• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 松岡昌宏が清原翔の"知られざる秘密"を大暴露!:ドラマホリッ...

松岡昌宏が清原翔の”知られざる秘密”を大暴露!:ドラマホリック!死役所

ドラマ

テレ東

2019.10.10 【ドラマホリック!】死役所

shiyakusho_20191010_01.JPG
あずみきしの原作をドラマ化。10月16日(水)深夜0時12分からスタートする新枠、ドラマホリック!「死役所」(主演:松岡昌宏)の記者会見が、実際にドラマの撮影が行われているセット"死役所"内で行われた。死役所の中には、まるでゾンビのような血だらけの死者がいっぱい! まさにドラマの中に迷い込んだような記者会見となった。

shiyakusho_20191010_02.JPG

shiyakusho_20191010_03.JPG
会見に出席したのは、主演の松岡昌宏、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん。今回松岡が演じるのは、この世を去った者たちが最初に訪れる"シ役所"の総合案内係・シ村。冒頭で松岡は「とても人気のある漫画の主人公をやってほしいということで、原作を拝見しました。最初はこれをテレビで表現できるのかという不安もありましたが、これを再現できればイチ視聴者としてぜひ観たい題材だなと。ぜひ参加させてもらいたいと思い、やらせていただくことになりました」と挨拶した。

shiyakusho_20191010_04.JPG
出演者が順次挨拶していく中、今作ではとにかく役を作り込んだきたというのがニシ川役の松本。「絶対に笑ってはいけない役なので、今日もなるべく笑顔の写真を撮られないよう気を付けています」と話すも、すぐに吹き出してしまい、必死で笑い顔を隠そうする。そのあとも、役作りのために必死に笑いを隠そうとする松本だったが、これを見かねた松岡は、「いいんじゃないの? もう...誰もそこまで求めてないから(笑)」と優しくフォロー。松本の女優魂と松岡の優しさが垣間見られるシーンとなった。

shiyakusho_20191010_05.JPG
次から次へと現れる死者に対し、主人公・シ村は「お客様は仏様です」という決めゼリフをおくる。そこにかけて、「これまで出会った"仏様"のような方は?」と聞かれた松岡は「この間、お仕事で瀬戸内寂聴さんにお会いして、仏様のようでした。うちのジャニー(喜多川)さんは仏様になっちゃいましたから...。すみません、今の笑うところなんですけど!」とコメント。

shiyakusho_20191010_06.JPG
急性アルコール中毒で亡くなった女子大生・ミチル役を演じる黒島は「雨が降ってるとき、準備中のそば屋さんの前で雨宿りしていたんです。そうしたら、中から店主の方が出てきて傘を貸してくれて...。しかも返さなくていいからって言われたときは、仏様だなって思いました」。

shiyakusho_20191010_07.JPG
シ役所・生活事故死課のハヤシを演じる清原は、「僕はやっぱり、両親ですね......ちょっといいこといっちゃいました(笑)。でもね、子どものことをすごく受け入れてくれるなぁって毎回思います」と語り、優しい表情で目を細めた。

そして松岡のことを「仏様!」と称えたのが松本。「(ファンの皆さんの期待の応えるために)今までガチガチにキャラクターを作り上げてきたんですけど、そこでさっき松岡さんが"笑ってもいいんじゃないの?"と言ってくださったとき、本当に仏様だと思いました(笑)」とコメント。再び松本らしい笑顔がこぼれた。

shiyakusho_20191010_08.jpg
40年以上前、麻雀とパチンコばかりやっていたとき、無一文になって「お酒とご飯をごちそうしてくれたハシモトさんが、そのときは仏様のように感じました」と、若い頃のエピソードを語ってくれたのは、でんでん。そこで松岡は「夜中12時ぐらいまで撮影していると、段々でんでんさんが仏様のようになってきます(笑)」とほのぼのした(?)撮影エピソードを明かしてくれた。

シ役所のメンバーは、総合案内係のシ村(松岡)、生活事故死課のハヤシ(清原)、自殺課のニシ川(松本)、他殺課のイシ間(でんでん)。「もしも死んでしまったら、シ役所の誰に対応してもらいたいか」という質問が飛び出すと、松岡は「そりゃあニシ川さんでしょ! だって、野郎なんかよりかは最後ぐらい美人に...(笑)」と即答。清原は「僕はイシ間さん一択だったんですけど、松岡さんの話を聞いて、そっちもアリだなと思いました」と本音がポロリ。

彼ら職員にも、それぞれの秘密があるということで、視聴者が知らない秘密を聞かれると松岡は「清原がですね~飲むと尾崎豊を歌います。しかもメドレー的な感じで」と暴露。清原はこれに動じず、「普段はローですけど、そういうとき、内に秘めた思いがあふれるんです」と返して会場の笑いを誘った。

ラスト、「生まれ変わったら何になりたいか」と聞かれた松岡は、「僕はテレビ東京のプロデューサーに生まれ変わりたいです。楽しそうでいいなと思って...。社風がいいですよ、社風が。普通、会見だったらもっとピシッとした格好をしてくるものなのに」とコメント。たしかに、冒頭挨拶をした倉地雄大プロデューサーはとてもラフな格好(笑)。松岡は「それがテレ東なんですよ。いいなぁと思って」と説明し、スタッフを含め、出演者一同和やかな雰囲気に包まれ、会見は幕を閉じた。

shiyakusho_20191010_tuika.JPG

そしていよいよ、10月16日(水)深夜0時12分スタート! ドラマホリック!「死役所」、その気になる内容は...。

shiyakusho_20191010_09.jpg
目を覚ました三樹ミチル(黒島結菜)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか? 戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡昌宏)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える...。その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。

シ村は太一の曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する...。

どうぞお楽しみに!

20374

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【ドラマホリック!】死役所

【ドラマホリック!】死役所

「お客様は仏様です」誰もが一度は想像する「死後の世界」… 待つのは天国?地獄?あるいは― あずみきし原作、電子書籍含めて累計300万部を超える超人気漫画をドラマ化!

放送日時:テレビ東京系 毎週水曜日 深夜0時12分~0時52分

出演者

【出演】松岡昌宏 黒島結菜 清原翔 / 余 貴美子 / 松本まりか でんでん 

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧