• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 酒井法子が今の心境を語る! 11年ぶりに名曲「碧いうさぎ」熱...

酒井法子が今の心境を語る! 11年ぶりに名曲「碧いうさぎ」熱唱:THE カラオケバトル

エンタメ

テレ東

2019.3.13 THEカラオケ★バトル

3月27日(水)夜6時55分の「THE カラオケ★バトル」では、4時間にわたって「またそれやっちゃう?あの大ヒット曲・ご本人は何点出せるのかSP」を放送。誰もが歌ったカラオケソングを本人が歌ったらカラオケマシンは何点を叩き出すのか!?

今回は、吉永小百合とのデュエットで大ヒットした「いつでも夢を」を披露する橋幸夫をはじめ、石井明美、堀内孝雄、相川七瀬、大川栄策、鳥羽一郎、元光GENJIの諸星和己、萩本欽一が送り出した人気ユニット・イモ欽トリオ&わらべ、宮路オサムら豪華出演者たちがスタジオに集結。番組の司会を務める"オーナー"堺正章も緊急参戦します。

さらに、地上波では11年ぶりとなる酒井法子が名曲「碧いうさぎ」を熱唱! 番組収録後に囲み取材を行い、久しぶりに自身の代表曲を歌った感想や本番でのエピソードなどを語ってくれました。

20190313_karaoke_001.jpg

――酒井法子さんにとって、地上波では11年ぶりとなる歌の収録。まずは、歌い終えた、今のご感想からお願いします。

「今回、こういうチャンスをいただけて、本当に心から感謝しております。実は『カラオケ★バトル』という番組の趣旨を今ひとつ分かっていないところもありましたが(笑)、高得点を狙うというより、共演者のみなさんと一緒に歌わせてもらえたことが、私にとっては何よりもうれしくて。視聴者の方たちに楽しく見ていただけるよう心を込めて歌いました。スタジオにいるみなさんも温かく盛り上げてくださったので、とても楽しい時間でした。ありがとうございます」

――番組では「碧いうさぎ」を披露されましたが、本番に向けて何か練習をしましたか?

「おかげさまで、今もディナーショーを含め歌のお仕事をやらせていただいているので、コンスタントに歌うことができています。自分のできる範囲でトレーニングをしたり、ボーカルのトレーナーさんに教えていただいたり、歌のレッスンは日常的にやっています。

ただ『碧いうさぎ』はAメロが、すごく難しくて。歌い慣れてくるとどうしても崩れてしまったりするので、それをカバーしながらどうやって高得点に結びつけていけばいいのか。そういう意識が、今朝方(本番当日)芽生えました(笑)」

――久しぶりということでプレッシャーを感じることはありましたか?

「それを感じてしまったらダメだなと思ったので、あまり考えないようにしていました。ありがたいことに歌の仕事を続けることができていたので、みなさんに聴いていただいているということを想像しながら、いつも通りに歌うよう心掛けましたが、何小節か歌ったら頭が真っ白に......気付いたら歌い終わっていました(笑)。

私はデビュー当時から緊張すると、すぐ鼻の下に汗をかいてしまうんですよ。いつも友達に笑われていたんですけど、今回も順調に汗をかきました(笑)」

20190313_karaoke_003.jpg

――「碧いうさぎ」は、1995年放送の酒井さん主演ドラマ「星の金貨」の主題歌として大ヒットしました。この曲にはどんな思い入れが?

「私にとって、なくてはならない曲。お客様も『聴きたかった』と言ってくださるので、コンサートやディナーショーでも決して外せません。今回、共演した相川(七瀬)さんの『夢見る少女じゃいられない』と『碧いうさぎ』は織田(哲郎)さんが手掛けられた曲。何かご縁があるなと思いました」

――今回は、相川さん以外も、豪華な出演者が続々登場しますが、ご共演されていたがでしたか?

「イチ観客、視聴者の目でしかも生で見られて感動して、楽しませていただきました。どれも思い出深い曲ばかり。演歌の大御所である大川栄策さん、鳥羽一郎さんが歌っていらっしゃる時の微動だにしない姿は、やはりすごいなと思いました」

――番組はカラオケマシンで採点されますが、普段はカラオケに行ったりしますか?

「家では大きな声が出せないので、カラオケルームで発声練習しています。歌を楽しみに行くというよりは、レッスンという感じですね(笑)」

――ちなみに、カラオケで『碧いうさぎ』を歌う時のコツはありますか?

「う~ん、何でしょう。それは、私も知りたいです(笑)。今回、改めて自分の歌を聴こうとiTunesで探していたら、相川さんが『碧いうさぎ』をカバーされていたことを初めて知って。すごくロックな感じでかっこいいんです。なので、歌うコツは相川さんに聞いもらっていいですか?(笑)」

久々の地上波での歌披露を無事終え、ホッとした様子で語ってくれた酒井さん。様々な経験を乗り越えた今、「碧いうさぎ」をどのように歌うのか? そして何点が出たのか? 放送をお楽しみに!

20190313_karaoke_004.jpg


THEカラオケ★バトルSP「またそれやっちゃう?ご本人は何点出せるのかSP」
放送日時:テレビ東京系 3月27日(水)夜6時55分~10時54分
出場歌手(50音順)/歌唱曲:
<相川七瀬>織田哲郎作詞作曲!大ヒットガールズロック「夢見る少女じゃいられない」(1995)
<石井明美>最高視聴率31%超え!大ヒットドラマ主題歌「CHA-CHA-CHA」(1986)
<イモ欽トリオ>視聴率100%男が送り出したヒット曲「ハイスクールララバイ」(1981)
<EPO>衝撃的な名フレーズで大ヒットした CMソング「う、ふ、ふ、ふ、」(1983)
<大川栄策>芸能人生一変!売上160万枚の爆発的大ヒットソング「さざんかの宿」(1982)
<小野正利>美しい高音ボイス!大ヒットドラマ主題歌「You're the Only...」(1992)
<葛城ユキ>チャゲ&飛鳥の飛鳥涼作詞のロングヒット「ボヘミアン 」(1983)
<堺 正章>我らがオーナーも参戦!大ヒットソロデビューシングル「さらば恋人」(1971)
<嶋 大輔>横浜銀蝿の弟分、ツッパリロックの定番曲「男の勲章 」(1982)
<田中星児>初代うたのおにいさんが歌うさわやかヒット曲「ビューティフル・サンデー」(1976)
<鳥羽一郎>海の男の大定番!紅白7度歌唱の超名曲 「兄弟船」(1982)
<なかざわけんじ(元H2O)>あだち充作品から人気爆発!「想い出がいっぱい」(1983)
<橋 幸夫>国民的スター同士、吉永小百合とのデュエットで大ヒット「いつでも夢を」(1960)
<堀内孝雄>衝撃的な名フレーズで大ヒットした「君のひとみは10000ボルト」(1978)
<松村和子>ロングヘアーと三味線でロングヒット「帰ってこいよ 」(1980)
<水木一郎>アニソン界の帝王が再び参戦!「コン・バトラーV のテーマ」(1976)
<宮路オサム>1974年最も売り上げた演歌の名曲「なみだの操 」(1973)
<諸星和己>国民的アイドル光GENJIの大ヒット曲「パラダイス銀河 」(1988)
<わらべ>「欽ドコ」の名曲が今夜復活!「もしも明日が・・・」(1983)

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

THEカラオケ★バトル

THEカラオケ★バトル

元祖・カラオケマシン採点番組「THEカラオケ★バトル」が、数々のスピンオフ企画を経て、ついにレギュラー化!!

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜7時54分

出演者

【司会】堺正章、柳原可奈子、繁田美貴(テレビ東京アナウンサー) 【ゲスト】小柳ルミ子、コロッケ、中山秀征、井森美幸、勝俣州和、北斗晶、大石絵里【歌唱ゲスト(50音順)】相川七瀬、石井明美、イモ欽トリオ、EPO、大川栄策、小野正利、葛城ユキ、酒井法子、堺 正章、嶋 大輔、田中星児、鳥羽一郎、なかざわけんじ(元 H2O)、橋 幸夫、堀内孝雄、松村和子、水木一郎、宮路オサム、諸星和己、わらべ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧