• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 芦名星「心に余裕ができたのは、周りに信頼できる人が増えたから...

芦名星「心に余裕ができたのは、周りに信頼できる人が増えたから」

ドラマ

BSテレ東

2019.7.26 土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

wkenkei_20190726_01.jpg
葉真中顕の原作を連続ドラマ化。男尊女卑が根強く残る県警を舞台に、女性警察官のトップを狙い、成り上がりを画策する監察官の姿を描く土曜ドラマ9「W県警の悲劇」(7月27日土曜 夜9時スタート!)。生まれ持った洞察力や観察力を駆使し、所轄にいるクセモノ女性警察官と対峙していくヒロイン・松永菜穂子を芦名星が演じる。

芦名が、戸田菜穂、鈴木砂羽、佐藤仁美ら、ゲストで登場する実力派女優たちと激しいバトルを展開。そこで「テレ東プラス」は、本作で初主演を務める芦名星を直撃インタビュー。ドラマの魅力から自身のことまで...赤裸々に語ってもらった。

"決めたことはやる"というところは近いかもしれません


――ヒロイン・菜穂子は、出世のためなら清濁併せ呑む覚悟がある女性です。芦名さんから見た菜穂子は、どのような印象なのでしょうか。

「菜穂子は真っ直ぐ進む方向を定め、芯を持って女性が活躍できる場を作ろうとしています。自分の正義のためというよりは、女性警察官のためにと考えているところも多いですね。自分を客観視できる頭のいい女性だと思います。そしてその裏では、ものすごい努力を重ねているはず。一見怖そうな感じはしますが、凛とした魅力があると思います」

――正義感にあふれているけれど、それだけではないという感じでしょうか。

「菜穂子はダメなものはきちんと正しますが、寄り添うところは寄り添える人物だと思います。人は誰もが一筋縄ではいかず、色んな側面を持っているじゃないですか。ゲストで登場する疑惑の渦中にいる女性たちも、自分なりの正義を持っています。ただそれは、菜穂子が持っているモノとは違う。それでも菜穂子はただ否定するだけでなく、彼女たちをきちんと理解して歩み寄りつつ自分を貫いていきます。ステキな女性だと思います」

――原作ファンの間では「芦名さんキターッ!」と早くも話題になっています。芦名さんご自身は、菜穂子と似ているところがありますか?

「"決めたことはやる"というところは近いかもしれません。ただ"出世のために手段を選ばない"という感情は感じたことがないので、今回お芝居を通して、そういう部分を感じられることが楽しみです。違うところは"頭の回転の速さ"。私、心理戦とかが苦手で、いざという時、すぐ"ごにょごにょ"しちゃうんです(笑)。今回は"ごにょごにょ"しない自分でいたいと思います!」

wkenkei_20190726_02.jpg
――毎話、心理戦と驚くような結末が待ち受けています!

「"どんでん返し"という言葉が好きなのですが、おっしゃる通り、まさにそれが毎回あります。台本を読んで"こんなジェットコースターみたいなお話があるんだ"とかなり衝撃を受けました。最後は必ず"こうなったか!"と思ってもらえるはず。絶対に最後まで見ていただきたいですね。そして警察内部の裏側もリアルに描かれているので、ぜひ楽しんでいただきたいです」

――菜穂子をはじめゲストの女性警察官たちも、女性ならではの強さや怖さを持っています。

「女性は男性と比べたとき、パワーではどうしても負けてしまいますよね。でもその分、心の奥底に秘めた強いパワーを持ち合わせていると思うんです。それを表に出している人もいれば、一見穏やかに見えて内に秘めている人もいます。そういう見えないパワーのぶつかり合いが、今回の心理戦で繰り広げられるのではないでしょうか」

――第1話のゲストである佐藤仁美さんほか、戸田菜穂さん、鈴木砂羽さんと、豪華女優陣が一筋縄ではいかない女性警官を演じます。

「現場で色んな発見があるのではないかと楽しみにしています。寄りかかりたいな~と思う先輩も多いですが、そこは助けてもらいながら全力でぶつかっていければ。そして、役を離れたときは楽しく過ごしたいですね。戸田さん、鈴木さん、佐藤さんは事務所の先輩でもあるので、『あのさ~』と注意されないようにしたいです(笑)。役ではいい化学反応があって、終わったら楽しい時間が持てるような...そんな現場が理想です」

マイナス要素を自ら取り入れる必要はまったくないと気づきました


――今回初主演となりますが、気持ち的に何か違うものはありますか?

「最初に聞いたとき、実は"やったー!"と飛び跳ねちゃいました(笑)。私は、演じるにあたって緊張してしまうタイプなので、あまり考えすぎないように、嬉しい気持ちをグっと抑えながら、自分がやれることをいつものようにやっていければいいなと思っています」

――気負いすぎないということでしょうか。

「昔はプレッシャーに押しつぶされて緊張してしまうタイプだったんですよ。それが年を重ねて少しずつ余裕を持てるようになってきたというか...。色んなことを気にしすぎることをやめました。もちろん受け止めたり反省したりすることは必要ですが、なるべくゆとりを持とうと...。そう思えたのは、周りに信頼できる人が増えてきたということもありますね。マイナス要素を自ら取り入れる必要はまったくなくて、今はできるだけ楽しく過ごすことが一番だと思っています。ただ今回、主演として取材などを受けさせていただき、これまで主演されていた方が感じていた重さや責任に気づかされました。こうして、様々な視点が持てたことを幸せに思います」

――菜穂子は女性らしさを保つために"赤"を基調にしたモノを身につけていますよね。芦名さんにも、このような日々の習慣があるのでしょうか。

「彼女が"赤"を基調にしているのは、自分の中の決まりごとなんですよ。そういう意味で言うと...実は"寝る前に必ず掃除をする"という習慣があります。お部屋がきれいな状態で眠りにつきたいと思いますし、起きたときはいつも同じがいい。そういう決まりごとを作ってしまうと面倒くさいと思うこともありますが、人間、一度"楽"をすると、気持ちがそっちにいってしまうと思うんです。そして見ている人たちもその隙に勘づいてしまうような気がして...。ですから、どんなに眠くても必ず掃除はします(笑)」

――以前は"筋トレ"が趣味だったそうですね。

「14歳くらいからずっとやっていました。毎日スケジュールを決めて家で腹筋したりして...。でも今は、必要があるときに鍛えるという形に変わってきましたね。10~20代は不安もあり、"こうあるべき!"という気持ちが大きかったんですけど、年を重ねた分、焦らなくなってきて、人を信じることができるようになったのも大きいかな?(笑) 視野もだいぶ広がったので、それが少しずつ心の余裕になって、やがて女優としての魅力になっていけばいいのかなと思います。今後女優としてどう成長していくのか...皆さん見守って下さい」

wkenkei_20190726_03.jpg
"新サスペンスの女王"との呼び声も高く、凛としてクールなイメージが強い彼女だが、ふとした瞬間に見せるはにかんだ表情が実に愛らしい。菜穂子と女性警察官たちが展開する心理戦、アッと驚く結末が魅力な究極のサスペンス。土曜ドラマ9「W県警の悲劇」(毎週土曜夜9時 BSテレ東)をどうぞお楽しみに!

そして、7月27日(土)夜9時放送! 気になる第1話の内容は...。

wkenkei_20190726_04.jpg
男尊女卑の傾向が強い警察組織の中で"警察の中の警察"である監察官・松永菜穂子(芦名星)は、洞察力や観察力を駆使し様々な事件を解決する。そんな中、8人の女刑事が絡む事件を担当。その女刑事たちはみんな秘め事を抱えているようだ。今回、犯罪集団に情報を流す裏切り者が署内にいるとのことで、菜穂子はその裏切り者を見つけ出すべく、"警察官の鑑"と呼ばれる優秀な刑事に特別任務を与える。

しかし、今度はその刑事が殺されてしまう。真相に迫ろうと殺された刑事の娘である女刑事・熊倉清(佐藤仁美)から話を聞く菜穂子はある仮説を立て、事件の真相に至ったと思うが、真実は驚愕の展開を見せる! 事件を解決する過程で菜穂子は、不倫やセクハラなどの不祥事に遭遇、隠蔽や揉み消しなど清濁併せ呑む局面を目の当たりにする。罪と罰...背徳や正義...。女刑事との対峙の中で驚愕のラストに至る。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

BSテレ東×ホリプロが強力タッグ!新・サスペンス女王 芦名星が初主演!女が怖くなる極嬢(ごくじょう)サスペンス!あの実力派女優たちが女のバトル!

放送日時:BSテレ東 毎週土曜 夜9時

出演者

【主演】芦名星

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧