• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 香取慎吾×山本耕史対談「"なんでこの人、いつも怒ってるんだろ...

香取慎吾×山本耕史対談「”なんでこの人、いつも怒ってるんだろうな”って面白いんですよ(笑)」出会いから18年、真逆だから尊敬できる盟友:アノニマス

ドラマ

テレ東

2021.2.8 アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室

20200208_anonymus_001_1.jpg

放送開始からずっと「#アノニマス」がTwitterでトレンドワード1位になり、放送後にはアツいメッセージでSNSも盛り上がるなど、大きな話題を呼んでいる「アノニマス~警視庁"指殺人"対策室~」(毎週月曜夜10時放送)。

SNSの誹謗中傷から起こる殺人を追う"指殺人対策室"、通称"指対(ゆびたい)"の活躍を描く本作で、香取慎吾扮する主人公・万丞渉の過去を知るキーパーソン、捜査一課刑事・羽鳥賢三を演じているのが山本耕史。2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」の共演以来、親交のある2人が、激しく対立する間柄を演じるのも、注目ポイントのひとつ。久々の共演がうれしくてたまらない香取さんと山本さんの友情トークをお届け!

出会いから18年、2人の立場が逆転!?

20200208_anonymus_002_1.jpg

――大河ドラマ「新選組!」で固い絆で結ばれた近藤勇局長と土方歳三副長を演じてから17~18年。その間、ミュージカルの共演などがありましたが、ドラマでは久々の共演、現場での感触はいかがですか?

山本「久しぶりなので現場に入る前は"一緒に芝居する感覚ってどうだったかな""違和感があるかな"との思いもありましたが、初日の一発目の芝居からお互い動じなかった。良い意味で年月を役者として過ごしてきたのだなと思いました」

香取「同じですね。僕は、"どうなのかな"と考える間もなくすんなり山本さんとの芝居が始まって、終わってみたら、何年も間が空いていたはずなのに、久々という感じやぎこちなさもなく一緒にやれていました。『新選組!』で一緒に長い時間を過ごして良い仕事をさせてもらったことが、いつになっても、これだけ時間が空いても、波長がスッと合う理由なのかなと感じました」

――今回の共演のいきさつは?

山本「最初、香取くんがドラマをやると聞いて、『一緒にやりたい』と言ったんですよ。香取くんに『出てくれないんですか?』と言われて、『だって、オファー来てないもん』と答えて僕のスケジュールの話をしていたら、すぐにオファーをいただいて。うれしいのと同時に、僕が出るのは当たり前だろうなと思いましたね(笑)。このドラマの話、"俺に来なかったらどこにいくんだ?"って」

香取「はははは」

anonymous_20210208_02.jpg第1話より

――先日、香取さんのインタビューで、共演がうれしくて香取さんが「ヘンな動物のスタンプをしつこく送っていたら、山本さんから『気持ち悪い』と返事が来た」とおっしゃっていましたが(笑)

山本「そうなんですよ。共演が決まったら、香取くんから思いのほか『うれしいです!』とメッセージが来て、気持ち悪い動物のスタンプとか、頭から木の枝が生えたスタンプとかを送り付けられた(笑)。撮影が始まってからは、『現場に行って楽しかったよ』とか『うれしいぜ』と短い一言が来たり」

――香取さんが、山本さんとの共演をどれだけ喜んで楽しんでいるのか分かります(笑)。これまで、山本さんが「みなさんは僕の方が香取くんを好きだと思ってるけど、実は逆なんです」とおしゃっていましたが、それが証明されましたね?(笑)

山本「そうですね。最初は僕からのアプローチでしたけど、今は逆転してますよ(笑)」

香取「そんなことはないんじゃないかな(笑)。でも、山本さんが落ち着きましたよね。昔は酔っぱらった勢いで『おい、何してるんだよ?』って連絡してきたり、そういうのがかなりあったけど、最近はなくなったから(笑)」

――山本さんからのそういう絡みがなくて寂しいから、変なスタンプを送っちゃったんですね。

香取「そうですよー!(笑)。山本さんは、(芸能人とあまり連絡先を交換しない)僕が連絡を取れる数少ない人で、コロナ禍でも連絡を取ってました。久しぶりに会っても『最近どうですか?』という近況話を現場でしなくても分かっている。僕の中で、珍しい人です」

ドンと構える香取と、風を吹き込む山本


anonymous_20210208_03.jpg第2話より

――今回は、香取さんが捜査一課から指対室に異動になった万丞渉、山本さんが捜査一課の刑事で万丞の過去を知っていてつっかかってくる羽鳥賢三という役どころですが、それぞれを演じる上で核にしているものは何ですか?

山本「今後の展開として、万丞と羽鳥がなぜバチバチとぶつかり合っているのかが紐解かれていくので、僕は極力、万丞との距離感を大事にしているかな。心の距離感もそうだし、単純に立ち位置も。2人が立っている間合いが、ここだと近過ぎるとか、遠い所からシュッと万丞に近寄っていく瞬間の感じとか、そういうことを気にしながら、やっています」

香取「万丞は何を考えているのか分からないし、指対室の他の皆さんともなじまなくて、自分の過去への思いを持っている。そんな中で山本さん演じる羽鳥が登場する時だけ、万丞の感情が表に出てしまうんです。羽鳥は過去のことを知っている人だから。ずっと抑えていて、羽鳥とぶつかり合うのは万丞にとって気持ちのいい瞬間でもあるんだけど、そこで感情が出過ぎないように気を付けてます」

20200208_anonymus_003_1.jpg

――現場でお互いの様子を見ていて、以前に共演した時と変化を感じますか?

香取「山本さんが来ると、指対室の現場がちょっとピリッとするんですよ。良い意味でみんな『山本耕史さんが来てる日だ』って。そう考えると、僕も、いろんなお仕事をさせてもらってる中で周りからこういう風に見えてるんだなって。山本さんの背中を見て、そんなことを思う時がありますよ(笑)」

山本「僕らは同い年で26~7歳の時に『新選組!』で共演して、ミュージカル『オーシャンズ11』(2014年)でも一緒にやっているけど、僕らの中では、ずっとその時の感覚なんだよね。だけど、実際はお互い44歳になっていて、現場では決して若くないという(笑)。現場の若い人たちからは、中堅というかベテランの人に対するまなざしを受けるから」

香取「ありますよね、それは」

山本「俺たち自身は、まったく変わってないんだけど。2人で和気あいあいとやりたい気持ちもあるけど、それだとオッサンが戯れてるだけでしょ(笑)」

――また一緒にお芝居をしてみて改めて俳優として、お互いをどのように感じていますか?

山本「『新選組!』では香取くんが局長・近藤勇で、僕は土方歳三を演じましたが、あの時からドーンと構えた人だった。でも、これだけ仲良くしていると、そういう部分をちょっと忘れていたんです。今回お芝居で向き合った時に、まるで微動だにせず、真ん中で柱として立っている安心感を改めて思い出しました。"これだわ!"、と」

香取「山本さんが現場に入ってくると、風を感じるんですよ。鋭いですよね、山本耕史。風を切っていて、ちょっとひるんでると負けそうになる。その感覚は『新選組!』の時からありました。他の人とは違う強さを感じるから、やりがいがあります」

anonymous_20210208_04.jpg第2話より

――今回はライバル役での共演。プライベートもよく知る間柄のおふたりですが、お互いに"ライバル"というか、かなわないなと思う部分を教えてください。

山本「僕と香取くんって、真逆なんですよね。僕は、いろんなことに敏感に反応するというか、うれしいとか、腹立たしいとか、思ったと同時に感情が顔に出る。香取くんは、そんな僕に『なんで、そんなに腹立ってるんですか?』とか言ったりする。デカいんだよね、器が。そこがかなわないというか、人間の質が違うんでしょうね。すごくうらやましいけど、僕が香取くんと同じようにしていたら、絶対に身が持たないなと思うし、感情を出すのは僕なりのアプローチであり、発散であって。でも、そういう香取くんを見ていると、すごいなと思います」

――山本さんが怒っている時、香取さんになだめられたりするんですか?

山本「それは、しょっちゅうですよ。『そんなに怒ったって、何も変わらないんですから』と言われる(笑)」

香取「僕にとっては、そこが山本さんの好きなところでもありますけどね。"なんでこの人、いつも怒ってるんだろうな"って面白いんですよ(笑)。僕は、イライラしたり怒ったりすることってほとんどないから、すごく人間らしいなと。山本さんがいろんな人とぶつかっているのも見ているんだけど、ぶつかるだけじゃなくて、それによって良い方向に転んで、山本さんと相手の関係がさらに深くなったりしている。僕は、怒りを覚えて誰かとぶつかることがないから、そういう関係の深まり方もないんですよね。だから、いいなと思うし、面白いなと思いますね」

お互いに何かあれば、駆け付けて力を貸す。そんな固い友情で結ばれている香取さんと山本さん。山本さんの話を聞きながら、心から楽しそうに笑う香取さんが印象的。山本さんは香取さんにとって甘えられる存在!? 顔を合わせれば一触即発状態の万丞と羽鳥ですが、その関係性の秘密が明らかになっていく時、2人の間に何が起こるのか......? 香取さんと山本さんだからこそ作り上げられる名場面、見逃せない!

(撮影/チョン・ユサン  取材・文/伊沢晶子

anonymous_20210208_05.jpg
次回2月8日(月)夜10時放送の「アノニマス~警視庁"指殺人"対策室」第3話は、悔いなき少年殺人犯。殺人を犯した高校生の実名が晒された......ネットの怒りVS少年法の結末は!?

第3話
高校生・片山蓮(青木柚)によるホームレス殺害事件......1カ月後、蓮の個人情報が特定、ネット上で晒されたことで大きな話題となっていた。事実とは異なるひどい中傷も多く、蓮の父・遼太郎(戸田昌宏)は、「指殺人対策室」に最初に情報を晒した犯人を捕まえてほしいと依頼。万丞渉(香取慎吾)と碓氷咲良(関水渚)は早速捜査にあたるが、交友関係を調べるうちに蓮の本性が浮き彫りになっていく。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室

アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室

SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生! 民放ドラマ5年ぶり出演の香取慎吾が、ワケあり捜査官役に!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 よる10時

出演者

【主演】香取慎吾

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧