• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 北大路欣也×風間俊介×上白石萌音が共演! 昭和~令和と3時代...

北大路欣也×風間俊介×上白石萌音が共演! 昭和~令和と3時代をまたぐ不可解な毒殺事件を華麗に解決:記憶捜査

ドラマ

テレ東

2020.7.27

kitaojikinya_20200727_01.jpg
7月27日(月)夜9時からは、ドラマスペシャル「記憶捜査~新宿東署事件ファイル」北大路欣也主演最新作を放送!

北大路欣也主演の本格推理ドラマが帰ってきた! 過去の街並みを完璧に記憶する刑事・鬼塚VS令和の女殺人鬼! 昭和~令和と3時代をまたぐ不可解な毒殺事件を華麗に解決する!

ある事件で車椅子生活となり、定年後、新宿東署に再任用された鬼塚一路(北大路欣也)は刑事課司法係で、遠山咲(上白石萌音)と共に認知票を入力する日々を送っていた。ある日、新宿区・須賀町でボヤ騒ぎが起きたと消防に連絡が入る。その後、消火作業にあたった住民らは、振舞われた粕汁を食べ、嘔吐し、次々に倒れる事件が発生。食中毒かと思われたが、現場からオレンジの臭いがすると聞いた鬼塚はシアン中毒の可能性を指摘。鬼塚は記憶から須賀町付近で青酸ソーダが保管してある「新宿マキタ製鋼」に遠山を向かわせる。

kitaojikinya_20200727_02.jpg
鬼塚の読み通り、粕汁の中からは青酸ソーダが検出され、さらに「マキタ製鋼」からは致死量50人分もの青酸ソーダが紛失していたことがわかる。この事件で伊藤正(神保悟志)ら2人が死亡。ほかにも15名の重軽傷者を出したことから無差別殺傷事件ではないかと捜査本部は睨む。この粕汁を作ったのは「新宿マキタ製鋼」を営む蒔田雄三(伊藤正之)の妻・紀子(大塚寧々)。紀子は事件が起きた際、救護を手伝わず、逃げるように立ち去ったという。工場を営む夫は事件の日は熱海に旅行に出かけており、アリバイがある。疑いの目は、当然紀子に向けられるが...。

そして鬼塚は「新宿マキタ製鋼」が昭和に起こした"青酸ソーダ流出事件"を思い出す。昭和の事件と今回の事件は何かつながりがあるのか? 鬼塚はその繋がりが事件を解決する鍵になると睨むが...。

kitaojikinya_20200727_03.jpg
一方で紀子は「令和の殺人鬼」としてセンセーショナルにマスコミに報道されてしまう。夫や娘・優子(凛美)、マスコミの前で紀子を連行するなど、捜査方針をめぐり、新宿東署の刑事官・神啓太郎(風間俊介)は管理官・橘修平(深澤辰哉)と対立する。その後、取り調べを受けた紀子は容疑を否認。青酸ソーダが混入されたとされる時間に紀子は鍋から離れており、街の人なら誰でも鍋に近づけたという。また、鑑識からの報告で青酸ソーダは鍋ではなく、伊藤正が使っていた紙食器に原料に近い青酸ソーダが付着していたことがわかる。そしてなぜ2人だけが亡くなったのか? 謎は深まる一方で...。

行き詰まる捜査の中、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器に、事件解決へと導いていく...。

出演者
鬼塚一路...北大路欣也
神啓太郎...風間俊介
遠山咲...上白石萌音
山崎清...内田朝陽
本多太一...松本大志
蒔田紀子...大塚寧々
橘修平...深澤辰哉(Snow Man)

栗田史郎...石黒賢
木地本淳子...余貴美子

伊藤正...神保悟志
伊藤恵...櫻井淳子
大橋幹...谷本貴彦
郡司敏則...佐藤孝之
蒔田雄三...伊藤正之
蒔田優子...凛美

原作脚本
【脚本】
櫻井武晴

監督・演出
【監督】
塚本連平

放送形態
解説放送あり

ホームページ

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧