• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 三浦貴大、安藤政信がボケ連発で対応に困る!?:土曜ドラマ9「...

三浦貴大、安藤政信がボケ連発で対応に困る!?:土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」

ドラマ

BSテレ東

2019.1.12 土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」【4K】

mikiclinic_20190112_01.jpg
腕は立つが一癖も二癖もある変わり者の医師たちが集まり、密かに超VIPの患者を治療している神酒クリニック。この風変わりな病院では、治療のために患者が抱える悩みを、医師たちがそれぞれの特技を生かして解決していく...。

1月12日(土)夜9時より、BSテレ東で、土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」がスタート! 注目の作家・知念実希人による異色の医療ミステリーを原作にした本作。1月10日(木)に、制作発表記者会見が行われ、三浦貴大、安藤政信、山下美月(乃木坂46)、松本まりか、栁俊太郎、板垣李光人のキャスト陣と、原作者の知念実希人が登壇した。

三浦貴大は外科医役なのに「まるでスリ」!?

mikiclinic_20190112_02.jpg
本作で民放連ドラ初主演となる三浦と安藤。三浦は、医療事故で患者を死なせてしまった過去を持つ外科医・九十九勝己を演じる。九十九を演じるにあたっての役作りについて聞かれた三浦は、「キャラクターの紹介に『手品が得意』と書いてあったので、手品の練習をしました。1話で手品をするシーンがあり、その後も必要になるかもしれないと思って。手品の動画を見て練習もしていたんですけど、(1話以降)手品をするシーンが全然出てこなくて(笑)」とコメント。

外科医だけに手先が器用で手品を特技とする九十九は、その器用さを駆使することに。そんな九十九の活躍について、三浦は「手先が器用で、人にバレないように何かをするということが手品が得意ということにつながっているんですけど...(やっていることは)ほぼスリです」と笑う。

mikiclinic_20190112_03.jpg
安藤が演じるのは、神酒クリニック院長・神酒章一郎。患者のどんな要望も叶えるという信念に基づいてこのクリニックを開業したという役どころ。幅広い年齢層のキャスト陣との共演に「この中では僕は一番年上で、10歳、20歳離れている人と芝居をするのがすごく楽しいです」と語る安藤。

山下美月、ブラックコーヒーに挑戦

mikiclinic_20190112_04.jpg
神酒クリニック唯一の看護師・一ノ瀬真美を演じる山下は、ナース役に初挑戦。真美は、"天性の幸運"を持つということで「私は生まれた時から運が良くて、運でここまで生きてきたところがあるので(笑)。芸能界に入ったのも運だし、全部うまく転がって楽しく生きてきたので、真美ちゃんと近い所があるなと感じています」と役柄に共感を。さらに「真美ちゃんは趣味が占いなので、プライベートで占いをいっぱいしました。(真美は)コーヒー占いが好きなんです。(自分自身は)コーヒーが飲めないので、ブラックコーヒーを飲む練習をしています(笑)」と、役作りについて明かした。

mikiclinic_20190112_05.jpg
セクシーで小悪魔的な産婦人科医兼小児科医・夕月ゆかりを演じる松本は、深くスリットの入ったドレスから美しい足をのぞかせながら、意気込みを。「外見的にも自分とはかけ離れたキャラクターで、こういう役も初めてです。今も座り方をすごく気を付けているんですけど、今回は"自分で無理をする"ということをテーマにしています。常に負荷がかかっている座り方、立ち方をしたり、外見から(ゆかりを)作っていきました。メイクも時間がかかりますし、バストの方も...(笑)」とを語る松本の色気に、男性キャストをはじめ会場がざわつく一幕も。

栁俊太郎の役作りは"ハッキング"?

mikiclinic_20190112_06.jpg
極度の人見知りで、ハッキングの能力を持つ内科医・黒宮智人を演じる栁は「役作りとしてはハッキングをして、人見知りぶって...すみません、何もやってないです(笑)。人見知りなんて27歳にもなって何を言ってるんだという話なんですけど、元々そういう節があるので、割と自分には近かったかな」とジョークを交えつつコメント。

mikiclinic_20190112_07.jpg
32歳ながら少年のような外見で、人の心を読むことができる精神科医・天久翼を演じる板垣は、実年齢が16歳。「32歳の役ということで最初はどう演じようかと思ったのですが、プロデューサーから『そのままでいい』と言われました。翼の能力である、人の表情筋から相手の考えていることを読み取ったり、見破ったりすることに関しては、相手の顔のどこを見たらどういうことが分かるのか、どういう時にどういう部分を見ればいいのかを勉強しました」と、難しい役への取り組み方について語った。

自由過ぎる安藤政信に注目!

mikiclinic_20190112_08.jpg
6人のキャストが口をそろえて「個性的なメンバーがそろっていて、すごく楽しい」と語るほど、撮影現場はとても良い雰囲気で進んでいるよう。そんな個性の強いキャスト陣の中でも、最年長の安藤の自由さに注目が集まった。安藤は「基本はものすごく人見知りで、人に会っちゃうから、現場も行きたくないぐらいで、それと毎日戦いながら...(笑)。去年の12月から撮影が始まって、年末辺りに『新しい自分に変わりたい』と思って、昨日から撮影に入ったんですけど...全然去年と何も変わらず...」とボケ(?)を連発! さらに話の落としどころがわからなくなった安藤は、「みんな! どれだけ俺が素晴らしいかを説明して!」とキャスト陣にムチャ振りする展開に(笑)。

mikiclinic_20190112_09.jpg
すると、過去に共演経験もある松本が「安藤さんはすごく天然なんです。それで現場が楽しくなるし、私たちも何が起こるか分からなくて。安藤さんのまんまで神酒章一郎というキャラクターが出来上がっているから、本当にすごいことだと思います」とチームワークを感じさせる見事な対応を見せ、場内は大きな笑いに包まれた。

知念実希人、初の作品映像化に感激

mikiclinic_20190112_10.jpg
原作者の知念は、自身が作り出したキャラクターの映像化を観て「僕が小説を書く時は、頭の中に映像が流れていまして、キャラクターが動いているのを文章に書き落としていくという感じです。僕の頭の中のイメージ以上の、さらにスタイリッシュな、キャラクターたちが生き生きとした映像を見させていただいて、皆さんプロの仕事をしていただいています」と喜びのコメントを。知念実希人の小説の映像化は、今回が初となる。

キャスト陣の濃厚な個性がぶつかり合う「神酒クリニックで乾杯を」。どうぞお楽しみに!

【第1話あらすじ】

医療事故で働き場所を失った若き外科医・九十九(三浦貴大)は、恩師の三森教授(竹中直人)の勧めで「神酒クリニック」で働くことに。院長の神酒(安藤政信)を始め、医療の腕は超一流だが一癖も二癖もある医師たちが世間に知られることのなくVIPの治療を行っていた。そこにパワハラ大臣と世間を騒がせていた椿山国交大臣(小林幸子)が腹部を撃たれ運び込まれてきた。九十九は、治療の一環として犯人捜しをすることになる...。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」【4K】

土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」【4K】

外科医の九十九勝己は「神酒クリニック」で働くことに。そこでは、院長の神酒章一郎をはじめ、腕は立つが一癖もある医師たちが、世間に知られることなく超VIPの治療を行っていた…。九十九は彼らに振り回されつつも馴染もうとしていくが、神酒クリニックにはある“裏の顔”があった。それは“どんな依頼でも全力で叶えること”。

放送日時:BSテレ東 1月12日(土) 夜9時スタート!

出演者

三浦貴大、安藤政信、山下美月(乃木坂46)、松本まりか、栁俊太郎、板垣李光人 / 臼田あさ美、竹中直人

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧