• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 同性愛の男子高校生による爆破事件! 解決の糸口は"時間"の感...

同性愛の男子高校生による爆破事件! 解決の糸口は”時間”の感じ方の違いにあり:サイレント・ヴォイス

ドラマ

BSテレ東

2018.11.6 土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

silentvoice_20181106_01.jpg


【配信終了日:11月10日(土)】動画はこちら!


見つめる鍋は煮え立たない。


これはヨーロッパの諺。今か今かと待ち構えていると、時間はなかなか過ぎていかないという意味だ。楽しいときや夢中になっているときの1時間はあっという間なのに、苦しいときや待ち遠しいときの1時間は永遠のように感じる...そんな経験は誰にでもあるだろう。このように、"感情"によって"時間の感じ方"は変わっていくのだ。


ウソをつく瞬間に0.2秒間だけ現れる "マイクロジェスチャー"を読み取り被疑者のウソを見破る刑事・楯岡絵麻(栗山千明)の活躍を描くBSテレ東の土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」(毎週土曜 夜9時放送)。第5話「アブナい十代」を振り返りながら、これを検証してみよう。



圧力鍋爆弾事件の真相は!? 天才高校生の秘めた思い


《今回の事件》
全国で成績トップの明月学園高校で、爆弾が仕掛けられ学園祭中止を要求する脅迫事件が発生。厳戒態勢の中で学園祭が強行されるも、爆発が起こり怪我人が出た。被疑者はこの高校に通う1年生・東村歩(望月歩)。絵麻が取調べる中、2ヶ月前に起きたある男子生徒の自殺が関連しているとわかり...。


《今回の被疑者》
東村歩(16歳)
明月学園高校1年生。全国模試でも常に上位の秀才で、特に物理は全国1位。学園祭の中止を要求する脅迫事件で、海外のテロ事件でも使用された圧力鍋爆弾を仕掛けた容疑で検挙される。学校や親の期待に応えるのが嫌になって学園祭を狙ったと供述。


silentvoice_20181106_02.jpg


最初こそ素直に供述し、反省しているように見せていた東村だったが、取調べ中にもう一つ爆弾が仕掛けられていることが判明。素直な態度は次の爆発までの時間稼ぎだったのだ。絵麻は第二の爆発を阻止するため、東村を相手に爆弾の在処を探っていく。


silentvoice_20181106_03.jpg


《午後2時》
「二回目の爆発が起きる時間を教えなさい」
絵麻は壁に掛けられていた時計を外し、2時を指していた針を少しずつ進めて見せる。東村が、ウソをつくに際に現れる【マイクロジェスチャー】から爆発は4時だと判明。あと2時間じかない! ここで絵麻は、取調べ室から呼び出される。


silentvoice_20181106_04.jpg


《午後2時30分すぎ》
上司の筒井(宇梶剛士)に「爆発時刻は4時」と報告した絵麻が取調べ室に戻ってくる。
東村に共犯者がいるのか聞き出そうとするも、「共犯者なんていないよ」という東村の言葉にウソはない。そんな中、絵麻は、自殺していた男子生徒と東山が交際していたを見抜く。ここで再び絵麻が呼び出される。


silentvoice_20181106_05.jpg


《午後3時すぎ》
取調室に戻った絵麻は、東村と交際していた男子生徒が自殺する前に残した遺書を読み上げる。そこには同性を好きになったことへの苦悩、そして復讐をやめ自白を促すような東村へのメッセージが綴られていた。
しかし、東村は、後半の内容は絵麻が付け足したことを見破る。「お前の言葉は信用しない!」と激昂する。


silentvoice_20181106_06.jpg


《午後3時30分》
東村は、刑事が30分おきに絵麻を呼び出されていたことを指摘する。取調室に戻った絵麻の腕時計で時間を確認していたのだ。
東村が「次のノック音が3時30分の合図」だと得意気に告げた瞬間、ノック音とともに、「あと30分しかねえぞ!」と筒井の怒号が。


silentvoice_20181106_07.jpg


《午後4時》
ついに4時。「爆発が起きた」取調室に駆け込んできた筒井の知らせに、愕然とする絵麻。タイムリミットまでに、爆弾の場所も、誰を狙っているのかも聞き出せなかった。絵麻は、はじめて取調べに失敗したのか!?


silentvoice_20181106_08.jpg


本当に人を殺してしまった...その罪悪感から、東村は真相を明かす。東村の言葉から標的と爆弾をどう仕掛けたかを読み取った絵麻は、爆弾を阻止するよう指示を出す。


爆弾は4時に爆発したはずなのに、なぜ?
腑に落ちない様子の東山に、絵麻がスマホの画面で時間を見せる。


silentvoice_20181106_09.jpg


そこには「3:21」の表示が!
東村は30分おきに呼び出されていると思っていたが、実は20分おきだった。絵麻は取調室に戻る前に腕時計を10分進め、筒井たちにも協力を仰ぎ、ノック音は30分おきだと思い込ませていたのだ。


被疑者にとって、取調べは非日常。常に緊張状態にあり、普段よりも時間が長く感じているはず...。絵麻は"感情"によって"時間の感じ方"が変わることを利用して、事件を解決したのだ。


事件の全貌は、期間限定で配信中の「ネットもテレ東」で!



今すぐぐ使える行動心理学


今週の放送で登場した、そのほかの行動心理学をピックアップ!


【記憶をたどるときの視線】
人間が何かを思い出そうとするときは、視界から余計な情報は目を閉じるか上を見る。
下を見ている場合、考えているのではなく、考えるフリをしているのかもしれない。


【ミラーリング】
相手と同じ動作をすること。心を開いている証拠。



今週の西野の心の声


はちゃめちゃな取り調べをする絵麻に振り回される西野の顔芸&心の声も見どころのひとつ。今週イチオシのツッコミはこちら!


silentvoice_20181106_10.jpg


事情を聞くため呼んだイケメン教師。いつもの婚活モードで「今彼女はいますか?」と聞く絵麻に「早速来た――!」



大女優との心理戦! 不倫殺人事件の真相は?


silentvoice_20181106_11.jpg


次回11月10日(土)放送の第6話「名優は誰だ」は、女刑事vs大女優の心理戦! プレイボーイで有名な俳優・内嶋貴弘が殺された。不倫関係にあった若手女優・木戸真理(池上紗理依)に容疑がかかるが取調べは難航。世間が注目する中、被害者の妻であり大女優の内嶋紗栄子(森口瑤子)が突如自首してくる。夫の不倫を許せなくて殺害したというのだが...。紗栄子は、短期記憶障害!? それとも全て芝居!? "女優"というウソのプロを相手に、絵麻はどう立ち向かうのか!?

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

“嘘”を見破る刑事・楯岡絵麻(栗山千明)が鮮やかに事件を解決!取調室を舞台に繰り広げられる“超・心理サスペンス”!嘘を付く瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り『被疑者の嘘を見破る』女刑事がいた。彼女の名は楯岡絵麻。彼女に狙われたら最後、事件の被疑者は100%自供に追い込まれる。取調室という密室を舞台に、被疑者の習慣や仕草、行動パターンから“嘘”を見破る女性刑事・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する “超・心理サスペンス”である。

放送日時:BSテレ東 毎週土曜 夜9時

出演者

栗山千明、白洲迅、野村修一、椎名香奈江/宇梶剛士

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧