• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 腹が、減ったら...井之頭五郎も食べた「冬に食べたい!あった...

腹が、減ったら...井之頭五郎も食べた「冬に食べたい!あったかグルメ」:孤独のグルメ大晦日スペシャル

ドラマ

テレ東

2018.12.28

kodoku_20181228_01.jpg
冬グルメといえば思い浮かぶのはどんなメニュー? 皆で囲む鍋料理や、アツアツのシチューやグラタン、冬が旬の魚介類やお野菜...想像しただけで、ああ、腹が、減った...

「腹が、減った...」のつぶやきでおなじみ井之頭五郎(松重豊)が、今年の大晦日も生放送で食べまくる! 12月31日(月)夜10時~11時30分より、「孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」を放送。今回は、京都の風情漂う京料理から名古屋のソウルフードまで、各地の街並みを楽しみながら絶品グルメを堪能! さらに昨年に続き、都内人気スポットから"生放送"で、今年最後のグルメを食べ納め!

五郎も堪能! 冬に食べたい!あったかグルメ

この放送の前に、これまで五郎が食べてきた多くのメニューの中から、「テレ東プラス」編集部が独自にセレクトした「冬に食べたいあったかグルメ」をお届け。寒い冬に身体も心もあったまり、そして胃袋が満たされる至極のメニューをご紹介します。

クリーミーな白い海に潜むハフハフのカキが絶品な「カキグラタン」

Season3 第7話「目黒区駒場東大前のマッシュルームガーリックとカキグラタン」から、ホワイトソースがたまらない【カキグラタン】をご紹介。

kodoku_20181228_02.jpg
駒場東大駅に程近い、淡島通り沿いで夕方6時から深夜3時まで営業している「レストラン ボラーチョ (BORRACHO)」。ちなみに「ボラーチョ」はスペイン語で"酔っ払い"という意味らしい。

kodoku_20181228_03.jpg
【カキグラタン】ホワイトソースの白い海の中でのカキ探しに、五郎も心踊る。

「カキ、発見。このグラタンの中のカキのあり方、いい! 相互の関係性が抜群!」

グラタンはもちろん熱々なので、ヤケドしないように"フーフー"しながらいただこう。そして、五郎が2回もおかわりしたカリカリのバケットも忘れずにオーダーを。ホワイトソースをたっぷりつけてからかじるパン、これも最高だ。

「ボラーチョ (BORRACHO)」
東京都目黒区大橋2-6-18
営業時間:[平日]18:00~翌3:00、[日・祝] 18:00~翌1:00
定休日:月曜

うますぎる!うま杉良太郎!「炎の酒鍋セット」

Season3 第10話「荒川区西尾久の炎の酒鍋と麦とろ飯」から、人気の【炎の酒鍋セット】をご紹介。

都電荒川線宮ノ前駅から歩いて2分、女子医大通りのとんかつ店「どん平」。とんかつはもちろんのこと、店の名物でもある、しゃぶしゃぶとよせ鍋のコース「炎の酒鍋セット」がこれまたすごい。

kodoku_20181228_04.jpg
酒が沸騰したら、店の電気を消して鍋の中にファイアー! 燃え上がる炎でアルコールを全て火で飛ばすため、酒が飲めない五郎や、子供でも食べられる。

kodoku_20181228_05.jpg
まずは、【豚のしゃぶしゃぶ】。豚であれども牛に劣らず!

「確かに豚だ! 牛ではない。が、うまい!これはうまい!」と五郎も絶賛!

しかし、一人しゃぶしゃぶは寂しいのでは...? そんな時は、五郎を見習って、しゃぶしゃぶしながら、こうイメージしよう。

「しゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ...ああ...今、俺、アライグマだ...」

これなら一人しゃぶしゃぶも寂しくない!

kodoku_20181228_06.jpg
しゃぶしゃぶを堪能したら、出汁を注ぎ足し【寄せ鍋】。
つみれに、魚介に、野菜に、きのこ! 具沢山でボリューム満点!

「えっ!うますぎる!うま杉良太郎!このスープだけで俺はどこまでもいける!」

五郎もうなったこの鍋、ぜひご賞味あれ!

「どん平」
東京都荒川区西尾久2-2-5
営業時間:11:00~13:30、17:30~21:00
定休日:日曜・祝日。売り切れ次第営業を終了。


スープの中にもしっかりラム肉! うーん、ウマいっちゃ!「羊の薬膳スープ」

Season5 第7話「東京都世田谷区千歳船橋のラム肩ロースとラムチョップ」から、ジワリと身体に沁みる【羊の薬膳スープ】をご紹介。

疲れた体にパワー系のものを...と選んだのがジンギスカン。牛でも豚でも鶏でもない。個性的な店構えの「ジンギスバルまーさん」は千歳船橋駅から徒歩約4分。こじんまりとした店内では、ひとりジンギスカンを楽しむお客さんの姿も。

kodoku_20181228_07.jpg
がっつり食べられるのにヘルシーなラム肉と野菜を七輪で焼き、しっかりと堪能しつつ、五郎がオーダーしたのが【羊の薬膳スープ】。

kodoku_20181228_08.jpg
スープの中にも、しっかりとラム肉を発見!

「はぁ、しみるぅーー。ここにもちゃんとラムちゃん。うーん、うまいっちゃ!」

五郎も思わず『うる星やつら』のラムちゃんの口調になってしまうほど、胃袋に染みる優しいスープ。身体の内側からしっかりと温めてくれそうだ。

「ジンギスバル まーさん」
東京都世田谷区桜丘2-24-20
営業時間:17:30~23:30
定休日:毎週水曜 第1、第3火曜
※お越しの際にはお電話にて予約をお願い致します。


やめれない止まらない「すき焼き定食」で"ひとり大宴会"

Season5 第12話「東京都豊島区西巣鴨の一人すき焼き」から、豪勢に【上州牛すきやき定食】を紹介。

都営三田線・西巣鴨駅からすぐの「しゃぶ辰」。お店に入ると、珍しいU字型のカウンターがまず目に入る。カウンターには一人一台のガスコンロ。

kodoku_20181228_09.jpg
するとびっくり!すでに煮込まれたすきやき定食ではなく、こちらのイメージを覆すボリューム満点のお肉や野菜がやってきた!

五郎いわく「霜、ふりふり」な牛肉を筆頭に、長ネギ、白菜、しいたけ、えのき、しらたきなどを鍋にインしたら、割り下で煮込む。その間に玉子を割ろう。

kodoku_20181228_10.jpg
鍋が泣き出したら、そろそろ頃合い。いただきます!
これぞまさに「ひとり大宴会」。自分のペースで好きな順番に好きなすき焼きを食らう。熱いお肉を冷たい玉子にくぐらせると、笑っちゃうほど美味しい。そして白飯も進む!

「気取ったお座敷で相手の食べるのを気にしつつ食うより、心置きなく自由に食えるひとりすき焼きのほうが、断然楽しく、断然クール」
五郎の名言でました!

kodoku_20181228_11.jpg
そして〆は、うどん。溶いた玉子を鍋に入れ、ここは思いきって玉子とじうどんに。これが「すき焼き定食」であったことを忘れてしまいそうになるレベルの贅沢の極み。
ひとりセルフ大宴会、これにて終了!

「しゃぶ辰」
東京都豊島区西巣鴨4-13-15
営業時間:[月・火・木・金]11:30~14:00(L.O.13:40)、17:00~21:30(L.O.20:30)
[土・日]17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:水曜・第2日曜


三河島の路地裏にて出会った 攻撃的で刺激的な「麻婆豆腐」

Season7 第5話「東京都荒川区 三河島の緑と赤の麻婆豆腐」から、「五味一体 麻婆豆腐」と「緑麻婆豆腐」の2つの麻婆豆腐をご紹介。

麻婆豆腐専門「眞実一路」はJR「三河島駅」より歩いて約2分。"麻婆豆腐専門店"という脇目も振らぬストイックな心意気に惹かれ、その思いを受け止めるべくいざ入店。

赤・白・黒・緑・燻製の5種類の麻婆豆腐の中から、野菜のペーストを使った新しい味の【緑麻婆豆腐】をオーダー。

kodoku_20181228_12.jpg
おお、確かに"緑"! これまでの麻婆豆腐の常識を覆す色。見た目は全く辛さを想像させぬエメラルドグルーン。いざ口にすると、野菜の旨みと共にピリリとしびれる辛さ。これぞニュースタイルの麻婆豆腐。

「ジワジワきたきた。四川のカミソリパンチだ」

緑麻婆豆腐だけでは耐えられず、グツグツ溶鉱炉のように麻婆豆腐が煮えたぎる"王道の赤"こと【五味一体麻婆豆腐】も追加。ちなみに辛さは3辛。

kodoku_20181228_13.jpg
「俺の舌は、シビれと辛さで悲鳴を上げ続けているのに、脳がスプーンの動きを止めることを拒絶している。おそるべし赤麻婆」

五郎も汗だくになって格闘した麻婆豆腐。体の芯から温まるはず!

「麻婆豆腐専門 眞実一路」
東京都荒川区西日暮里1-4-12 コーポこだま 102
営業時間:11:30~14:30、17:00~23:00(20:00最終入店)
定休日:木曜日 それ以外に定休日あり
※予約などのお問い合わせのお電話は営業時間内にお願いします。


いかがでしたか? 冬のはふはふグルメセレクション。お鍋に、スープに、ピリ辛麻婆豆腐。寒さで冷えがちな身体を温め、そして満腹になれるとっておきグルメを紹介しました。五郎が食べたお店で、いざ"実食"! 冬グルメを堪能して、よいお年をお過ごしください。

五郎を虜にする風情漂う京料理&名古屋のソウルフードとは!?

大晦日スペシャルには、鶴田真由、中村ゆり、橋本一郎、中川家(剛・礼二)、高橋ひとみ、坂井真紀と豪華ゲスト続々! そして五郎の今年最後の商談相手役として伊東四朗の出演が決定。大晦日の夜に都内からお送りする"生放送のドラマ部分"にも登場します。

kodoku_20181228_14.jpg

kodoku_20181228_15.jpg
大晦日、井之頭五郎(松重豊)の元に商談相手がやってきて、今年最後の仕事が始まる。思い返せば、慌しい年末だった。12月30日、出張先の京都にいた五郎は無性に鰻が食べたくなるが、鰻を食べられる店が見つからない。住宅街に迷い込んだ先で見つけた店で、五郎は京都などで特別な呼び名を持つある魚の「土鍋ご飯」を注文する。
翌12月31日、名古屋にいた五郎は、昔懐かしい喫茶店で、朝食に名古屋名物の「あんトースト」を食べる。その後、商談相手からは名古屋の地元飯「台湾ラーメン」を勧められるが、心は「ひつまぶし」に傾いていて...。そして都内有名スポットでは、五郎が2018年最後となる一品を食べる。今年は生放送部分を拡大! 最終飯以外にも生ドラマがあり、緊張感も倍増! 年の瀬に忙しくも至福の五郎の二日間を描く。

kodoku_20181228_16.jpg
また、「ネットもテレ東」では、大晦日スペシャルを前に「孤独のグルメ 冬に食べたい!はふはふグルメ特集」を12月31日(日)まで配信中。過去の放送からセレクトされた温かグルメをお届け。

【番組概要】
孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!
放送日時:12月31日(月)夜10時~11時30分放送予定
主演: 松重豊
出演: 鶴田真由 中村ゆり 中川家(剛・礼二) 橋本一郎 高橋ひとみ 坂井真紀
久住昌之 植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)
原作: 「孤独のグルメ」 作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊SPA!)
放送局: TX・TVO・TVA・TSC・TVh・TVQ
https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume_omisoka2018/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!

孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!

2年連続!大晦日の夜は「孤独のグルメ」で食べ納め!番組冒頭から生放送ドラマで大晦日の夜を盛り上げます!

放送日時:テレビ東京系列 12月31日(月) 夜10時~11時30分

出演者

松重豊(井之頭五郎)、鶴田真由、中村ゆり、中川家(剛・礼二)、橋本一郎、高橋ひとみ、坂井真紀

人気の記事POPULAR ARTICLE

      カテゴリ一覧