• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 刑事ドラマのスペシャリスト・内藤剛志に聞く! 「容疑者確保の...

刑事ドラマのスペシャリスト・内藤剛志に聞く! 「容疑者確保の瞬間、どんな気持ちになりますか?」

ドラマ

テレ東

2021.1.15 【金曜8時のドラマ】今野敏サスペンス 警視庁強行犯係・樋口顕

15年以上にわたり、スペシャルドラマとして9作放送された本格ミステリー「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」がついに連続ドラマ化! 金曜8時のドラマとして、1月15日(金)夜8時より(※初回は2時間SP)スタートします。

higuchiakira_20210115_01.jpg
警視庁捜査一課強行犯係警部・樋口顕を演じるのは、"刑事ドラマのスペシャリスト"内藤剛志。地道な聞き込み捜査で難事件を解決に導く、「決してヒーローではない無彩色の刑事」を熱演します。そこで「テレ東プラス」は、主演を務める内藤剛志を直撃。前後編にわたって、連ドラ化への意気込み、作品の魅力、共演する盟友・佐野史郎、榎木孝明について存分に語ってもらいました。

佐野、榎木と3ヵ月一緒にいられると思うと、楽しみしかない!


――いよいよ「樋口顕」が連続ドラマになります。まずは"連ドラ化"と聞いた時の感想からお聞かせください。

「僕はもちろん、スタッフの皆さんがすごく喜んでいます。それを見ていたら本当にうれしくなりますね。連続ドラマなので、およそ3ヵ月という長い時間をみんなで共有できるのが何よりもうれしい。そして、1時間で物語が完結するという新しい形へのチャレンジも楽しみです」

――本シリーズ初の1時間ドラマになりますが、これまでとの違いはどのあたりで感じましたか?

「今までは事件が起きて捜査をしながら紆余曲折を経て解決していましたが、1時間のドラマになると、その過程がぎゅっと濃縮されているなと感じました。これまでとは切り口が違って面白いです。そして、樋口の家族やレギュラーメンバーが毎週登場するので、彼らの変化や事件に絡む話などを楽しんでいただけるような内容に仕上がっています。キャラクターのバックグラウンドが見えるので、面白いと思いますよ」

――内藤さんの盟友・佐野史郎さん、榎木孝明さんも出演します。樋口警部の盟友にして最大の理解者、警視庁生活安全部少年事件課の警部補・氏家譲役を佐野さんが、強行犯第三係を見守る上司、警視庁刑事部捜査一課の管理官・天童隆一役を榎木さんが演じます。

「3ヵ月一緒にいられると思うと楽しみしかないですね。同い年ということもありますが、もともと仲がいいので、互いに芝居をどうやってきたのかを知り尽くしている。だからものすごくやりやすいんですよ。そして、僕たちの関係性を役にも使えるのがこの作品ならでは。樋口と氏家、天童の関係性がプライベートの僕らとリンクしているので、打ち合わせなしに演じることができる。これは同世代ならでは良さだと思います」

higuchiakira_20210115_02.jpg
――現場では、3人でどのようなことを話しているのでしょう。

「健康...いや病気談義をしています(笑)。"〇〇の数値はどう? 〇〇が痛いんだけどなんだと思う?"とか...。榎木は古武道の達人だから、佐野と2人で色々聞いたりしてね。すでに老人ホームの憩いの場みたいな(笑)。だから現場が楽しいんですよね」

刑事ドラマは人間ドラマ。容疑者確保は起点でしかなく、終点ではない...見どころはそこから始まると言っても過言ではありません


――内藤さんから見た樋口の魅力を教えてください。

「決してヒーローではない無彩色の刑事ってところですね。イメージでいうと"モノクロ"みたいな感じ。でも、事件に関しては決して無関心ではないんですよ。そこが彼の魅力。関心を持って事件に関わる...これは簡単そうに見えてなかなかできないことだと思います。そして寡黙で自己顕示欲が強くないところにも、一味違った魅力を感じます。僕とは真逆の存在。僕はいつもうるさくて、スタッフの皆さんに怒られてばかりいますから(笑)。でも、樋口の人に興味があるところはちょっと自分と似ているかな? 僕の方がかなりうっとうしいと思いますが、こればかりは関西人なのでしょうがない(笑)」

――これまで"刑事ドラマのスペシャリスト"として多くの容疑者と対峙してきた内藤さんですが、やはり確保のシーンでは、カタルシスを感じたりするものなのでしょうか。

「うーん、残念ながらそれはないかもしれませんねぇ(笑)。もちろん、本当の刑事さんたちは確保に至るまで並々ならぬご苦労があるので分かりませんが、僕らは台本であらかじめ犯人を知らされているので、"よし、やった!"という気持ちにはなりません。どちらかというと、確保に至った瞬間から、今度は犯人の悲しい過去や理由に触れざるを得ない状況になるので、"つらい時間が始まるな..."という気持ちになりますね。刑事ドラマは人間ドラマなので、確保はあくまで起点でしかなく終点ではない。見どころはそこから始まると言っても過言ではありませんから」

――そんな人間ドラマが詰まっている本作。最後に読者にメッセージをお願いします。

「まずはサスペンスドラマとして、"犯人捜し"と"謎解き"を楽しんでいただきたいです。 そして、キャラクターたちが織りなす人間ドラマを堪能していただけたらと思います。新しい『警視庁強行犯係 樋口顕』に、ぜひご期待ください!」

※内藤さんのインタビュー後編は、1月21日(金)夜9時に公開します。

higuchiakira_20210115_03.jpg
(取材・文/玉置晴子)

金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」は、1月15日(金)夜8時より(※初回は2時間SP)スタート! 第1話のあらすじは...。

higuchiakira_20210115_04.jpg
駅前でスーツケースから松生一彦の毒殺遺体を発見。ポケットに「正義」のタロットカード。樋口顕(内藤剛志)と氏家譲(佐野史郎)が調べると、松生は「神待ちサイト」で家出女性4人を集め殺害した連続殺人犯と判明。世論は正義の鉄槌を下すダークヒーロー「ジャスティス」の出現に沸き立つ。東洋新聞の遠藤貴子(矢田亜希子)とネットニュース記者の今井隆(塚本高史)らが警察の限界を糾弾する中、照美(逢沢りな)が何者かに拉致され...。

どうぞお楽しみに!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【金曜8時のドラマ】今野敏サスペンス 警視庁強行犯係・樋口顕

【金曜8時のドラマ】今野敏サスペンス 警視庁強行犯係・樋口顕

主演 内藤剛志 本格警察小説の名手・今野敏の原作による本格ミステリーをドラマ化した「強行犯係・樋口 顕」シリーズ。

放送日時:テレビ東京系列 1月15日(金)夜8時スタート!(初回2時間SP)

出演者

【主演】内藤剛志【出演】矢田亜希子 逢沢りな 佐野岳 片山萌美 小松利昌 斉藤暁 川上麻衣子 榎木孝明 佐野史郎

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧