• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 「素手で握ってほしい...」。成田凌と鶴瓶が虜になった肉巻き...

「素手で握ってほしい...」。成田凌と鶴瓶が虜になった肉巻きおにぎりを振る舞う女優K:チマタの噺

エンタメ

テレ東

2019.12.19 チマタの噺

街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。12月17日(火)の放送は、ゲストに成田凌が登場。

chimata_20191219_01.jpg
【配信終了:12月24日(火)】動画はこちら

2014年にデビューし、今最も注目を集める実力派若手俳優の成田凌。

絶賛公開中の初主演作「カツベン!」では、サイレント映画を上映中に傍らでその内容を解説する「活動弁士(かつどうべんし)」を夢見る若き青年を熱演した。

「演じるために半年くらい練習しました。活弁士の滑舌って、普通の芝居の稽古と全然違うんです。映画とかの台詞はすぐ忘れてしまうけど、活弁の台詞は時間が経っても覚えてる」という成田に対し、「落語も一緒で、稽古したものはずっと忘れない。普通の芝居の台詞は瞬間的に覚えて消えた方がええねん。あんなもんずっと覚えてたら頭おかしなるで!どんどん次のもの覚えんと」と鶴瓶がアドバイス。

井上真央や竹内豊をはじめ、豪華な共演者が脇を固めてくれたと話す成田は「映画の中で、派手にすっ転んだり、子どもにすねを蹴られて痛がったり...そんな滅多に見られない竹内さんの姿に僕もビックリしました。舞台挨拶の時、みんな主演張れるような人たちが僕を中心にズラーっと並んで...もう、何もしなくてもそこに立ってればどうにかしてくれる、そんなキャスト陣でした」と恐縮しきり。

chimata_20191219_02.jpg
そんな共演者の中でもひときわ輝きを放っていたというのが、ヒロインの黒島結菜。

「とにかく綺麗で可愛くて...ちょっと好きですもん、僕」と告白する成田に、「俺も好きやねん!こないだA-Studioに来たけど、めちゃめちゃ可愛らしい」と鶴瓶も絶賛。

「黒島結菜は映画の中と普段の姿が全然違うのが魅力的。挨拶に来た時とか、華やかでも地味でもない普通の子っていうイメージ。でもひとたび画面に映ると、昔の銀幕の世界の、八千草薫さんとか吉永小百合さんに通じる清純さがある」とまくし立てる鶴瓶に「おばあさんになってもずっと綺麗だろうなって。黒島が無声映画に登場するシーンがあるんですけど、真っ白におしろい塗って画面に映った姿を見て、あまりの綺麗さにビックリして...ほんと好きです!」と譲らない成田。

あまりのメロメロっぷりに「アカン!そんなん言ったらYahoo!ニュースに載るで!」と鶴瓶が心配すると、「そうだ、黒島のマネージャーさんすっごい怖いんですよ...ヤバい、怒られる」と急に意気消沈(笑)。

chimata_20191219_03.jpg
そんな成田の気になるチマタは「撮影時に通った居酒屋の店主の家」。

「"カツベン!"のロケで滋賀県に行った時にほぼ毎日行ってた居酒屋があって、そこの大将と仲良くなったんですけど、"今度、家に遊びに来いよ!船持ってるから釣りしよう"って言ってもらった記憶があって。ただ、すごく酔っていたので記憶が曖昧で、急に行くのもあれだし...」という成田に代わり、スタッフが下見に伺ってきた。

成田が通っていた居酒屋「おはな」の大将、久田善浩さん(59)の家は琵琶湖の中の沖島。
沖島の山の木を使って建てられた築45年の家に、現役漁師のご両親と一緒に暮らしているそう。

「釣りの約束...? たしか凌くんが船舶免許を取りたいって言うから、船に乗せてあげるって話だった気がする。最初に来た時は結構酔っ払ってて、誕生日の時はケーキでお祝いしてあげた。この店でそんなことしたの、凌くんが初めてちゃうかな。いつになるかわからんけど、遊びに来てください」と、善浩さんからVTRでメッセージを受け取った成田。

「ロケ先での出会いって本当に良いですよね。この"おはな"の上にフィリピンパブがあって、高良健吾さんと行きました。フィリピンパブって初めて行ったんですけど、僕らのことをまったく知らないお姉さんたちがグイグイ来るのに圧倒されちゃって(笑)。あとは地方のスナックに1人で行くのが好きなんですけど、スナックって外から中が見えないから、ドアに耳を当てて中の音を聴くんです。それで、"よし!"って決意して入るんですけど、だいたいハズレが無い」という成田に鶴瓶も共感。

chimata_20191219_04.jpg
「黒島結菜ちゃん、友達と旅行に行く時に肉巻きおにぎり作って来てくれんねんて」と、とっておきの情報を成田に教える鶴瓶。

「おにぎり作ってくれるんですか!?」とまたもメロメロになる成田ですが、本来は人の握ったおにぎりを食べるのは苦手なんだそう。「でも黒島には素手で握ってほしい...。あと、鶴瓶さんの握ったおにぎりなら食べれます!」と言う成田に鶴瓶は「アホか!俺は自分の握ったおにぎり食われへん、こんな汚い手で握ったもん」と爆笑。

「おにぎりの形が下手であればあるほど良いですね。仕事が朝早い時、一緒に起きてくれて、おにぎり握ってくれて渡されたりしたら...めちゃくちゃ頑張れます!」と妄想を爆発させる成田に「何を言うとんねん!」と制する鶴瓶。終始、黒島結菜にメロメロな2人なのでした。

この放送は現在「ネットもテレ東」で配信中です!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

チマタの噺

チマタの噺

街行く人々の、何気ない日常の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様を話のきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 深夜0時12分

出演者

笑福亭鶴瓶

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧