• #
  • トップ
  • エンタメ
  • <作曲家・筒美京平さん追悼>武田鉄矢「昭和歌謡のレジェンドと...

<作曲家・筒美京平さん追悼>武田鉄矢「昭和歌謡のレジェンドとして、残さなければならない日本の宝」:武田鉄矢の昭和は輝いていた

エンタメ

BSテレ東

2020.10.15

BSテレ東では、10月7日に亡くなられた作曲家の筒美京平さんを追悼して、「武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・筒美京平」(2015年11月25日放送)を、10月16日(金)夜8時から再放送します。

番組では、筒美京平さんが作ったヒット曲と共に昭和歌謡史を振り返りながら、2600曲もの作品を生み出した筒美さんの素顔と魅力に迫ります。さらにゲストの野口五郎が、ヒット曲に隠されたエピソードを語るほか、太田裕美が「木綿のハンカチーフ」作曲秘話などを明かします。

showa_20201015_01.jpg

showa_20201015_02.jpg
【武田鉄矢 コメント】
「私はフォークシンガーとして芸能界入ったので、歌謡界にいる人たちに関しては"異世界の人たち"であると...しかもちょっと言葉を激しく言いますと、敵(かたき)であると。彼らを打倒するような歌を作らなければならないという想いがありました。しかしある年齢に達しますと、その当時、歌謡界にいた方たちが残された仕事のすごさがだんだん身に染みてくるんですね。

筒美さんは、息を飲むしかない才能をお持ちの方。誠に残念なことに、どこかでお会いする、仕事について語り合う、という機会には恵まれませんでしたが、心からご冥福をお祈りするとともに、筒美さんが持っていらっしゃった音楽的センスのすごさを重々感じております。昭和歌謡の伝説として、残さなければならない日本の宝だと思っております」

【橋本かおりプロデューサー コメント】
「昭和歌謡を牽引してきたヒットメーカーの筒美京平さん、ご冥福をお祈り致します。番組では、その天才ぶりを掘り下げました。筒美さんなしではJポップを語れません。そのメロディは、永遠に輝き続けるに違いありません」

【番組名】武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・筒美京平
【放送日時】2020年10月16日(金)夜8時~夜8時54分
【放送局】BSテレ東(BS⑦ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch)
【内容】
誰もが一度は聴いたことのある昭和のヒット曲の数々を生み出した作曲家・筒美京平。ヒット曲と共に、筒美が作った昭和歌謡史を振り返りながら、その魅力に迫る。

作曲家「筒美京平」。幼い頃からピアノを始め、小学1年生の時には作曲をしていたという。作品は2600曲を超え、日本人の作曲家では歴代セールスNo.1を誇る。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」「また逢う日まで」「わたしの彼は左きき」など、誰もが一度は聴いたことのある昭和のヒット曲の数々。スタジオでは、ゲストの野口五郎のヒット曲に隠されたエピソードや、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」作曲秘話などが明かされる。

多くのヒット曲を世に送り出しながら、その素顔はあまり知られていない。筒美の楽曲を多く歌ってきた、ゲストが語るその素顔とは?

ヒット曲と共に、筒美京平が作った昭和歌謡史を振り返りながら、その魅力に迫る。

出演者
【司会】武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】野口五郎、太田裕美

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧