• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 「顔に海苔つけてたじゃん!」吉谷彩子が大爆笑した井之脇海のか...

「顔に海苔つけてたじゃん!」吉谷彩子が大爆笑した井之脇海のかわいすぎる行動:ハルとアオのお弁当箱

ドラマ

BSテレ東

2020.10.11 ハルとアオのお弁当箱

オタク女子とジェンダーレス男子の心あったかお弁当ドラマ、BSテレ東の深夜ドラマ「ハルとアオのお弁当箱」(毎週月曜深夜0時放送)が10月12日(月)スタート!

WEB 漫画サイトで連載中のまちたの同名の漫画を、吉谷彩子と井之脇海のW主演で実写化。服や化粧よりもゲームやアニメのためにお金と時間を使いたいオタク女子のハル(吉谷)と、看護師として働くジェンダーレス男子のアオ(井之脇)が、お弁当を作りあうことで心を通わせていくハートウォーミングな物語。心もお腹も満たされるお弁当レシピも必見です!

20201011_obentoubako_001_2.jpg

ハルこと木野春葉役の吉谷さんと、アオこと佐藤蒼役の井之脇さんをインタビュー! ドラマのことはもちろん、お2人の「お弁当」の思い出もうかがいました。

お互い"寡黙なタイプ"と思っていたら...


──吉谷さんはオタク女子のハル、井之脇さんはジェンダーレス男子のアオを演じられますが、それぞれの人物像と役作りについて教えてください。

吉谷「脚本を読む前にすでに漫画で読んでいて、自分なりのキャラクターを作りました。アオさんより分かりやすい役なので、つかみやすかったです。おちょっこちょいだけど明るい子、ハルちゃんは自分に近い役だと思います」

井之脇「アオはジェンダーについて悩みを抱えている青年です。お話をいただいた時、『本当に僕に?』と思うほど今まで挑戦したことのない役だったので、どうやってアオを作っていこうかと事前にいろいろリサーチしました。

衣装を漫画と同じにしてしまうと"着させられている"感が出てしまうので、僕が着られる、僕が似合う、僕が着たいと思う服......をと、何度も衣装合わせをしましたし、メイクも同じように僕に合ってるか相談しました。こうして皆で作り上げた新しいアオさんになりました」

──漫画や脚本に描かれた役を、実際に演じる上でこだわったところは?

20201011_obentoubako_002_2.jpg

吉谷「脚本を読むだけでは、好きなものを前にした時のハルちゃんの"オタク度"はどの位のテンションなのか分からなかったですし、職場の人に話かけられたら言葉に詰まるのに、アオさんの前では元気がいいという差をどうするかなどは難しかったですね。でも、"ほんわかしていて、ちょっとずぼらな女子"というキャラクターがはっきりしているので、演じやすかったです」

井之脇「不安だったのはアオの声の出し方。撮影初日まで、ハルさんを思うアオの声がつかみ切れなくて。いろいろ考えて撮影に向かいましたが、吉谷さんが"ハルさん"として現場に居てくれたので自然とアオの声が出ていました。ハルさんには助けられましたし、2人は良いコンビになっていると思います」

──お2人は初共演とのことですが、お互いの印象を教えてください。

吉谷「なんてキレイ! 肌も白くて指もキレイで、まさに"アオさん"という感じ。"なんてカワイイんだろう"と、メイク中も隣から離れられませんでした」

井之脇「在籍期間は被っていませんが、吉谷さんは大学の先輩なので昔から知っていました。クールな役を演じられることも多く、寡黙でしっかりした方なのかなと思っていたら......」

吉谷「えっ、悪口?(笑)」

井之脇「寡黙なタイプじゃなくて、フランクタイプの先輩でした(笑)。自由だな~というか............あ、天真爛漫! 天真爛漫です!!」

20201011_obentoubako_003_2.jpg

──かなり言葉を選んで「天真爛漫」にたどりつきましたね(笑)。吉谷さんは、井之脇さんに対して、撮影を重ねていく上で印象が変わったりしましたか?


吉谷「海くんはすごく面白い人でした。大人しいと聞いていたので、寡黙なタイプかと思っていたら、カメラに映っていない時にふざけたりするんです」

井之脇「えっ、そう?」

吉谷「顔に海苔つけてたじゃん! 私、大爆笑してNG出しちゃった」

井之脇「自分では面白いと思ってないですけど......」

吉谷「面白いよ! 面白いと思ってないのにやったの?」

井之脇「ハルさんが笑ってくれればいいなって。笑いすぎちゃったかな?」

──まるでハルとアオのやり取りを見ているみたいです(笑)。吉谷さんは、井之脇さんのNGが「アオそのものでかわいくて、逆にNGを出してほしいと思っちゃう」とおっしゃっていましたが......

井之脇「大丈夫です! 吉谷さんもNG出されているので(笑)」

吉谷「すごいゲラなんです。1日1回は笑っています」

井之脇「1回? いや5回......もっとあるかも(笑)」

吉谷・井之脇(爆笑)

井之脇「僕は、吉谷さんが『NGもアオとして出している』とおしゃってくださったので前向きにとらえようと思っています。セリフが長いとアオではなく自分が出てきてしまうのではないかと心配していたので、そう言っていただけてむしろありがたいです」

お互いを思って作るお弁当は?


──ドラマには毎回心温まるお弁当が登場しますが、お2人にはお弁当の思い出はありますか?

吉谷「このドラマの記者会見のために、アオさんをイメージしたお弁当を作りました。ヒヨコのキャラ弁です。実は誰かのためにちゃんとお弁当を作ったのは初めて。自分や兄のために作るお弁当はもっと茶色だから(笑)。キャラ弁にも初めてチャレンジしましたし、彩よく、かわいくしたいなと相手のことを思いながら作ったアオさんへのお弁当が、一番の思い出になると思います」

20201011_obentoubako_obento_2.jpg

井之脇「うれしい! 食べるのがもったいないです。ハルさんは料理が下手っぴなので、"吉谷さんって、こんなにかわいいお弁当作れるんだ!"と思っちゃいました(笑)」

吉谷「母親が料理上手で、子どもの頃からずっと見ていたので私も料理が得意なんです。ハルちゃんを演じる時、料理ができないように演技するのが難しかったですね。

第2話でハルちゃんが作る『鮭と大葉の混ぜご飯』は、母が作るお弁当の中でも一番好きなメニューだったので、運命だと思って演じました」

井之脇「僕は、大学の入試の時に久しぶりに母親に作ってもらったお弁当が一番の思い出ですね。『午後も頑張ってね』という手紙も入っていて、感激して泣いちゃって。午後はボロボロになっちゃいました(笑)。高校生の頃は祖母と2人で暮らしていたので、久しぶりの母親のお弁当がうれしくて。お弁当の温かみを感じました」

──記者会見で披露された吉谷さんのお弁当は"アオさん"をイメージしたものでしたが、吉谷さんが井之脇さんのために作るとしたら、どんなお弁当ですか?

吉谷「かつ丼にします!」

井之脇「アオのお弁当と全然違う!」

吉谷「お肉好きでしょ?」

井之脇「はい!」

──井之脇さんが吉谷さんのためにお弁当を作るとしたら?

井之脇「僕は吉谷さんと違って料理が得意じゃないので、焼き物ばかりの茶色いお弁当になりそう。吉谷さんもお肉好きなので、生姜焼きを作ります」

吉谷「しょうが焼き大好き!」

──ハルとアオは"お弁当"を通じて心を通わせていきますが、お2人にとって人との距離を近づけるために役立つものは?

井之脇「お酒ですかね。一緒に食事を囲んでお酒を飲むと距離を縮められる。でも、自分から誘うのは得意じゃないので、『今日、初日だからどうですか?』と勢いをつけて誘うようにしています」

吉谷「私は、写真を撮ります!」

井之脇「そういえば、撮影初日の控室で突然写真を撮られました」

吉谷「海くんの肌が白くて、とてもキレイだったので撮りたくなって」

井之脇「正直、『なんだこの人!』って思ったけど(笑)、そこから会話が弾んでいい雰囲気で現場に入れたのでありがたかったです」

吉谷「あとは自分の写真を見せます。『見て、見て、酔っ払ってこんなにテンション高くなっちゃうんだよ』って」

井之脇「それも、見せられた(笑)」

吉谷「今は、撮影の合間に海くんの寝顔とか、こっそり撮っています」

井之脇「えっ! それはちょっとやめて......って、嘘!嘘! いい意味で気を使わず話せるので、今は何してもらっても大丈夫です(笑)」

──最後にドラマの見どころをお願いします!

吉谷「お弁当箱は、おかずだけでなく人の気持ちが詰まった交換日記のようなもの。『お弁当って2回うれしいね。食べている時と、帰って空のお弁当箱を見た時』と言うセリフがありますが、そういう幸せを感じる作品です。

ハルちゃんは分かりやすいオタクで最初から感情面も描かれていますが、アオさんは謎に包まれています。回を重ねるごとにアオさんの正体が暴かれます! アオさんは、言いたいことを言えない人ですが、"こんなに完璧な人がなぜ?"と、紐解かれていきます。"人って完璧じゃないよね。でもそれでもいいじゃない"と思えるようになる物語だと思います」

井之脇「相手のことを思って作るお弁当、受け取った時に相手のことを感じるお弁当......"お弁当"を通じて、人が人を思いやることのステキさを描いた物語です。

『ハルとアオのお弁当箱』というタイトル通り、お弁当箱も主人公。お弁当を通して伝わるものがたくさんあるので、見てくれる方の心が温まって、幸せを感じていただけたらいいですね。思いを込めて一所懸命にドラマを作っているので、お弁当のようにみなさんに届いてくれることを願っています!」

(取材・文/船桂子)


BSテレ東の深夜ドラマ「ハルとアオのお弁当箱」は、10月12日(月)深夜0時スタート! 第1話
大学図書館勤務のオタク女子・ハル(吉谷彩子)は、ある日、学生から声をかけられる。「なんでいつも制服みたいな服なんですか?」「服もダメだし髪もダメですよ!」そんな言葉を浴びたハルは心の傷を手当するため行きつけのバーへ。そこでジェンダーレス男子のアオくん(井之脇海)と出会い、酔って意気投合! なんと勢いで同居を約束する! しかし、翌日、ハルは正気じゃなかったと言いだす......

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ハルとアオのお弁当箱

ハルとアオのお弁当箱

オタク女子・ハル(吉谷彩子)とジェンダーレス男子の蒼くん(井之脇海)が、行きつけのバーで出会い、突如…!同居を約束!?そんな2人をつなぐ“心温まるお弁当”とは。

放送日時:BSテレ東 2020年10月12日(月)深夜0時 放送スタート

出演者

吉谷彩子 井之脇海 梶原ひかり 七瀬 公 SUMIRE 矢島舞美 森 日菜美 藤井美菜 中島ひろ子 野村真美

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧