• #
  • トップ
  • エンタメ
  • ディレクターの"家"に行ってみた「社会的常識が欠損!? 就職...

ディレクターの”家”に行ってみた「社会的常識が欠損!? 就職できずに迷走して芸人やってたらテレ東に拾われて...」:家、ついて行ってイイですか?

エンタメ

テレ東

2019.10.12 家、ついて行ってイイですか?(明け方)

homeii_20191012_01.jpg
終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし、それぞれの家で発見される素敵な人生ドラマを追いかける「家、ついて行ってイイですか?」(毎週水曜夜9時)。初回放送から6年目に突入。そこで「テレ東プラス」編集部は、番組を担当しているテレビ東京入社9年目を迎えた古東風太郎ディレクターの家にお邪魔。気になる古東ディレクターの人となり、私生活に迫った。

homeii_20191012_02.jpg
【古東風太郎 プロフィール】
1988年奈良県宇陀郡生まれ。B型。中学・高校時代をマレーシアで過ごし、早稲田大学を卒業。就職浪人中、1年間芸人として活動し、2011年「テレビ東京」入社。2016年公開の映画「愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話〜」で監督を務め、現在は「家、ついて行ってイイですか?」「ダイエットJAPAN」などを担当。

キッチン


homeii_20191012_03.jpg

homeii_20191012_04.jpg
個人で、激辛専門のSNSを更新するほどの激辛好き。冷蔵庫の中にはビール、チューハイのロング缶がズラリ。「メシは、インスタントの激辛ラーメンをストロング系の缶チューハイのアテにして食べることが多いですね。刺激物を刺激物で流し込むんです」(古東D 以下同)。キッチンには15種類の激辛唐辛子が勢ぞろいし、買ってきたご飯に辛味が足りないとガシガシかけてしまうそう。

「なんでこんなに激辛ってハマるんでしょうね...。ストレス発散になるだけでなく、不都合な現実を忘れて無心で食べられるからかな。ちなみに僕、お給料をもらったその月に全部使ってしまうので、給料日前は作り置きの激辛もやし炒めでしのいだりしています」。

幼少期~大学時代


homeii_20191012_05.jpg▲文字ブロックで遊ぶ、インコと遊ぶなど一人遊びして過ごすことが多かった古東D

幼少期(奈良県の田舎で暮らしていた頃)から1人でボール遊びや人形遊びをしながら自分と会話する癖があったという古東D。もともと内向的な性格だったが、父親が転勤族で転校を繰り返す度に様々なタイプの友人ができ、自分はくだらない冗談を言って友人を笑わせることが好きだと気づいたという。

homeii_20191012_06.jpg▲バレーボール・マレーシア代表チームのキャプテン時代。東南アジア大会決勝にて。「身長180cmあったのに周りがデカすぎるから小さく見えますね(笑)」

「マレーシアにいた頃は、バレーボール部の練習が終わったら夜中までバンドの練習をして、家では教材がすべて英文なので単語を一語一句調べつつ朝方まで勉強して、アマチュアながら学食のおばちゃんのドキュメンタリー制作もしていたので、早朝5時に校門が開く前から警備員の目をかいくぐり校内に忍び込んで撮影したりしていました。たぶん毎日、睡眠時間は1時間半とかだったと思います。元々、無理難題といわれることに挑戦するのが好きなタイプでした」。

"何事も寝る間も惜しんで取り組む..."古東Dの努力の根底には、ある目標が存在していた。

「学校でイジメがあったんですよ。僕はそれを見ているのがとても嫌で、"どうしたらやめさせることができるんだろう..."と考えた時、"そうか!何でも1番になってクラスの人気者になれば、やめさせることができるかもしれない"と思ったんです。それからは、スポーツ、音楽、勉強...とにかく何でも1番を目指しました。

バレーボールではマレーシアの旗を背負ってチームのキャプテンとして東南アジア大会に出たり、バンドでは色々なオーディションを受けてライブに出てはベースなのにしゃしゃり出てソロを弾きまくったり...。一度だけ、日本人のくせに英語の授業で1位を取れた時は、周り(外国人生徒)から『お前、母国語のオレたちより点取るなんてすごいな!』とビックリされて...。イジメはそう簡単には無くならなかったんですけど、友達に恵まれた僕の方からいじめられっ子に積極的に話しかけることで周りに人が集まって、結果的にその子に友達が増えたという状況を作り出すことはできたかなと思います。状況を変えたいならば誰かにお願いするだけじゃダメで、自分自身が行動して、身につけた力で変えていくしかないんです、きっと」。

帰国後は早稲田大学に入学。これまで張り詰め過ぎた反動か、大学ではお酒を飲んでは路上に倒れこむ日々。そのまま何の目標もなく就活をしたものの...。

「海外生活を経て自分本位な考え方が育ったこともあってか、当時21歳の僕は社会的な常識がひどく欠落していて...。就活の時事問題とか日本史とかまるでできなくて全オチしました(笑)。イエス・ノーをはっきり言いすぎる性格も嫌がられましたね。あの頃は自分が日本の社会に適合して働くなんて考えられませんでした」。

「どの企業も俺のことなんて欲していない...」海外では人気者だった古東Dも、日本ではただのヤバいヤツ扱い。就職をあきらめた勢いに身を任せ、芸人となって事務所に所属したものの「友人ではない人を笑わせることの難しさ」をひしひしと感じたという。

homeii_20191012_07.jpg▲テレ東入社し、芸人時代のネタを披露したことも。

年末、「M-1グランプリ」に出場してワッと湧く観客席を見渡した時、「芸人の血のにじむような努力あってのM-1だけど、そもそも、M-1そのものを作った人が一番たくさんの人を笑わせたことになるのでは?」と思うようになったそう。

「就活をやめると言ったり、芸人になると言ったり、もう一度就活する(よりによってテレビ業界を目指す)と言ったり、顔に出さなかったけど親は内心ぶったまげていたと思います。『こいつの情緒、めちゃくちゃ不安定やんけ』と(笑)」。

あまりフラフラもしていられないので、そこからは、テレビ局に的を絞って就活を再開。

「全国各地のテレビ局を受験して、なんとかテレビ東京に拾ってもらえました!」と古東D。芸人時代に叩き込まれた「先輩への口の聞き方」「大衆の前で話す度胸」「(友人だけではなく)初対面の人を笑わせる意識」が採用試験突破の後押しになったのではないかと、自身を分析してくれました。

AD時代


homeii_20191012_08.jpg

homeii_20191012_09.jpg
だが、念願のテレビ局に入社したものの、AD時代はひたすら多忙な先輩たちのスケジュール管理業務。なかなか表現する場を与えられず、悶々とする日々。「"何かを表現したい!"という欲求を満たすため、初ボーナスで買った一眼レフカメラで、睡眠時間を削ってひたすら撮影していました」。今もなお、「初心を忘れないように...」とADの頃に撮った写真を部屋に展示している。写真のセンスはなかなかのもの

homeii_20191012_10.jpg▲「テレ東音楽祭」にて。「初めて見る歌番組っぽいセットに浮かれて、後輩と撮り合いっこしていたら先輩にブチギレられました」

homeii_20191012_11_2.jpg▲制作フロアで爆睡。「深夜の制作局で僕が寝ているのは、もはやテレ東社員にとっては馴染みある光景だと思います。深夜の社食で編集しながら寝落ちしていることも多々あります」

入社5年目までは、夏がくる度「ADを抜け出すには自分の企画を通すしかないやん!」と思い立っては突然終電で江ノ島に行ったという。携帯の着信もガン無視し、真夜中の海辺でひたすら思い浮かぶままに企画書を書きまくったそう。

homeii_20191012_12.jpg▲海へ逃亡し、ひたすら企画書を作成

「結局、気づいたら浜でそのまま寝ちゃって、起きたら炎天下で全身真っ黒になってて、昼過ぎに制作フロアに帰って超怒られた...(笑)」。さすが天才風雲児、やることが違います!

ディレクターとして...


homeii_20191012_13.jpg

homeii_20191012_14.jpg
自宅のデスク周りには、いつ何時も肌身離さず持つという相棒のカメラと、「家〜」の高視聴率を讃える表彰状(※なぜか折り目付き)が...。

「今は週4日このカメラを担いでロケに出て、残った時間はMacで編集作業をしています。この表彰状は通過点でしかないですよね。『家〜』は僕が企画した番組じゃないですから。いつか先輩たちを追い抜いていかないと...。実は『家~』で最初に海外までついて行ったのは僕なんですけど、あの時は急遽、新丸子の居酒屋からNYまでついていってしまったんです。当然、海外出張申請なんか出してなくて、プロデューサーに相談したら"そんなの原則ダメだし、かかる交通費も過去一番ヤバいけど、その辺はなんとかしておく!"と若干波風立ちまして...。プレッシャーが凄かったというか、とんでもないネタに手を出してしまったなと思いました。お金のことはあまり詳しくないんで、ようわからんのですけど(笑)」。

大型特番の演出を背負ったり、映画監督としてデビューするなど徐々に責任がある仕事を任せられるようになると、"理不尽な経験もするようになった"と語る。
「自分本位な性格だったけど、一人で面白いものなど決して作れない現実を知りました。経験豊かなオトナたちに可愛がって頂き、時には味方してもらうことの重要さを学びました」としみじみ。

最後に、ディレクターとして今後の展望を語ってくれた。

「昔からですけど、転校生体質だからかアウェイな状況ほど燃えるし、"一番でありたい"なんて傲慢な野心は今でもどこか心の片隅にあるので、相変わらず"追い込みすぎ病"な生き方をしていると思います。そんな自分にしか作れないVTRって何なのか、今一度考え直しているところです。今後も守りに入らず自分の感覚を信じてロケに飛び出したい。"そんな展開ありかよ!"って視聴者の方々を驚かせられる予定調和じゃない番組を作っていきたいですね。あっ、あと貯金が1円もないので...これからは家庭も持ちたいですし、節約の鬼になります。オシャレなBARでスパークリングワインなど飲まずに、新橋のガード下でストロングゼロ片手に友達と散歩します(笑)」。

31歳・古東風太郎ディレクターの挑戦はまだまだ続く。

homeii_20191012_15.jpg
古東ディレクターのエピソードや、番組裏話が満載の「テレビ東京まるごとBOOK」を、10月12日(土)から、東京・神奈川の「ブックオフ」で無料配布いたします。
(在庫が無くなり次第終了とさせていただきます)

そして次回10月16日(水)夜9時放送! 「家、ついて行ってイイですか?」の内容は...。

homeii_20191012_16.jpg
ゲストは、ドラマホリック!「死役所」(10月16日水曜深夜0時12分)に主演する松岡昌宏が登場! 賀喜遥香(乃木坂46)も!

▽妻を末期がんで亡くした50代男性...妻が生きていた時のモノを残していたい!家中、妻の物で溢れる家。妻が残したおせち料理のレシピとは?

▽生鮮スーパーの詰め放題大好き!70代女性...毎月開催される詰め放題は絶対に行く!お母さんが作る絶品激安かき揚げを紹介

▽フランス料理店で働く40代半ば男性料理人...数年前にがんを発症し、治療費で数百万円を失うが...それでも夢を諦めない!

▽小学生の頃から親友の20代男性2人組...親友が作るある物で出汁をとった激ウマ料理を食べて感動!

番組をどうぞお楽しみに!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行き、それぞれの家で発見される素敵な人生ドラマを追いかけます。「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」は、毎週月曜 深夜3時55分

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜9時

出演者

ビビる大木、矢作兼、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧