• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 平成最後の年末! 忙しく働く職人たちに密着:二代目 和風総本...

平成最後の年末! 忙しく働く職人たちに密着:二代目 和風総本家

エンタメ

テレ東

2018.12.27 二代目 和風総本家

wafu_20181227_thum.jpg
10月から、鈴木福を迎えてリニューアルした「二代目 和風総本家」(毎週木曜 夜9時)。コンセプトは「日本の良さを未来へ」。子どもたちやその親世代にも日本の良さをどんどん発信していく!

12月27日(木)放送の「二代目 和風総本家 年末2時間SP~平成最後の年末年始! 汗と涙の職人SP~」では、平成最後の年末に忙しく働く職人たちに密着! そこには、家族のため、そして伝統の技を後世に残すため必死に頑張る姿が。そんな暮れの汗と涙の職人たちに迫る!

「母さんに届けたい!」

wafu_20181227_01.jpg
平成最後の年末年始に忙しく働き故郷に帰ることができない若き職人たち。そんな職人たちに「実家のお母さんに届けたい物はありますか?」と聞いてみたところ是非という方がいた。

銀座の和食の名店で働く23歳の青年は、年末年始もお店が営業のため実家の熊本には帰ることができない。母はスナックで働きながら女手1つで自分を育ててくれたシングルマザー。

早く1人前になるため鍛錬の日々...忙しくてこの年末年始には帰る事ができないが成長した自分の姿を感じてもらうため、スタッフに自分が作ったお弁当を届けて欲しいとお願い。息子が作ったお弁当と、懸命に働く普段の様子の映像を母親に届ける。
果たして母親の反応は?

過酷な現場で働くお父さん

wafu_20181227_02.jpg
高所や火花が飛び散るような危険な場所で働く職人たち。そんな過酷な現場で働く父親の姿を見た事がないというご家族が、内緒でその様子を見学に行く、人気シリーズ企画。今回は危険が常に隣りあわせというジェットコースターの点検をするお父さんに密着。その職人技とそれを目にした家族に迫ります。

絶滅寸前! 伝統を守る職人たち

wafu_20181227_03.jpg
広島で龍髯表(りゅうびんおもて)と呼ばれる最高峰の畳表を1人で作り続ける職人さんや、愛知では手蜘蛛絞りと呼ばれる特殊な技を守り染物を作る職人さんを取材。ニッポンの伝統を守るため奮闘する職人たち、その使命感の裏側には熱い人間ドラマがあった。

ニッポンを見抜こう! 年末年始編

AとB、同じモノでも値段の違うモノの目利き力をクイズに、値段の差の裏側にある、職人の手間暇や技を紹介する好評企画。今回は年末年始によく目にするモノを特集!

かわいすぎる! いろんな豆助を大公開!

番組マスコットキャラクター、豆柴の「豆助」。前足をいっぱいに伸ばして「よいしょっ♪」と階段を駆け上る豆助、囲炉裏のそばでぬくぬくくつろぐ豆助、風呂敷を背負って佇む哀愁漂う豆助、お膝で安心しきってお昼寝する豆助...など愛らしい姿を、スライドショーで大公開!

もっと愛らしい姿を見たい!という方は、豆助のTwitterもチェック!
@wafu_mamesuke

18215

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

二代目 和風総本家

二代目 和風総本家

和に関する様々な物事を取り上げ、日本の良さを伝えていきます。日本人なら知っておきたい文化やしきたりなどを知り、日本をもっと楽しめるようになろうという番組です。

放送日時:テレビ東京系列 毎週木曜 夜9時

出演者

【レギュラー】萬田久子、東貴博、鈴木福【ゲスト】高田延彦、友近

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧