• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 真木よう子が"恐れながら欲する"ある人物:よつば銀行 原島浩...

真木よう子が”恐れながら欲する”ある人物:よつば銀行 原島浩美がモノ申す!

ドラマ

テレ東

2019.1.28

harashimahiromi_20190128_01.JPG
上質で本格的なドラマを放送する月曜夜10時放送の"ドラマBiz"枠。1月からは、トラブルメーカーと噂される女性銀行員が、業績不振のダメ支店を救う痛快ストーリー「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」をお届け。

「恐れながら申し上げます...」の決めゼリフとともに真っ直ぐ仕事を進めていくヒロイン・原島浩美を演じるのは、真木よう子だ。

「輝く女性プロジェクト」のため業績不振の台東支店・営業課長に抜擢された浩美に対し、次期課長と目されていた加東亜希彦(丸山隆平)ら営業課の面々は冷たい視線を送る。そんななか浩美は、どんな相手にも臆せず、正論を唱えて問題を解決していく。

そこで「テレ東プラス」は、事務所移籍後、連ドラ初主演となる真木よう子を直撃。作品の魅力や仕事のポリシー、知られざる意外な趣味まで語ってもらった。

女性らしさを意識して演じています

harashimahiromi_20190128_02.JPG
――浩美は思ったことはズバッと言うキャラクターですね。

「彼女は不器用なところもあるけれど策士家。天性の銀行員だと思います。あと、仕草は女性らしいのですが中身はけっこう男前。そのギャップを楽しんでいただきたいですね」

――おしとやかな外見とズバッと物申す内面を合わせ持つ浩美。これまで見たことがないような真木さんの魅力が全開ですが、演じていて気をつけていることはありますか?

「所作に関してはとても気をつけています。立っているときの姿勢や座り方、指先ひとつにしても、神経を行き届かせるように注意しています。自分の中ではいつも着物を着ているようなイメージですね。ちなみにタブレットを持つときも、指を広げず閉じて持つことで、一気に女性っぽくなるんですよ。これはスタッフからのアドバイスですが、男性がグッとくる仕草を心がけています」

――今回は働くことをテーマにした"ドラマBiz"の第4弾にして初の女性主人公。意識している点を教えてください。

「スタッフの方に聞いたら通常のドラマより男性視聴者が多いらしく...。そんな男性視聴者の期待を裏切りたくないなと思います。働く男性が描かれているから良かったのに...なんて言われてしまったら残念ですから。例え主人公が女性に変わったとしても、明日への活力となるドラマにしたい。サラリーマンの方はもちろん、働く男性や女性、みなさんに見ていただきたいと思っています。無理難題をいろんな角度から論破していくので、爽快な気分になるのではないでしょうか」

チームの雰囲気を良くしようと心がけています

harashimahiromi_20190128_03.JPG
――真木さんも働く女性ですが、仕事をする際に大事にしているポリシーなどありますか?

「今回のように主演で入るときは、役のことばかりではなくチーム全体の空気や雰囲気を大切にしています。そのためには周りをよく見るようにしていますね。あと行き過ぎた緊張感は何も生まないので必要ないかな? やっぱり重い空気の現場は嫌ですから(笑)。みなさんが実力を発揮しやすい現場をつくろうと思っています」

――たしかに今日も取材部屋に入っていらした真木さんが、突然「『SLAM DUNK(スラムダンク)』が読みたい!(笑)」とおっしゃった瞬間、現場が笑いに包まれて一気に和みました。そこにたわいもない会話が生まれて、とてもいい雰囲気になったんです。今回のドラマの現場も和やかな感じが想像できますが...。

「すごく楽しくて、常に笑いが絶えないです。丸山さんがムードメーカーを担ってくださって周りの空気をすべて癒やしに変えてくれるんですよ。本当に助かっています。やはりドラマの現場だと長丁場と言うこともあり、それなりのストレスはかかってきます。まぁ発散できればいいのですが、いかんせんそんな時間もない。なので現場でストレスがかからないというのが一番なんです。丸山さんは"現場が楽しくてノンストレス"とおっしゃっていましたが、本当にそうなれば最高。ちょっと見習いたいです」

娘と一緒にアニメ「おそ松さん」にハマっちゃいました

harashimahiromi_20190128_04.jpg
――浩美の口ぐせといえば「恐れながら申し上げます」ですが、テレビ東京に対して、"恐れながら申し上げたい"ことはありますか?

「私、テレビアニメの『おそ松さん』がすごく大好きで。娘と一緒に1期の1話から見ているんですよ。あのDVDに収録されていない1話から(笑)。ちなみに娘は昔"から松"ガールズだったんですが、今は"おそ松"ガールズ。私はずっと一途に"一松"ガールズです。なので『"おそ松"や"一松"、そしてちょっとの"から松"のグッズをいただけないでしょうか?』って、これってあまり"申し上げたい"という感じではないかも...(笑)。でもとにかく、めちゃくちゃ好きなんです!! 中でも、『一松事変』の回は最高に面白いです(笑)」

――真木さんの意外な一面ですね。アニメがお好きなんですか?

「漫画が大好きでアニメはそこまでではなかったんですが、『おそ松さん』に関しては娘が見ていたのを見たらすごく面白くて...。気づいたら一緒に楽しんでいましたね。『おそ松さん』はダメなキャラクターですが、突然イケメンになるんですよ。そのギャップがたまらなくって(笑)。もちろんDVDやグッズも持っていますし、貢献はものすごくしていますが、もしも可能であれば、今度は映画にもなりますし(『えいがのおそ松さん』3月15日金曜公開)、グッズをいただけたら...と思いまして...。本当に可能ならで構わないので(笑)」

――ドラマの撮影で疲れたときは『おそ松さん』が癒してくれるかもしれませんね(笑)。最後に、ドラマの見どころを教えてください。

「回を追うごとに浩美というキャラクターがつかめなくなると思っています。天然ですごくかわいいところもありますが、それだけではない。ものすごく偉い人に向かっても臆せずに物申しますし、感情を揺さぶるために強い言葉を発したりもする。いろんな顔を見せてくれるので見逃さないでほしいです。あと、柳葉敏郎さん演じる島津(雅彦)副頭取とのガチンコの戦いも必見です。2人とも笑顔ですが、精神的には殴り合いをしているので(笑)。経営陣や間違ったことを言っている人と対峙する浩美の活躍を見ていただいて、月曜の夜はスカッとしてもらいたいです」

harashimahiromi_20190128_05.JPG
美しいけど正しいことはズバっと言う原島浩美。そんなニュースターが活躍する、ドラマBiz「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(毎週月曜夜10時)。気になる第2話の内容は...。

harashimahiromi_20190128_06.jpg
営業課長の原島浩美(真木よう子)は、支店長の山田太平(寺脇康文)から、台東支店が10億円を融資する稲岡興産に、赤紙=取引再検討表が出たことを聞く。発砲事件に巻き込まれたばかりの暴力団と噂される企業だ。赤紙に載ると半年以内に貸金を回収し、1年以内に取引を全停止しなければならないが、負債総額は130億円。10億円を回収できるとは思えない。その処理を山田から託された浩美は、なんと社長・稲岡栄次郎の家へ単独で乗り込み...。

現在、第1話を「ネットもテレ東」で放送中です!(1月28日月曜夜0時00分 放送終了)

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【ドラマBiz】よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~

【ドラマBiz】よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~

主演:真木よう子 トラブルメーカーと噂される銀行員が業績不振のダメ支店を救う!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜10時放送

出演者

真木よう子 丸山隆平 塚本高史 三宅弘城 西野七瀬 森永悠希 / 寺脇康文 片桐はいり 林泰文 矢島健一・木下ほうか 古谷一行(特別出演) 柳葉敏郎

人気の記事POPULAR ARTICLE

      カテゴリ一覧