• #
  • トップ
  • ドラマ
  • 今晩のおかずはミートボール入りクリームシチュー「アレは入って...

今晩のおかずはミートボール入りクリームシチュー「アレは入ってないから!」焦る夏奈に亮が仕返し?:私の夫は冷凍庫に眠っている

ドラマ

テレ東

2021.4.30 【サタドラ】私の夫は冷凍庫に眠っている

5月1日(土)夜11時25分からは、サタドラ「私の夫は冷凍庫に眠っている」第4話を放送。「夏奈が殺したのは誰だったんだ! そして亮と孔雀の関係も気になる。ただ怖いだけじゃなく、ミステリーで謎を解き明かしたくなるのが面白い!」とSNSでも話題。

「テレ東プラス」では、毎週ドラマの内容をプレイバック! 今回は、4月24日に放送された第3話「聖餐」の内容をお届けします。

reidan_20210430_01.jpg


如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、婚約者である佐藤亮(白洲迅)の暴力に耐えかね、突発的に殺害。死体は倉庫にある巨大な冷凍庫に隠したが、殺したはずの亮がなぜか生きている。別人のように優しい亮に怯えながらも、奇妙な生活が続いていた。

ある夜、外から物音が聞こえて目を覚ました夏奈。カーテンを開けてみると、倉庫の引き戸をこじ開けようと、ガタガタ揺する亮の姿が!

「亮!」

狂気じみた亮の行動に声を上げる夏奈。しかし亮は何事もなかったように「ごめん、起こしちゃった?」と優しく尋ねる。

「何してるの?」

「なんか変な音がするから」

「冷凍庫の音」

「ふぅん。じゃあ寝るわ。明日朝早いから、弁当いらない。...鍵、かかってるんだね」

亮はそう呟くと、寝室へと戻って行った。



翌朝、ソファで目覚めた夏奈。亮のベッドはもぬけの殻で、すでに出かけているようだった。

(まるで亮を殺したあの夜だけが、すっぽり抜け落ちたように感じるけど...)

(私が殺した亮は、間違いなく冷凍庫の中で眠っている)

シャワーを浴び、冷凍庫の中に死体があるのを確認した夏奈はレインカバーで冷凍庫を覆い、その上にうさぎのディスプレイ人形を後ろ向きに置く。

reidan_20210430_02.jpg
そして夏奈のスマホに仕事の電話が。慌てて倉庫を飛び出した夏奈は、鍵を閉めずに外出してしまうのだった。仕事の用事を済ませた夏奈は、母・如月木芽(浅田美代子)が開業するメンタルクリニックへ向かう。

「あなたの方も何か心配事があるんじゃないかな? 私を訪ねて来たりして」

「あなたが誰かと一緒に暮らすなんて信じられなかった。最初は素直な好奇心で、どんな人なんだろうって。でも、今は心配してる。彼のことで知ってること、教えて?」

「...誕生日が、同じ」

半年前、近所の洋菓子店で出会った亮と夏奈。偶然にも2人のお誕生日が同じだということがきっかけで、婚約に至るまで仲を深めた。

「他人がそばにいるのに、自分が自然でいられるのが不思議で」

「あなた、人嫌いだもんね」

「違うよ。人がそばにいなくても寂しくないだけ。お母さんと一緒」

そんな会話をしていると、木芽が亮の調査を依頼した探偵・阿久津誠(おかやまはじめ)がクリニックを訪ねてくる。

「ちょっと待ってて、すぐに済む用事だから。もう少し話したいし」

と、夏奈を待たせ、阿久津と話しに行く木芽。しかし...。

(...あれ? 鍵、かけ忘れた!?)

夏奈は倉庫の鍵を閉め忘れたことを思い出す。慌ててクリニックを飛び出す夏奈を、目で追いかける阿久津。

「阿久津さん。引き続き彼の調査をお願いしたいんです」

「...元刑事なもので、首を突っ込むのが性分でして。勝手にその後も探ってみたんです」

阿久津は察していたように、盗撮した亮の写真と、亮が仕事の面接先に提出した履歴書を取り出す。木芽は、「誕生日が一緒だって言ってたけど」と履歴書に目を落とす。そこに書いてあった誕生日は3月8日。

「...娘の誕生日は、9月8日」

急ぎ足で帰宅した夏奈は、すぐさま裏庭の倉庫へ向かう。鍵は掛かっておらず、中に入ると...。

reidan_20210430_03.jpg
背中を向かせたはずのうさぎのディスプレイ人形が、正面を向いていた!

(亮に見られた...!?)

母屋へ戻ると、すでに帰宅していた亮が「おかえり」とエプロン姿で微笑む。椅子が3つ並べられている食卓を一瞥し、夏奈は怪訝な顔で「誰か来るの?」と尋ねる。

「紹介したい人がいるんだ」

「誰を?」

「もうじき来るから、後で」

「勝手に人を呼ぶのはダメ!」

思わず叫ぶ夏奈。その時、玄関のチャイムが鳴る。

「そんな怖い顔で迎えるの、やめてよね」

亮はしれっとした態度で客人を迎えに行く。テーブルの上には3人分のサラダとパン、そして大きな鍋が一つ。中に入っていたのはシチューだった。

手土産を持って現れたのは、昨日突然家を訪ねてきた不動産仲介業者の唐沢幸介(青柳翔)。亮は就職先の社長だといい、甲斐甲斐しく世話を焼いて、手作りのクリームシチューを振舞う。

reidan_20210430_04.jpg
「煮込んだミートボールは、自家製で作ったひき肉なんです」

(!!)

その言葉に目を見開く夏奈。自分がハンバーグを作ったように、死体の一部を切り刻んで作ったミートボールなのではと動揺する。

(私に復讐するつもり...!?)

唐沢がミートボールを口に運ぶと、夏奈は思わず「あっ!」と声を上げてしまう。

「どうしたの、夏奈」

「いや...」

「すみません、どうぞ召し上がってください」

reidan_20210430_05.jpg
唐沢はミートボールを味わうと、「うまい!」と賞賛する。夏奈もシチューを勧められるが、「食欲なくて」と断る。

食事が済み、玄関先で唐沢を見送る夏奈と亮。「夏奈さん、これからもよろしくね」という唐沢の言葉に、夏奈はぎこちなく視線を送るだけで言葉が出ない。

「社長、いい人だろ? さ、入ろう。夏奈」と促す亮だが、夏奈は「駅まで送ってくる」と唐沢の後を追って走り出す。唐沢に追いついた夏奈。唐沢はその思いつめた表情を見て、「どうしたんですか? 何か話があるなら、聞きますよ」と心配そうに尋ねる。

reidan_20210430_06.jpg
「結婚、迷ってる?」

「えっ...」

「でも、亮くんなら心配ないと思うよ。誠実な男だし、夏奈さんを不幸にさせるようなことはしないんじゃないかな」

「...私はそうとは思いません」

足早に戻っていく夏奈の背中を、唐沢は無言で見つめるのだった。

家に戻ったものの中に入るのを躊躇し、玄関先で佇んでいると、向かいに住むミステリー作家の孔雀(斉藤由貴)が「何してるの?」と話しかけてくる。

「少し寄り道していく?」

孔雀の家に上がり、ハーブティーを飲む。亮と喧嘩したのかと聞かれるが、「上手く説明できないです」と夏奈。

「じゃ、聞かない。2人で黙ってお茶しましょ」

「...家にいるんです」

理解を示してくれる孔雀に、夏奈は思い切って打ち明けようとする。

「誰が?」

「亮が」

「知ってる」

「そうじゃなくて。2人いるんです」

「2人?」

(ピンポーン)

その時、玄関のチャイムが鳴り、亮が迎えに来た。

「夏奈の気持ち考えてなかった...。ごめん、もう勝手なことしないから。帰ろう」

亮に優しくされ、おずおずと自宅へ戻る夏奈。亮が温め直したシチューを持ってくるが、どうしても手をつけることができない。

reidan_20210430_07.jpg
「夏奈に食べてほしくて頑張ったんだけどな」

「どうしてそこまでして食べさせたいの?」

「喜んでほしいから」

「絶対に食べない...!」

亮は「しょうがないなぁ」と言うと、ミートボールを自分の口へ運ぶ。

「あっ!」

思わず悲鳴を上げる夏奈。亮はゆっくりと咀嚼し、ごくっと喉を鳴らす。

「大丈夫。アレは入ってないから」

「アレ?」

「あなた...誰!?」



5月1日(土)夜11時25分放送! サタドラ「私の夫は冷凍庫に眠っている」第4話「告解」の内容は...。

reidan_20210430_08.jpg
「知りたいだろ?自分が誰を殺したのか」――佐藤亮(白洲迅)は、如月夏奈(本仮屋ユイカ)の犯行に気づいていた。ならば亮は一体誰なのか?恐怖と混乱が入り混じる中、身の危険を感じた夏奈は隙をついて倉庫に鍵をかけ立てこもる。一方、阿久津誠(おかやまはじめ)の調査で、亮の本名は"久保田奏"だと判明。さらに不動産の転売に手を染める半グレだと知った如月木芽(浅田美代子)は、慌てて夏奈に事実を伝えようとするが...。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【サタドラ】私の夫は冷凍庫に眠っている

【サタドラ】私の夫は冷凍庫に眠っている

主演 本仮屋ユイカ 人気小説投稿サイト「エブリスタ」で話題となったラブサスペンスドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」を実写ドラマ化!

放送日時:テレビ東京系列 毎週土曜 夜11時25分放送

出演者

本仮屋ユイカ 白洲迅 青柳翔 おかやまはじめ 浅田美代子 斉藤由貴

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧