえて入れずにシンプルな王道のもんじゃを楽しみます」



自己肯定感を促進するようなキャラに


お好み焼きについいてアツく語ってくれた徳井優さんが出演中の連続ドラマJ「極道めし」は、ただのグルメドラマではなく、"旨いモン"にまつわるノスタルジックな思い出を引き出す食と人情のノスタルジックエンターテイメント。窃盗常習犯の八戸伍三郎を演じる徳井さんに、役どころや見どころポイントを聞いてみた。


gokudomeshi_20180720_03.jpg


――徳井さんが演じる204号室の囚人・八戸伍三郎はどんな人物ですか?


「なんと前科26犯! 平たく言うと、犯罪へのハードルが低い人なんですよね(笑)。だからといって、悪人っぽくしてやろうというつもりはなくて、204号室の中では最年長ですから雑居房の主のような雰囲気を出せたらいいかな。刑務所での生活が板についているというか、ムショでもシャバでもジタバタしていない感じ。まぁ、シャバでジタバタしたから、ムショに戻ってきちゃったんですけどね(笑)


結局、八戸さんは雑居房が好きなんでしょうね。"擬似家族"のような感覚なのかな。もちろん、罪を犯すのは悪いことですが、八戸さんの犯罪の裏には寂しさがある。だからこそ、他人に優しくできるんじゃないですかね。房の中で行われる食べ物を巡るゲームでも、勝つことにはこだわってないんですよ。ゲームをやることで、より擬似家族としての濃度が上がる。それを楽しんでいるような気がします。でも、それは八戸さんだけではなく、みんな同じ気持ちなんじゃないかなと思いますね。


八戸さんを見ることによって、ドラマを見てくださるみなさんの自己肯定感が促進されたらいいなと思っています。どんな生き方をしてもいいんだ。生きているだけでいいんだ。そんな風に思ってもらえるようなキャラクターにしていきたいですね」


――そんな"擬似家族"のような204号室の面々が"美味いモン"語り合いバトルを繰り広げるドラマの見どころは?


「"食べる"という行為は、人間の基本的な欲求ですし、生命の根源的なところですよね。放送時間が土曜の夜9時ということで、こんな時間に美味しそうな食べ物が出てくるドラマを見たらお腹が空いちゃう...なんて思ってしまうのもどこか人間っぽい。そういう嘘のない面白さが、この作品にはあるような気がします。ひと癖もふた癖もあるような個性あふれるキャラクターたちを見て、バカな奴らだけどちょっとかわいいなと思ってもらえたらうれしいですね」


gokudomeshi_20180720_04.jpg


カツカレーに半熟の目玉焼きをトッピング!


「極道めし」第1話のおさらいと、7月21日(土)放送の第2話の見どころを紹介!


gokudomeshi_20180720_05_b.jpg


【配信終了日:7月21日(土)】動画はこちら


第1話「魔法のカツカレー」


刑務所には、さまざまな罪を犯した受刑者たちが収監されている。日々の生活の中では、たくさんの制約があるため、大して美味しくはない3度の食事が唯一の楽しみ。大好きなおかずや、特別な日に出されるおやつを食べるだけで幸せな気持ちになれる。だからこそ、彼らは食べ物に対する執着心が"シャバ"にいた頃よりも強くなっているのだ。


そんな受刑者たちがいる御久里刑務所の雑居房、204号室。そこには、元サラリーマンの小津(今野浩喜)、窃盗常習犯の八戸(徳井優)、詐欺師の坂井(柳沢慎吾)、暴力団組員の荒木(小沢仁志)が収監されていた。荒木がシャバで食べた「冷やし中華」の話を旨そうに語ったところで、3人のノドが「ゴクリ」と鳴った。


ある日の昼休み、いつものように4人で雑談していると、新入りとして銃刀法違反の男・原一平(福士誠治)がやって来る。車座になった一同の「予定通り始めよう」という謎の言葉で静かに始まったのは、おかずやおやつをかけた"旨い飯語りバトル"だった! 最も旨そうな話をして、一番多くのノドを鳴らせた者が勝者となる。


gokudomeshi_20180720_06_b.jpg


甘いものは滅多に出ないムショでの希少品「ジャム」をかけてのバトル。まずは八戸が、ケチャップの匂いがただよってきそうな「オムライス」の話を。続く小津は広島時代に食べた「お好み焼き」の話を始めたものの、各々の好みが分かれお好み焼き論争が勃発。一平は初デートの時、高級レストランで食べた「グランドカリー」について話し始めるが、気取った料理に誰からも共感を得られない。


そして坂井は、子供の頃の話を始める。母子家庭で育ち、週5で食べていた母の作り置きカレーに飽き飽きしていた坂井少年。ある日、坂井少年は家に入った空き巣(武井壮)と遭遇する。坂井少年の誕生日だと知った空き巣は、"誕生日スペシャル"と題した「魔法のカツカレー」を作ってくれ...。このバトルを征し、ジャムを手にしたのは誰!?


gokudomeshi_20180720_07_b.jpg


この放送は、現在「ネットもテレ東」で明日7月21日(土)まで限定配信中! これを見れば、あなたのノドもゴクリ!


《第1話の旨いモン!》


坂井の「魔法のカツカレー」 ☆☆☆☆☆
子供の頃、空き巣が作ってくれたカツカレー。カツカレーはカレーの上にカツが乗っているだけの食べ物に非ず! カツにゆっくりとカレーをかけることで別々の食べ物をひとつに融合させるのがポイント。さらに誕生日スペシャルとして半熟の目玉焼きをトッピング。もう食べていいと思ってから"1分我慢"することで、美味しさを引き立てる。


gokudomeshi_20180720_08.jpg


荒木の「冷やし中華」 ☆☆☆
冷やし中華にはチャーシューより薄っぺらいハム! 卵、キュウリ、ナルトも細切りで、真ん中にはさくらんぼ。辛子が鼻にツーンとくるのがたまらない。クーラーではなく扇風機の店で、夏の風を感じながら食いたい!


gokudomeshi_20180720_09.jpg


八戸の「オムライス」 ☆☆☆
前科26犯の八戸が最初にムショに入るきっかけとなった、とある喫茶店のオムライス。ジャジャッと炒める音とともにケチャップの匂いが席まで届いてくる。卵は固めで、マラソン選手のふくらはぎみたいな"ザ・オムライス"。


gokudomeshi_20180720_10.jpg


坂井の「お好み焼き」
サラリーマン時代、全国の旨いものを"会社の経費"で食べつくしてきた坂井が、広島時代に一番ひいきにしていた店の豚玉。


gokudomeshi_20180720_11.jpg


一平の「グランドカリー」
初デートで入った高級レストランの「グランドカリー」3500円+「ライス」1000円。フォンから立ち上げた海老のビスクを基本としたカレーソース。そこに白身魚のクネルを浮かべ、付け合せのキャベツのアチャールが絶妙なアクセントに。


gokudomeshi_20180720_12.jpg


第2話の旨いモンは?


7月21日(土)放送の第2話「涙の野沢菜めし」は、ムショでは滅多に出ない希少品の牛肉を甘く煮込んだ「牛肉のしぐれ煮」をかけての勝負。ビリ独走中の一平は、高級レストランのカレー話での失敗を活かし、庶民的に牛丼の話をするが...。坂井は、貧乏暮らしの中、母親が奮発してくれた弁当の話でお涙頂戴を狙い、小津は風呂上りに食べたいもので意表をつき、八戸は揚げパンでノスタルジックな気分をくすぐる。そして荒木は、若かりし日に鉄砲玉をやった時、死をも覚悟する中で食べた"おふくろの味"について話し始める。ゲストは泉ピン子。


gokudomeshi_20180720_13_c.jpg

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

連続ドラマJ「極道めし」

連続ドラマJ「極道めし」

連続ドラマJ「極道めし」2018年7月14日より毎週土曜夜9時放送!旨い食い物にまつわるノスタルジックな思い出を引き出すドラマチックなエンターテインメント!

放送日時:BSジャパン 毎週土曜 夜9時放送

出演者

福士誠治、今野浩喜、徳井優、和田聰宏、橋本真一、祥子、椎名香奈江、柳沢慎吾、小沢仁志

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧