• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 「目が笑ってない...こいつもっと性格悪くて、もっと闇がある...

「目が笑ってない...こいつもっと性格悪くて、もっと闇があるはず」麒麟・川島の本質を見抜いた人物とは?:あちこちオードリー

エンタメ

テレ東

2020.8.2 あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~

achikochi_20200802_01.jpg【配信終了:2020年8月11日(火)】動画はこちら

普段は言わないことも、ついしゃべっちゃう! オードリー春日俊彰の店で、常連客の若林正恭と、今注目の有名人をゲストに迎えて送るぶっちゃけトーク番組「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(毎週火曜深夜1時30分放送)。

7月28日(火)の放送は、前週に引き続き"芸の幅広めな"川島明(麒麟)、市川紗椰の2人が来店し、多趣味な市川の謎すぎるこだわりや、川島の「じゃない方芸人」から脱却した道のりなどを語った。

相撲、電車、アニメ...多趣味な市川がハマったハンバーグ


多趣味を活かし様々な番組で活躍している市川。

achikochi_20200802_02.jpg
相撲好きで知られるが、他のスポーツは観ないそうで、特に球技は「ちょっとだけ意味がわかってないです(笑)」と。

achikochi_20200802_03.jpg
サッカーW杯の試合を見たものの、「1時間半走り回って1-0とか、ちょっと薄いかなって......」と、得点に動きのあるアメフトやバスケなどと比べると物足りないのだという。

大好きな相撲については、最初は「現代離れしているところが魅力的」とビジュアルから入り、観戦するようになってからは「シンプルだからこそ奥深さがある」とハマっていったのだそう。

achikochi_20200802_04.jpg
また、電車好きは物心ついた頃からで、アメリカで生活していたときも日本に遊びに来る度、新鮮な気持ちで鉄道を見られるのが楽しみだったという。中でも、性能やデザイン性などが「走っている地域の特色を色濃く現わしている」特急が好きだと、電車愛を語った。

さらに一時期ハンバーグにハマっていたそうで、400軒くらいのハンバーグ店を巡ったことも。ハンバーグは、どのお店でも家庭でも、ある程度美味しいため「標準が高いハンバーグの1位は、すごいんじゃないか」という仮説のもと、全国を食べ歩いたという。

achikochi_20200802_05.jpg
1位を探す旅の末、春日に「1位は見つかったか?」と問われた市川は、「1位とかないですね」と返答。思わず春日が「ないんかい!」と突っ込むと、若林が「お前ダサい」と制す。

achikochi_20200802_06.jpg
実は、若林はかつて漬けマグロにハマった経験があり、それぞれに良さがあり、ちょっとした違いが楽しいという市川の気持ちがわかるのだという。ここで川島が「1位は?」と訊ねたところ、「それはダサい質問」と若林。

achikochi_20200802_07.jpg
さらに「めちゃめちゃセンスないです」と続け、センスの塊の川島が、まさかの"春日状態"!?

初恋はヒシアマゾン!? 川島の一番の趣味は競馬


同様に、漫画やゲームなど趣味の多い川島だが、一番時間を費やした趣味は「ダントツで競馬」とのこと。

15歳の時、引退試合で勝利した有馬記念でのトウカイテイオーをたまたまテレビで観て、感動で涙する人々の姿に「競馬はギャンブルじゃないのかスポーツなのか」と感じ、競馬ファンに。学校で競馬新聞を作り、さも自分が調教したかのようなコラムなどを書いていたそう。

初めて生で観た牝馬ヒシアマゾンに一目惚れした川島は、同級生が広末涼子や奥菜恵、モーニング娘。らのポスターを部屋に飾るなか、ヒシアマゾンのポスターを部屋中に貼っていたそうで、「初恋の人ですね」と振り返る。

achikochi_20200802_08.jpg
15歳からずっと競馬を見てきた川島。若林が「一番好きな馬って?」と問うと、川島は「若林、ダサいね」とここぞとばかりに仕返しを。

コンビの"じゃない方"の苦悩と脱却のきっかけ


川島が「じゃない方芸人」から脱却するきっかけについてのトークも。
2008年、相方・田村裕の著書「ホームレス中学生」が大ベストセラーとなり、テレビの収録に付き添いというキャラで出演していた川島。ピンマイクもつけてもらえず、「で、川島何しに来たん?」と言われるためだけの役だったという。

常に準備をして、番組に臨んでいた川島は「ずっと弾持ってんだけど、振られない」というジレンマにかられて、ピンネタライブを開催。その後「R-1ぐらんぷり2010」で決勝進出したことにより、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にも定期的に出演するように。

achikochi_20200802_09.jpg
分岐点となったのは「アメトーーク!」の名物企画「プレゼン大会」。川島がプレゼンした2つの企画が視聴者から1位、2位の投票数を得たことで、番組側からも認めてもらえたそう。

そこから、なんでも器用にこなす川島を見て、「目が笑ってない。こいつもっと性格悪くて、もっと闇があるはず」と見抜いてオファーしてきたのが、当番組も担当する佐久間宣行プロデューサー。

achikochi_20200802_10.jpg
佐久間Pは、川島と博多大吉が他の番組で上品に振る舞っている姿を見て、「目の奥が笑ってない。真っ黒な闇属性の2人だから」と、「上品芸人ハメ外しクラブ」を企画。

achikochi_20200802_11.jpg
「いつも我慢していること、バーンと言うてください」と言われた川島が、そこで爆発したため、過激な番組にも呼んでもらえるようになったそうだ。

その他、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)にて、若林が「変態をバカにしているのか?」とタモリから怒られたエピソードや、川島が朝ドラ「なつぞら」(NHK総合)に出演した際、主演の広瀬すずから受けたサプライズなど、貴重なトークが目白押し。この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!

次回8月4日(火)深夜1時30分からの放送は、東京03とバカリズムの2組が来店。長年の付き合いとなる2組の過去をオードリーが掘り下げる。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~

あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~

オードリー春日が大将となり店をオープン!常連客の若林、そして今注目の有名人をゲストに迎え、本音トークを展開!盛り上がること間違いなしの、ぶっちゃけトーク番組!

放送日時:テレビ東京系 毎週火曜 深夜1時30分

出演者

【MC】オードリー(若林正恭、春日俊彰)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧