• #
  • トップ
  • ドラマ
  • <再掲>料理を口にせず、絵の具しか食べない娘...「このまま...

<再掲>料理を口にせず、絵の具しか食べない娘...「このままでは死ぬかもしれない」と言われ宗教に走った悲しき母の顛末

ドラマ

テレ東

2020.8.4 【ドラマホリック!】死役所

shiyakusho_20200804_00.jpg
テレビ東京で毎週水曜深夜0時12分から好評放送中の「ドラマホリック!死役所」。松岡昌宏主演! 累計340万部超(電子書籍含む)の大人気マンガ初ドラマ化! 死者が必ず訪れるあの世の"シ役所"。ついに最終回!

最終回あらすじ


イシ間(でんでん)が凛(佐々木みゆ)と成仏する日を迎える。凛を見つめるシ村(松岡昌宏)は、まるで同じ年頃の娘・美幸(松本笑花)の姿を重ねているかのようだった。

shiyakusho_20191218_02.jpg
シ村の妻・幸子(安達祐実)は、料理を一切口にせず、何を言っても絵の具しか食べない美幸に焦っていた。医者からはこのままでは死ぬかもしれないと言われたという。そんな折、幸子は、心を解放してくれるという「加護の会」のチラシを近所でもらう。

shiyakusho_20191218_01.jpg
美幸の病気が治るかもしれない――藁にもすがる思いで行ってみると、蓮田栄山(吹越満)からは「あるがままを受け入れるのです」と教わる。しかし、その後も美幸の症状は変わらない。このままでは死んでしまう、全部私のせい――自分を責め続けた幸子は、ある日、美幸を連れて消してしまう。「加護の会へ行ってきます」の書置きだけ残して...。

此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく。死を通して、生きることと向き合う衝撃作!

明日深夜0時12分からの「死役所」。最終回をどうぞお楽しみに!

≪第10話ゲスト≫
市村幸子...安達祐実
蓮田栄山...吹越満
シン宮...余貴美子
小野田凛...佐々木みゆ
市村美幸...松本笑花

原作脚本
【原作】あずみきし『死役所』
    (新潮社バンチコミックス刊)

【脚本】政池洋佑

監督・演出
【監督】湯浅弘章

音楽
【音楽】諸橋邦行

関連情報
【公式Twitter】
@tx_shiyakusho

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【ドラマホリック!】死役所

【ドラマホリック!】死役所

「お客様は仏様です」誰もが一度は想像する「死後の世界」… 待つのは天国?地獄?あるいは― あずみきし原作、電子書籍含めて累計340万部を超える超人気漫画をドラマ化!

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜日 深夜0時12分~0時52分

出演者

松岡昌宏 黒島結菜 清原翔 / 余 貴美子 / 松本まりか でんでん

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧