• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 音楽をあきらめきれずに離婚! 昼は清掃員として働く元レコ大新...

エンタメ

テレ東

2018.5.29

音楽をあきらめきれずに離婚! 昼は清掃員として働く元レコ大新人賞歌手:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

homeii_20180529_01.jpg


【配信終了日:6月5日(火)】動画はこちら


街の人に声をかけ、その家にお邪魔する「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」。5月28日(月)の放送では、新橋駅で出会った和泉容さんのおうちにお邪魔しました。


homeii_20180529_02.jpg


和泉さんは、かつて"Be-B"という名義で歌手をしており、今はハードロック流しとして活動しています。80年代のハードロックをメインに、リクエストすればなんでも歌ってくれるそう。流しとは別に、昼間は女子寮の清掃員のお仕事もしているといいます。


homeii_20180529_03.jpg


家賃13万円の神楽坂のお部屋にお住まいの和泉さん。ここに住居を決めた理由は、楽器の演奏がOKだという点だそう。それでも念のため、段ボールで防音を徹底していました。


和泉さんは、お部屋の中でもライブに備えてヒールの高い靴を履いていたり、ギターを持つ姿を確認できるように全身鏡の前で練習していたりと、日頃から音楽に対して高い意識を持って生活しているようです。


homeii_20180529_04.jpg


お客さんを喜ばせるために、8ヶ国語を勉強しているという和泉さん。ロシア語・ドイツ語・フランス語・中国語・イタリア語・スペイン語の歌を披露してくれました。子どもの頃から歌うことが大好きで、クラスの文集にも「歌手になる」と書いていたと話します。

homeii_20180529_05.jpg


和泉さんは、1994年にBe-Bとして『真夏の愛YAI YAI!』でデビューし、同年『憧夢〜夢に向かって』でレコード大賞新人賞を受賞しました。さらに、オリコン最高10位の売上を誇ったことで、ゴールドディスク大賞も受賞。当時は、ドラマ・CM・アニメなどの主題歌を多く担当する、売れっ子歌手だったようです。しかし、そのようなタイアップ用の曲の作り方が、和泉さんには合っていなかったそう。


homeii_20180529_06.jpg


当時のPVが残っているといい、ビデオを見せてくれました。はじめは「映像は恥ずかしい」と照れながら見ていた和泉さんですが、レコ大受賞曲のPVを見ていると当時の頑張っていた気持ちを思い出して思わず涙。


homeii_20180529_07.jpg


当時は事務所から「恋愛禁止」と言われ、和泉さんもそれを受け入れていましたが、デビューの翌年からさらに売れるアーティストを推すようになり、和泉さんのことを放置し始めたといいます。


CDバブルだった90年代、どんどんライバル歌手が登場し、和泉さんのスケジュールは突如真っ白に。「売れる曲」を歌い続けることで、音楽の周りを取り巻く「仕事」がわかるようになった和泉さん。商業的な音楽をやり続ける自分に違和感を感じますが、辞めて田舎に帰ることも、改めて音楽を始めることもできない状態に。そこで当時の交際相手に「面倒みてあげるよ」と言ってもらったことで、歌手を引退して結婚することにしたそう。


homeii_20180529_08.jpg


5年ほど普通の結婚生活を送った和泉さんでしたが、歌を我慢していることをそのうち後悔すると思い、離婚して今に至るといいます。


テレビに出ていた歌手時代とは違い、全てのことを自分でしなければいけない今の音楽活動。それでも少しずつ慣れてきて、やりたい音楽ができている今は「超幸せだと思います」と語る和泉さん。昔のファンも来てくれるそうで、「歌を聞いて元気になった」と言って喜んでもらえるのが嬉しいそう。最後に和泉さんは、これからの夢について「おばあちゃんになってもシャウトするつもりで歌い続けます」と話してくれました。

この放送は、現在「ネットもテレ東」で配信中です。ぜひチェックしてみてください!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行き、それぞれの家で発見される素敵な人生ドラマを追いかけます。「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」は、毎週月曜 深夜3時55分

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜9時

出演者

ビビる大木、矢作兼、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)

カテゴリ一覧