• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 和包丁を愛するイギリス在住男性&空手に夢中なスペインキッズが...

和包丁を愛するイギリス在住男性&空手に夢中なスペインキッズが登場!:世界!ニッポン行きたい人応援団

エンタメ

テレ東

2018.5.28 世界!ニッポン行きたい人応援団

ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜日夜8時~)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。


nipponikitai_20180528_01.jpg



和包丁を愛するイギリス在住男性が世界最高峰の技術に興奮


最初に登場したのは、料理好きがきっかけでニッポンの包丁に情熱を注ぎ「天然砥石と和包丁研ぎを勉強してみたい」というイギリス在住のジェゴシュさん(33歳)。後篇となる今回は「和包丁篇」をお届けしました。


この日は堺刃物ミュージアム(大阪)を訪れたジェゴシュさん、ずらりと並んだ和包丁の展示にすでに興奮。堺市は600年の伝統を持つ打ち刃物の街。プロ用の料理包丁の約90%を製作し、世界的な支持も受けているすごい街です。「いつかニッポンに来たら、伝統的な和包丁作りを学びたい」と夢見ていたジェゴシュさんは、ミュージアム見学のあと、200年以上続く鍛冶工房「榎並刃物製作所」の5代目・榎並正さんを訪ねました。


nipponikitai_20180528_02.jpg


榎並刃物製作所では、軟鉄(地金)と鋼(はがね)を合わせ、1本1本火造りで伝統的な和包丁を製作しています。ジェゴシュさんから一番大切なことを聞かれた榎並さんは「温度です。温度計はないので材料の色を見て判断します」と教えてくださいました。完璧な温度の見極めが、硬さと粘りある良い包丁を生むとのこと。


榎並さんのご厚意でジェゴシュさんも火造りに初挑戦しますが、なかなか思うように打てません。すべて熟練の勘で仕上げていく榎並さんは仮に100本の注文があれば、すべて手作業で100本同じ形・同じクオリティに仕上げるプロ中のプロです。


nipponikitai_20180528_03.jpg


続いてジェゴシュさんが訪ねたのは、榎並さんから紹介していただいた研ぎ職人歴50年の田原俊一さん。"研ぎの聖地"ともいうべき工房に入れていただき大興奮! さっそく榎並製作所で打ったばかりの包丁を、田原さんは手の感触だけを頼りにオリジナルの道具で研ぎ始めます。ジェゴシュさんも特別に体験させていただきましたが、なかなか一定の角度で刃を当てることができず、田原さんの熟練技の素晴らしさを痛感。バフや木砥などでさらに磨きをかけると、ついに鋼に艶が! 最後に堺の伝統仕上げ法を施し、霞仕上げの美しい刃が完成しました!


nipponikitai_20180528_04.jpg


作業後は田原さんがご自宅で歓迎会を開いてくださいました。自作の包丁を披露したジェゴシュさんに、田原さんから「ジェゴシュさんに注文だそうかな!」と最高の褒め言葉を頂く一幕も。


天然砥石や和包丁について多くを学んだジェゴシュさんは、感謝の気持ちを伝え、たくさんの学びとお土産を手にイギリスに帰国。世界中にもっともっと天然砥石と和包丁のファンが増えると素晴らしいですね! ジェゴシュさん、またの来日をお待ちしております!


nipponikitai_20180528_05.jpg



厳しい女性空手師範にスペインキッズも成長!


続いてニッポンに招待したのは、スペイン・バルセロナに暮らし、家族で歴史あるチュロス屋さん「チュレリアマンチェガ」(1880年創業)を営む、空手が大好きなペドロさん一家。
空手はスペインでも約10万人の競技人口がいるというほど人気の格闘技。「空手の本場で歴史を知り、達人に会いたい」という息子のペドロ君とお父さんをニッポンへご招待!


nipponikitai_20180528_06.jpg


初来日となる2人が向かったのは空手発祥の地・沖縄。今回、体験入門を快く受け入れてくださったのは、空手歴43年、世界各国での指導も行う沖縄初の女性師範・大城信子先生が率いる人気の道場「大信館」。スペインにはない正座での挨拶や胴着着用後の礼儀作法について厳しく注意されるなど、早々に親子で洗礼を受けることに。


nipponikitai_20180528_07.jpg


初めての運動や指導の厳しさに苦心するペドロ君でしたが、持ち前のチャレンジ精神で奮起。稽古や表情にも気合が入ります。スペインの何倍も厳しい稽古が終わるころには、親子でヘトヘトに。「まったく基礎ができていないことを痛感させられました」と疲れ顔で語るお父さんをよそに、ペドロ君は親しくなった豊里拓巴(たくみ)君らと、元気いっぱい交流していました。


nipponikitai_20180528_08.jpg


翌日も2回目の稽古のために再び道場へ。入口でしっかり正座の挨拶をした後は、姿勢や体重移動など基礎を中心に、みっちり2時間の熱血個別指導を体験しました。稽古終わりには、仲良くなった豊里さん親子が道場に現れ、ご自宅へ招待してくださいました。行きつけのそば専門店にも誘っていただき、地元で大人気のソーキそばも堪能。初めて食べる沖縄の味に、ペドロさん親子は大満足!


nipponikitai_20180528_09.jpg


3日目は大信館での最後の稽古の日。すっかり姿勢も整い、稽古の顔つきまで落ち着いてきたペドロ君。空手には何が必要で何が大切なのか...しっかり理解できたようです。


nipponikitai_20180528_10.jpg


稽古の後は、豊里さんのご自宅で親子の歓迎会を開いてくださいました。さらに大城先生たちも駆けつけ、会は大盛り上がり。さらに、2日後に誕生日を迎えるお父さんのためにサプライズのケーキも登場し、お父さんは感激のあまり瞳を潤ませます。泡盛を呑んだり、沖縄民謡で踊ったりと、沖縄最後の夜は更けていきました。


別れのとき――。豊里さん一家や大城先生から温かい言葉と「空手」の文字が入ったオーダーメイドの島ぞうりをいただいたお父さんは、お返しにチュロス店オリジナルのTシャツとともに感謝の手紙を読み上げ、ペドロ君が描いた友情の似顔絵を贈りました。またの再会を誓い、ペドロさん親子は豊里家を出発。「次に沖縄に来るときは、もっともっと強くなって戻ってきます」と宣言するペドロ君、この数日で本当に心身共に大きく成長しました。ニッポンで学んだ空手の礼儀作法や技術をスペインで広く伝えてほしいですね。
お父さん、ペドロ君、またの来日をお待ちしております!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界で「ニッポンに行きたくて行きたくてたまらない」と願う外国人を探し出し、彼らの熱い想いを取材。彼らの夢~日本で●●したい~を応援するためご招待しようというのが、この番組。彼らが日本でどんな夢を叶えるのか?

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜8時放送

出演者

織田信成、高橋茂雄、眞鍋かをり

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧