• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 最強実力者シンガーが集結 ジェッタシー・後藤が衝撃のメドレー...

最強実力者シンガーが集結 ジェッタシー・後藤が衝撃のメドレーを披露!:ゴッドタン

エンタメ

テレ東

2018.12.31 ゴッドタン

godtan_20181231_01.jpg

【配信終了日:12月28日(土)】動画はこちら

12月28日(金)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分より放送)では、「第16回芸人マジ歌選手権」をお届け。過去最高のマジ歌実力者が集結した今回、審査員席にはDA PUMP・ISSAもお迎えしています。もちろん今回も、審査員6人いるうち4人が口に含んだ牛乳を吹き出したら演奏は即終了です。

godtan_20181231_02.jpg
トップバッターとして登場したのは、ヒム子ことバナナマン・日村勇紀。歌前のトークでは、最近の女子高生やギャルが使う言葉を連発して笑いを誘い、気がつけば生き残った審査員は東京03・飯塚悟史のみ。しかし、司会のおぎやはぎ・矢作が「終了で〜す」と声をかけて飯塚も思わず笑ってしまい、本当に終了。ヒム子は「それはやばたにえん」と焦り、「フン!」といじけながら退場。

godtan_20181231_03.jpg
続いて登場したのは、東京03・角田晃広。おなじみ大竹マネージャーと共に登場した角田は「原点回帰」をテーマに、初めてマジ歌に参戦したときと同じ衣装でやってきました。このテーマを決めた理由として、「年々悪くなる酒癖をどうにかしたい」との思いがあるようで、なぜか急に大竹マネと「酔った角田が帰宅したときの妻への謝罪」というコントを始めます。大竹マネの完成度の高いボケに、審査員一同撃沈。キングオブコントの審査員も務めるバナナマン・設楽は「2人の世界観がちゃんと作れている」と、角田と大竹マネのコントを絶賛。

godtan_20181231_04.jpg
次に登場したのは、ロバート・秋山竜次。大晦日の定番番組『年忘れにっぽんの歌』と他局の某人気トーク番組のロゴを腕に掘ってやって来た秋山は、タトゥーを入れるときとレーザーで消すときの痛みの違いを説明。

秋山は地元の同級生と組んでいたバンドを再結成したといい、メンバーをステージに呼びました。同級生というわりには秋山より年上に見える新バンド「アジアンコブラ」のメンバーを紹介。「地元の宝石店がなくなるほど盗んでいたという「宝石泥棒」さんを紹介したところで審査員が全員牛乳を吹き出してしまい終了に。

godtan_20181231_05.jpg
続いて登場したのは、ハライチ・岩井勇気。腐り芸人として当番組でも数々のネガティブ発言を繰り返してきた岩井ですが、一緒に登場した相方・澤部佑の仕事のことも「お笑い風」と揶揄します。先日、酔った澤部が「熱い話しようぜ」といい岩井にも電話をかけてきたそうですが、岩井は「酔ってるときにしか本音を話せないヤツ嫌い」と拒否。芸人が酔って本音を言いすぎたせいでニュースとなることもある最近、澤部は「今そんなこと言うな!」と腐りまくる岩井を制止。しかし、牛乳を吹き出す審査員続出で、岩井の出番は早くも終了してしまいます。

godtan_20181231_06.jpg
次に、フットボールアワー・後藤輝基が登場。後藤は、これまで登場してきたマジ歌芸人を見て「俺はパッと出て、パッと歌いたい」と発言。しかし、おぎやはぎ・小木博明に「いつも持ってるオモチャみたいなギターは?」と言われ、「バンダイから出てるんちゃうぞ!」と笑わせる気満々です。後藤の指示で、カスタム代込みで55万円ほどだという自慢のギターが登場しますが、同じようなギターが4本並べられて出てきました。その衝撃的な光景で審査員は一斉に笑ってしまい、「楽器並んでるだけで笑うってなんやねん。お前ら楽器屋行ったら死ぬぞ」と後藤。

godtan_20181231_07.jpg
まだギターを見せただけなので、審査員は再度牛乳を口に入れて仕切り直し。矢作の提案で、後藤が今までに発表したダサい曲をメドレーで紹介することになりました。おなじみ「ジェッタシー」から始まり、「ヘブリカン」「ダブリタン」「マスタニー」と続き「ケネディティー」で締まるメドレーを披露。しかし、審査員みんな笑ってしまい、本当に披露したかった歌にたどり着く前に終了してしまいます。

godtan_20181231_08.jpg
続いて登場したのは劇団ひとり。いつも素顔を見せない劇団ひとりから、お手紙が届いていました。手紙では「マジ歌シンガーとして、七転八倒の精神で歌っていきたいと思います」と決意を述べ、幕が上がるとそこには謎の装置が。まるでピタゴラスイッチのようにボールが動き、最後赤ちゃんのような劇団ひとりの人形が登場。その予想外の展開にみんな牛乳を出してしまいます。

ここまで、誰も歌うことなく1周目が終了してしまいました。

godtan_20181231_09.jpg
2周目からは、審査員6人全員が牛乳を吹き出したら終了というルールに変わります。2周目のヒム子が再登場。2019年の抱負を、「2018年はすべてのことを50%でやっていたので、来年はすべて100%で」と掲げます。まずは得意のモノマネを100%で披露。この時点で全員が笑ってしまいます。

「すぐに曲にいく」という条件で再度仕切り直し。否定ばかりの世の中に意見をぶつける「了解です」という曲を披露してくれました。「了解です」は、今話題のシンクロダンスや、「了解道中膝栗毛」「やばたにえん」などギャルの流行語、またヒム子お得意のモノマネを融合した1曲。

もちろん、他のシンガーたちの2周目ステージはまだまだ続きます!

今回の放送は、「ネットもテレ東」で限定配信中です。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ゴッドタン

ゴッドタン

悪ふざけの最高峰「ゴッドタン」。その時面白いと思った企画をやり続ける「お笑い番組」です。芸人の本気の悪ふざけは、一見の価値あり!

放送日時:テレビ東京系列 毎週土曜 深夜1時45分

出演者

MC:劇団ひとり、おぎやはぎ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧