• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 駿河太郎&中村勘九郎、新宿2丁目ゲイバー通いが発覚! その時...

駿河太郎&中村勘九郎、新宿2丁目ゲイバー通いが発覚! その時鶴瓶は...

エンタメ

テレ東

2019.8.8 チマタの噺

chimata_20190808_01.jpg
【配信終了日:8月13日(火)】動画はこちら

街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。8月6日(火)の放送は、ゲストに天童よしみ&半崎美子が登場。

chimata_20190808_02.jpg
インディーズ時代から全国のショッピングモールを回り、歌声で聞く人を魅了していた歌手"ショッピングモールの歌姫"半崎。鶴瓶は半崎が作った曲『大阪恋時雨』を聞いて「これは天童さんに合う」と直感で思い、半崎と天童を引き合わせたといいます。鶴瓶のおかげでレコード会社の垣根を超えて出会った2人。天童は「鶴瓶師匠のお電話はよう忘れません」と話します。『大阪恋時雨』を聞いた天童は「ソウルバラードや!」と感動したそう。

『大阪恋時雨』は関西弁の詞ですが、書いた半崎は北海道出身。半崎の関西弁は、鶴瓶や天童が聞いても疑問に感じないほど自然とのこと。半崎は「その地その地にコンサートに行くとなんとなくそういう言葉が入ってきて、そういうインスピレーションが......」と、全国を回った経験が関西弁の詞を書くきっかけに繋がったといいます。スタジオでは半崎がアカペラで『大阪恋時雨』を披露。トークモードから歌手モードに切り替わるスピードがあまりに早かったため、鶴瓶は「歌おうと思って来たんか?」とびっくり。

chimata_20190808_03.jpg
赤羽にあるCDショップの様子を見た3人。そこでは偶然天童の付き人・あおい大輔が歌声を店内に響かせており、天童のファンも聞きに来ていました。天童ファンの女性は、なんと天童にそっくり! このファンが天童のステージを最前列で見ているときは、いつも客席がざわつくそう。

最近は、演歌歌手によるCDショップやスナックでの営業が少なくなっていると話す天童。「私は店頭で箱置いてずっと歌ってきたんです」とデビュー当時を振り返ります。半崎も活動し始めは、ライブハウスやショッピングモールへ自らデモテープを持って行き「歌わせてください」と頼んで回ったそう。始めた頃は足を止めてくれる人は誰もいなかったといいますが、続けるうちにファンが増え、半崎の歌を聴くために来てくれる人が多くなったと話します。苦労した時代をいつまでも忘れない半崎ですが、ステージに立つときに用意したケータリングが足りないとき、鶴瓶に「何か差し入れして」と連絡するそう。

chimata_20190808_04.jpg
天童の気になるチマタは、「買ってはみたけどいらなかったもの」。天童は、先日家を片付けていると箱に入ったままの湯のみがたくさん出てきたという話を始めます。どの湯のみにも「根性」「長寿の教え」「水戸黄門」などなにかしらの言葉が描かれているそう。すべてお土産店で自ら購入したものですが、使うことはないといいます。

また、地方に行く度にこけしを買ってしまう天童。つい買ってしまうそうですが、どれも同じ顔で同じ髪型。こけしも全て箱に入ったままだといいます。「天童の家にある土産ものは一体どれくらいあるのか...」と一同興味津々。

chimata_20190808_05.jpg
半崎の気になるチマタは「昔お世話になったピアニストの現在」。半崎が上京してパン屋さんに住み込みで働いていた頃に出会ったピアニスト・小島さん。初めて歌うことになったレストランで出会った小島さんに、直接「私のピアノを弾いてください」と頼み、それからずっと半崎のピアノを演奏してもらっていたのだといいます。

現在小島さんは、海老名のショッピングモールで開店当時から毎週開催されているイベントのMCをしていました。半崎との出会いや第一印象を振り返り、小島さんは、「わがままに振り回されることもあったけれど、『自分の力でできることはなんだろう?』と考えさせられることが多かった」と話します。小島さんにとっても半崎との出会いは大きなものだったと知り、半崎は嬉しそう。お金がなかったため、小島さんへのギャラとして、焼いたパンを渡していたと話します。当時、音楽や業界のことを何も知らなかったという半崎は、下積み時代、業界の偉い人に「明日覚悟して来いよ」と言われ、翌日坊主頭になって現れたそう(笑)。

chimata_20190808_06.jpg
お次は、新宿2丁目にあるゲイバーのインタビュー映像を視聴。はじめはいつもの取材でしたが、なんと店内に鶴瓶の息子・駿河太郎が登場! 大河の主役も務める歌舞伎俳優・中村勘九郎と、偶然お店に遊びに来ていたそう。しかも、たまたま2人とも同じサンダルを履いており、勘九郎は「お互いの初スキャンダルは"ゲイだった"」と笑います。鶴瓶は「なんでや......」と困惑(笑)。偶然の重なり合いに驚きを隠せません。

現在、「ネットもテレ東」で配信中です!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

チマタの噺

チマタの噺

街行く人々の、何気ない日常の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様を話のきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 深夜0時12分

出演者

笑福亭鶴瓶 

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧