• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 身体につけないと不安!? 嘘泣きあり恋愛疑惑ありのアブない体...

身体につけないと不安!? 嘘泣きあり恋愛疑惑ありのアブない体育祭開催!:青春高校3年C組

エンタメ

テレ東

2019.10.15 青春高校3年C組

3c_20191015_01.jpg
「もっと青春を謳歌したい!」という生徒たちを募集し、お届けしている「青春高校3年C組」(毎週月曜~金曜夕方5時30分~)。ここではオンエアした内容を紹介。

今週は「青春高校体育祭WEEK」。生徒たちが己のプライドをかけ、ひたむきに真剣勝負に臨む。司会は水曜担任の三四郎、小宮浩信と相田周二。進行を務めるのは池谷実悠アナ、実況は原田修佑アナ。

3c_20191015_02.jpg
赤組、青組、黄組に分かれて行われる体育祭。赤組リーダーはチャーリー(エゼマタ健太チャールズ)、青組リーダーは河野(紳之介)くん、黄組リーダーは田中(柊斗)くん。「僕たち、私たちはスポーツマンシップにのっとり」(日比野芽奈さん)「正々堂々と戦うことを誓い」(河野くん)「ます」(田中くん)と、少しおどけた選手宣誓で体育祭は開幕。

ちなみに昨年は中井(りか)先生が進行役だったが、今年は新人の池谷アナが代わりに進行を務めると聞いて、男子生徒は「カワイイ」とテンション上がりまくり。

3c_20191015_03.jpg
第1種目は「男女別80mハードル走」。1位は7ポイント(以下、P)、2位は5P、3位は3P、4位は1P、5位は0Pとなる。1レース目にエントリーする赤組・日比野さんが「去年、前髪を気にしてビリだったんで、気にせずに1位とります」と宣言すると。赤組・マーガリンこと大曲(李佳)さんも「めっちゃ本気でがんばります」と2人ともやる気満々。一方、「前川は足の速さはあれなんですけど、足上がるんで、これでハードルを飛び越えます」と青組・前川(歌音)さん。

3c_20191015_04.jpg
同じく青組の兼行(凜)さんは「兼行はハードル苦手なんですけど、必死にがんばりたいと思います」と決意表明。ここで相田先生が「それではスタートの準備お願いします」と言うと、「ちょっと待ってくださ~い」と大きな声が。そう、無視されたのは黄組からエントリーした女鹿(椰子)ちゃん。「選抜に負けるか~!」と、こちらも違った意味でもやる気に満ちている。最近、キャラに迷走し、関西弁まで飛び出すこともある女鹿ちゃんは、ほかのメンバーを蹴散らすことができるのか!?

「位置について。用意...ドーン」という合図とともに。勢いよく飛び出したのは兼行さん。

3c_20191015_05.jpg
そのまま兼行さんがトップを維持してゴール!

3c_20191015_06.jpg
「やった~!」と両手を挙げて喜ぶ兼行さんだが、一方で「すいません」と言って涙を浮かべる女鹿ちゃん。

「すみません、選抜に勝つとか言ったのに」と泣き出した女鹿ちゃんに、みんな大慌て。だが、「ちょっと確認しま~す」と言って川谷(花音)さんが女鹿ちゃんに近づくと「あ、(涙)出てません」とウソ泣きであることが発覚したのだった。

3c_20191015_07.jpg
続いては個性強めの男子対決。「絶対、1位でゴールするんでみゆパン(池谷アナ)待っててね」とアピールする青組・出口(晴臣)くん。池谷アナからも「がんばれ~」と応援され、「ありがとう」とうれしそう。スタートとともに、5人はほぼ横並び。しかし途中、浅井(優平)くんがハードルに引っ掛かり転倒!

3c_20191015_08.jpg
出口くんが宣言通り、1位を獲り「みゆパンのために走りました」とニッコリ。

3c_20191015_09.jpg
3レース目はキャラ濃い系女子の対決。

「赤組と黄組に負けたくないんですけど、ハードルの跳び方がわからないです」と言うのは青組・齋藤(有紗)さん。また「(ハードル走は)唯一のNGです」という黄組のトーマス(大下美瑠)に小宮先生は「切れ味がなくなったな」とポツリ。スタートとともに林(優菜)さんがダッシュを決める一方で、齋藤さんとトーマスは、ハードルをまたぐだけで、ほぼ走ってない状態。

3c_20191015_10.jpg
ボールドウィン(零)と林さんは最後まで競ったが、林さんが1位を獲得した。1位から約15秒も遅れてゴールしたトーマスは「ホントに(ハードルは)唯一のNGなんです」と言うと、小宮先生が「最近なんかね、全然切れ味がなくなった」と再びダメ出し。

3c_20191015_11.jpg
ここで兎遊さんが「乙女になってる」と言うと、トーマスに恋疑惑が!? 「してないしてない、ホントにしてない」と必死に否定するトーマスだった。

3c_20191015_12.jpg
お次は運動神経未知数女子対決。スタートダッシュを決めたのは赤組・もっちーこと持田優奈さんだったが、なぜかメガホン片手に猛追する黄組・るちゃこと(西村瑠香)さん。

3c_20191015_13.jpg
最後はギリギリで西村さんが1位。圧倒的な最下位となった赤組・宮本(ひなの)さんは泣きながらゴール。ちなみに1位のるちゃがメガホンを持って走ったのは「なんか身体につけたくて」と意味のわからない理由だった。

3c_20191015_14.jpg
80メートルハードル、最後は青春高校最速王対決。

各チームのリーダーと運動神経抜群の青組・森田(泰平)くんが競う。昨年の体育祭では脅威の速さを見せた赤組・チャーリー。「カッコイイ男の子は2種類に分かれます」と語り出したのは黄組・田中くん。「腕相撲が強いやつと、足が速い男だ~!」と言うも「そんなことはないと思うけどな」と女生徒からは微妙な声が。

いよいよスタート。森田くんと田中くんが1位を争い、最初にゴールに飛び込んだのは田中くん!

3c_20191015_15.jpg
黄組メンバーは大喜び。「こう見えて高校3年間、陸上部なんで」と、誰もが納得の速さを見せつけた。

ビリになった河野くんは「青はケガなしで、安全第一でやっていくつもりなんで」と言うも、青組メンバーからはブーイングの嵐。「ダセ~ぞ、リーダー」という声に「優しくしろ、俺にも」と河野くん。ここまでの得点は赤組32P、青組35P、黄組26Pで青組のトップ。

3c_20191015_16.jpg
そして第2種目目は「ぐるぐるバット ビーチフラッグ対決」。バットにおでこをつけて10回転し、15m先のフラッグをゲットすれば10P獲得となる。最初の対決は赤組・林さん、青組・齋藤さん、黄組・頓知気(さきな)ちゃんの3期生女子対決。すると相田先生が「頓知気ちゃん、がんばって!」と応援。林さんや齋藤さんから「ずるい」という声が。合図とともにぐるぐる回り始め、回り終えたタイミングは林さんと頓知気さんが一緒だったが、頓知気さんはあらぬ方向へ。

結局、フラッグを見事ゲットしたのは林さんだった。競技を終えた頓知気ちゃんに感想を聞くと「回ってる間に、たぶん、こういう体勢あんまり普段しないので、ここら辺と股関節がいかれちまって」とのこと。「あっちに医務室あるから診てもらわないと」と、どこまでも頓知気ちゃんびいきの相田先生に女子生徒から「甘いな」と厳しい声も。

3c_20191015_17.jpg
続いて青組・河野くんと赤組・浅井くん、黄組・藤原(侑也)くんの対決で1位を獲ったのは河野くん。青組・前川さん、赤組・大曲さん、黄組・西村さんの対決では前川さんが圧勝。赤組・別所(匠)くん、青組・出口くん、黄組・本多(睦)くんの対決では本多くんが勝利をもぎとった。

3c_20191015_18.jpg
そしてラスト。赤組・もっちー、青組・おばちゃん(宇都木彩乃)、黄組・川谷さんの対決で最初にフラッグをつかんだのは川谷さんだった。

終わった後、「なんか突っ込んできたんですよね」と、もっちー。おばちゃんが何度もぶつかったため、もっちーは転倒してしまったのだ。「私も行きたかったのに、もっちーがずっといるから進めなかったんです」と言いわけをするおばちゃんだった。

3c_20191015_19.jpg
2種目終えた現在の得点結果がこちら。

しかし闘いは始まったばかり。明日の種目は「目隠し行進」と超ハードな「大玉相撲」。毎週月曜から金曜夕方5時30分から始まる「青春高校3年C組」を、どうぞお楽しみに!

2019年1月から、無料動画配信サービス「LINE LIVE」では、「青春高校3年C組」を地上波と同時配信!
生配信

さらに放送当日夜10時より、直前のプレトークやLINE LIVEでしか観られない放課後トークも含めた完全版を青春高校3年C組公式チャンネルにて配信!
完全版配信

友達登録をしていただくと、番組開始と同時に「LINEアプリ」からお知らせが届きます。

※配信時間は変更になる可能性がございます。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

青春高校3年C組

青春高校3年C組

秋元康とテレビ東京が夕方5時半に学校をつくります! 毎週月曜から金曜の夕方5時30分から生放送!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夕方5時30分 生放送

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧