• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 若手に負けないキレッキレな動きができるのかジジイ芸人を検証す...

若手に負けないキレッキレな動きができるのかジジイ芸人を検証する!第6回ジジイ芸人キレ悪検証テスト:ゴッドタン

エンタメ

テレ東

2017.11.20 ゴッドタン

god_1120_img.jpg
【配信終了:11月25日(土)】動画はこちら


「ゴッドタン」
【出演者】おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)、劇団ひとり
【放送日時】テレビ東京にて毎週土曜深夜1時45分より放送中!


週末深夜のバラエティーで見逃せない番組「ゴッドタン」。


god_1120_01.jpg


今回は、「第6回ジジイ芸人キレ悪検証テスト」をお送りします。ジジイ芸人たちを集めてキレの良い動きができるのかを競うこの企画。今回で6回目となります。


god_1120_02.jpg


挑戦するのは、"ミスタージジイ芸人"おぎやはぎ(小木博明、矢作 兼)、ゲストジジイ芸人のアンジャッシュ(児嶋一哉)とFUJIWARA(藤本敏史)の4名です。劇団ひとりはしれっとMC、アシスタントは野呂佳代。


「もういいんだよ」(矢作)、「もうやってきたじゃん・・・」(小木)と、ぶつぶつ文句を言うおぎやはぎの両名に「でもなんか聞いたよ。JUNK(おぎやはぎのラジオ番組)。何て言われてるんだっけ?」という劇団ひとりの問いに「ヤングJUNKね~」と答える小木。


god_1120_03.jpg


小木も矢作も46歳とアラフォーというよりはアラフィフ世代。46歳で若手というのはちょっといただけないですよね。ちなみにゲストジジイ芸人の年齢ですが児嶋が45歳、藤本が46歳とおぎやはぎと同年代になっています。


「どうですか? なんか最近年取ってきたとか認識あります?」という劇団ひとりの質問に「あの、アイドルの子とロケバスで話したりしてて、話は結構合うなと思って俺まだ若いなとか思ってんだけど・・・。で、そのときの写真なんですけどって見せられた時にこの辺で見せてくるじゃんか・・・」と写真を見せられる位置を示す児島。


god_1120_04.jpg


「で老眼で何も見えない」ってと話したものの、劇団ひとりはそれをスルーし「他に何か面白い話あります?」と"不採用"。


god_1120_05.jpg


憮然とする児島。ひとりに向かって「おい!MCちゃんとやれ!あんまりウケねえな!とは思ったけど・・・」という反応にスタジオは大爆笑。ということで1年ぶりに「ジジイ芸人キレ悪検証テスト」開催です。


god_1120_06.jpg


1回戦は「勢いのある若手芸人のリズム芸に挑戦しよう!」というコーナーです。内容は、いま勢いのある若手芸人3組のリズムネタに挑戦してもらおうというもの。ジジイ芸人たちは、若手並みにキレのある動きを見せられるのか!? 


god_1120_07.jpg


最初は"ロマンティック大好き芸人"西村ヒロチョ。挑戦するのは、西村の持ちネタ「グーとチョキとパーを使って何かロマティックな物を作ってみましょう」というもの。


まずは、西村本人が実演して見せてくれます。「グーチョキパーでグーチョキパーで何作ろう♪何作ろう♪」とキレッキレのダンスをしながら歌う西村。


god_1120_08.jpg


「右手もチョキで左手もチョキで、かわいい娘み~つけた!イェーイ♪」と見事にロマンティックな物を作って見せます。


god_1120_09.jpg


ということで検証テスト1は西村ヒロチョの持ちネタを使い「キレのある動きとロマンティックなセリフ」を実演しろと劇団ひとり。全員が「無理」と即答。「見てるだけでしんどいわ。こんなもん」と藤本。「本人が息上がってんじゃん」と児島。


見た目からして若い西村ヒロチョに劇団ひとりが「(歳)いくつですか?」と聞いたところ「いくつだったら好きになってくれますか?わ~ぉ!」と返す西村。このリアクションを見て「これもやってもらいますから」と劇団ひとり。ただ、実際はこのリアクションにちょっとビビっちゃった様子でした。


劇団ひとりの指示により、挑戦するトップバッターは矢作に決定。「どうも~ロマンティック大好き、やはむらヒロチョで~す」とへらへらしながら登場。


「OK~、じゃあ今日は僕と共に「グーとチョキとパーを使って何かロマティックな物を作ってみましょうね~。よかったらみんなも一緒に!Go~!」と、覚えたセリフをへらへら顔で並べている感じな様子。明らかにキレがないです。


god_1120_10.jpg


残念ながら「グーチョキパーでグーチョキパーで」の時点で強制終了。「見てらんないね」(劇団ひとり)「照れちゃってるし」(小木)。批判に対し「何が?」と返す矢作に藤本が「グーチョキパーに行く前に、手がこう(すでにチョキの形に)なってもうてんねん!」と鋭くツッコむ。


god_1120_11.jpg


リプレイを見てみると手がずっとチョキの形になっています。あとへらへらしてた部分に対し「間違ってもいいから堂々とやって、モジモジやんないで」と劇団ひとり。手の動きに気を付けて矢作2回目の挑戦開始。


god_1120_12.jpg


2回目もネタに入る前に手の形がチョキになってしまい、やはりそこで終了。「もうジジイやん」(藤本)と、散々の言われようです。


突っ込みまくる藤本、ということで矢作が「俺藤本さんの見てからやる!」と演者を藤本と交代します。ということで矢作のお手本となるように藤本が挑戦します。


god_1120_13.jpg


「どうも~ロマンティック大好きふじむらヒロチョです!」と登場。西村ヒロチョよりもキレのある芸を見せつけ見事クリア。矢作が再度挑戦するも、途中で変な動きを入れてしまい、矢作はここで強制終了で失格。


相方の失敗を取り返すべく小木が挑戦するも、相方と同じところで躓いてしまい、やはり強制終了。もう少しがんばりましょうという結果に・・・。


劇団ひとりが「動きが早いからダメなんじゃないの!ということで、もうすこし動きのゆっくりしたものでやってみよう」と言って登場してきたのが勢いのある芸人二人目のいかちゃん。ゴッドタンではおなじみのいかちゃんです。


劇団ひとり曰く「このいかちゃんのネタだったら、みんなもできるんじゃないか」とのこと。小木も力強く「できる!」と発言します。まずは、いかちゃんにお手本を見せてもらいます。


お手本で藤本を誉めてもらいます。「藤本さん、お父さんと4つしか違わないけど、ずっと元気~」とフジモンを誉めます。相変わらず癒される芸です。


god_1120_14.jpg


検証テストの2つ目は、難易度を下げ、いかちゃんの芸「リズムにのって相手を褒める」に挑戦してもらいます。そういえばさきほど「できる!」と力強く言っていた人がいましたよね? ということで小木から挑戦してもらいます。リズムに乗ってうまく褒めることができるのでしょうか?


god_1120_15.jpg


小木には矢作のいいところを誉めてもらいます。「簡単~」と矢作。「矢作のいいところを言います」と小木がいかちゃんネタを開始。うろ覚えですが、なんとか見よう見真似で「矢作さん、メガネをかけたいい男」とやりました。動きも鈍いです。


god_1120_16.jpg


児島からは「照れてるし」、ひとりからは「顔真っ赤だよ」と指摘される始末。大照れの小木に周囲は不満の様子。「自信もってやってよ!」と劇団ひとり。


この様子に「もう1回やらせて」と小木が再挑戦を申し出ます。今度は照れずにできるか2回目の挑戦です。「矢作さん、46歳だけど膝やわらかい」とやりますが、周囲には不評の様子。この小木に対し、矢作が指名されました。アンサーソング的なネタを返してとの要望で、矢作が挑戦します。


god_1120_17.jpg


どうもうまくいきません。この様子に「なんちゅう顔してんだよ!なんだその顔は!」とキレる劇団ひとり。結果は「もっと頑張りましょう」。


god_1120_18.jpg


続いて登場してきたのは2008年にラップネタでブレイクしたジョイマン。彼らのキレのいい動きとラップに挑戦してもらいます。


最初の挑戦者は「ひざの柔らかい」矢作から。果たしてうまくリズムに乗ってラップが言えるのか?そのほかの挑戦者たちのキレはどうなのか?見逃し配信でチェック!



【番組概要】
番組名:「ゴッドタン」
放送局: テレビ東京にて無料放送
放送日時: 毎週土曜深夜1時45分より
番組公式HP:http://video.tv-tokyo.co.jp/god/

関連タグ

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ゴッドタン

ゴッドタン

悪ふざけの最高峰「ゴッドタン」。その時面白いと思った企画をやり続ける「お笑い番組」です。芸人の本気の悪ふざけは、一見の価値あり!

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧