• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 美女がマンションのエレベーターに乗ると住人の男が乗っていた。...

美女がマンションのエレベーターに乗ると住人の男が乗っていた。男は黒い大きなごみ袋を持っていて...

ドラマ

テレ東

2020.9.30 【水ドラ25】闇芝居(生)

9月30日(水)深夜1時28分からは、水ドラ25「闇芝居(生)」第4話を放送! テレビ東京が長年にわたり手掛けてきた人気ホラーアニメを2.5次元俳優や人気アイドルにより実写化! 身も凍るような恐怖のショートストーリー3本で構成する短編集ドラマ。

「エレベーターの女」

yami_20200929_01.jpg
あるマンションのエレベーターの話。早朝、里美(鹿目凛)がマンションのエレベーターに乗ると、同じマンションに住む哲司(西川俊介)が乗っていた。哲司の手には黒い大きなごみ袋。すると突然エレベーターが急停止する。非常呼び出しボタンを押し、管理会社に連絡を取る二人。すると、エレベーター内のカメラに、乗っているはずのないもう一人の姿が...。

「カセットテープ」

yami_20200929_02.jpg
友人の結婚式に参列するため、久しぶりに実家に帰ってきたある男(杉江大志)の話。
男が実家の自分の部屋を見渡しながら昔を懐かしんでいると、鍵のかかる引き出しから1本のカセットテープが出てきた。昔、日記代わりにその日の出来事を録音していたそのカセットテープを再生してみると...。

「お届け物」

yami_20200929_03.jpg
友人に留守番を頼まれたある男(佐奈宏紀)の話。ある日、大切な荷物が届くから留守番をして受け取ってほしいと友人から頼まれた男。配達員から小包を受け取り報告すると、他にも荷物が届くのでもう一日留守番してほしいという。仕方なく翌日も待っていると、また同じ配達員が荷物を持ってやってきた。すると、受け取った荷物が微かに震えている事に気付く。

【出演者】
鹿目凛
西川俊介
杉江大志
佐奈宏紀
(話数順)

【声の出演】
津田寛治

原作脚本
【原作】テレビ東京
【脚本】熊本浩武、佐々木充郭

監督・演出
【監督】井口昇、熊谷祐紀

音楽
【オープニング】
THE PINBALLS『ブロードウェイ』(日本コロムビア)
【エンディング】
BUCK-TICK『凍える』(ビクターエンタテインメント)

関連情報
【公式Twitter】
@yamishibai_iki
「#闇芝居生」

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【水ドラ25】闇芝居(生)

【水ドラ25】闇芝居(生)

7期つづく、国内外で人気のホラーアニメ「闇芝居」が実写化。井口昇監督らが贈る、新技法のホラードラマが誕生!

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 深夜1時28分放送

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧