• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 実は6人きょうだい!? あなたはスヌーピーの秘密いくつ知って...

実は6人きょうだい!? あなたはスヌーピーの秘密いくつ知ってますか?

エンタメ

テレ東プラス

2018.10.30

深まる秋の夜長は、読書にふさわしいひととき。もっと読書の時間を充実させたい、本好きのあなた。また、買ってはみたものの"積ん読"状態になっている話題のベストセラーを、今こそ読みたいと思っているあなた。読書のお供に、大人のためのシックなスヌーピーコレクション「BOOK LOVERS(読書家)」のアイテムはいかが?


snoopy_20181030_01.jpg



知ってる!? スヌーピーの秘密


このメガネをかけた姿も知的でキュート。スヌーピーは、多彩な表情を持っています。世界一有名なビーグル犬・スヌーピーですが、あなたはスヌーピーについてどのくらい知っていますか? スヌーピーの世界は知れば知るほど奥深いのです。スヌーピーにまつわるアレコレに詳しくなったら、もっと好きになるはず!


【秘密レベル1】スヌーピーは新聞連載漫画だった


20181030_snoopy_sinbun.jpg


PEANUTS Comic strips: © 1962 Peanuts Worldwide LLC


スヌーピーは、アメリカの漫画家チャールズ M・シュルツの手によって生まれました。シュルツは1950年、子供たちの日常を描く漫画『PEANUTS』の新聞連載をスタートさせます。そこに、主人公の少年チャーリー・ブラウンの飼い犬として登場したのが、スヌーピー。シュルツが子供の頃に飼っていた"スパイク"という犬が、スヌーピーを生み出すヒントとなりました。


連載開始時7紙での掲載だった『PEANUTS』は、75ヵ国2600紙に掲載されるほどの人気となり、シュルツが毎日描き続けた新聞連載は約50年にもわたりました。そのエピソードは、なんと全部で17897回! 誕生から今日まで、スヌーピーをはじめとした『PEANUTS』のキャラクターたちは、世界中の人々に愛され続けています。


【秘密レベル2】本物のスヌーピーはどれ?


よく似た5匹の犬、この中で本物のスヌーピーはどれでしょう?


snoopy_20181030_03.jpg


実は、すべてスヌーピー! スヌーピーは誕生以来、次第に"進化"していきました。『PEANUTS』開始当初のスヌーピーは4本足で歩き、チャーリー・ブラウンのそばにかわいらしく寄り添う、"犬らしい"犬でした。その後、周囲の子供たちをシニカルに眺める"心の声"を発するようになり、空想好きで思索的な一面を見せていきます。


そして誕生から6年後の1956年、ついにスヌーピーは二足歩行に! 犬の常識を超えて(!?)自由に動き回ります。1960年代のスヌーピーは、現在の姿の原型とも言えるフォルムに。当初からモノマネが得意だったスヌーピーですが、この頃から戦闘機のパイロットになったり、宇宙飛行士になったりと、変装のバリエーションが増加します。


1970年代になると前足が手のように描かれます。さらに人間に近付いたスヌーピーは表情豊かになり、毒舌ぶりを発揮。1980年代は、スポーツ好きなシュルツの趣味が表れたアクティブでファッショナブルに。そして1990年代も進化を続け、より洗練された描写になります。それぞれの時代で魅力的な姿を見せてきたスヌーピー。あなたが好きなのは、どの時代?


【秘密レベル3】スヌーピーは6人きょうだい


snoopy_20181030_04.jpg


『PEANUTS』にはスヌーピーのきょうだいと両親も登場します。
きょうだいは、長い髭と帽子が特徴の荒野で孤独に生きる細身の"スパイク"、ブチ模様のあるインテリの"マーブルス"、毛並みがフワフワで方向音痴の"アンディ"、きょうだいの中で唯一のおんなの子きょうだいで息子がいる"ベル"、「醜犬コンテスト」でうっかり優勝したぽっちゃり体型の"オラフ"。上のイラスト、誰が誰だかわかりますか?


そして、定年後にフロリダへ移住し悠々自適に暮らすパパと、子供思いのママ。普段はみんなバラバラに暮らしていますが、手紙のやりとりをしたり、スヌーピーが入院するとお見舞いに駆け付けたりと、交流があります。



秋にピッタリ! オトナかわいいスヌーピーコレクション


PEANUTS公式オンラインショップ「おかいものSNOOPY」から、秋にぴったりのオリジナル商品が登場。「BOOK LOVERS(読書家)」は、クラシックで温かみのある、本好きな大人のためのスヌーピーコレクション。1960年代に描かれた「ヴィンテージアート」と呼ばれる二足歩行前のスヌーピーアートをベースにしたメガネをかけた限定アートです。


リーディンググラス & PCメガネ


snoopy_20181030_05.jpg


読書には欠かせない「リーディンググラス(老眼鏡)」。
ブルーライトをカットしてくれる「PCメガネ」は、タブレットでの読書にもうれしい。


「トレンドの丸メガネはハードルが高くて...」と敬遠しがちな方でも安心の、どんな方にも似合う丸みのあるウェリントン型のデザイン。ノーズパッドが一体型で大きめだから、肌あたりがソフトで、まつげにもあたりにくく、機能性抜群!


【ここにスヌーピー】


snoopy_20181030_06.jpg


テンプル(つる)の裏にスヌーピー! 横を向くと、さりげなく見えるのがかわいい♪
定番で人気の高いデミ柄(ベッコウ柄)と、透明感のあるチャコールグレーの2色展開。


メガネケース & ミニケース


snoopy_20181030_07.jpg


本革のようなシボの質感で高級感のある「メガネケース」と「ミニケース」。内張りの起毛生地はクッション材としての効果もあり。
持ち歩きやすい手のひらサイズの「ミニケース」には、コンタクトレンズをはじめ、バッグの中で行方不明になりがちな小物、イヤホン、アクセサリーなどを入れるのにピッタリ。


【ここにスヌーピー】


snoopy_20181030_08.jpg


「メガネケース」にはコーラルピンク、「ミニケース」にはマリーゴールドカラーのメガネをかけたヴィンテージスヌーピー。そして中面にもブラックの箔押しでスヌーピーが。
さらにスヌーピーの大親友ウッドストックの姿も。どこにいるのか探してみて!


snoopy_20181030_09.jpg


メガネはもちろん、液晶の油膜やアクセサリーなど幅広く使える「クリーニングクロス」、読書のお供にうれしいダージリンティー、その名も「SNOOTEA」、ペンやコスメなどを入れる「ポーチ」3タイプなども発売。ギフトバッグやペーパーバッグも充実しているので、読書好きなあの人へのプレゼントにもぜひ! この秋は、スヌーピーと一緒に読書を楽しみましょう。


商品の詳細&ご購入は、こちらから!


© 2018 Peanuts Worldwide LLC

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧