• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 日本発祥スイーツ命のYOUが夢に初挑戦! ケーキに使った意外...

日本発祥スイーツ命のYOUが夢に初挑戦! ケーキに使った意外な食材&出品したコンテストの結果は!?:YOUは何しに日本へ?

エンタメ

テレ東

2020.11.23 Youは何しに日本へ?

日本を訪れる外国人たちを、空港や全国の市町村で勝手に出迎えてアポなしインタビュー!そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(毎週月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「はやく来い!来い!クリスマスが待ちきれないYOU SP」。パリピなYOUたちが続々登場する95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

you_20201123_image01.jpg
空港を飛び出し、日本全国の市町村で面白そうなYOUを捜索する「出張YOU」!

今回の出張先は、茨城県水戸市。ここは水戸黄門こと徳川光圀生誕の地で、毎年約3,000本の梅が咲く「偕楽園」は日本三大名園のひとつだ。そして水戸の名物といえば、やっぱり水戸納豆! 明治時代に江戸で流行した納豆を販売して有名になった史実があり、水戸市のマスコットキャラは納豆をモチーフにした「みとちゃん」。

この人口約27万人の県庁所在地で暮らすYOUは約3,700人。いったいどんなYOUが見つかるのかな?

you_20201123_image02.jpg
YOUを探しているうちに、納豆工場を発見! 工場スタッフさんに情報を求めると、もしかして「納豆スイーツコンテスト」にYOUからも応募があったかも...と教えてくれた。

この情報を頼りに主催の水戸商工会議所を訪ねたところ、親切な職員さんが調べてくださることに。すると153人の応募者の中に、1人だけ「フランチェスカ」という名前の方が。電話で問い合わせてもらうと、やっぱりイタリア出身の女性だと判明!

そもそもこの「納豆スイーツコンテスト」とは?

じつは、水戸市の納豆消費量は全国2位。1位の福島市を抜いてなかなかトップになれないので、消費を促すためにいろいろな食べ方を広めようと、3年前に始まったイベントがこのコンテストなのだ。

you_20201123_image03.jpg
さっそく、紹介していただいたフランチェスカさんを訪ねると、とても笑顔が素敵な女性が登場。

コンテストに応募したのは、デザート作りが大好きで、「納豆スイーツを作るのも面白いな」と思ったから。

じゃ、応募したのはどんなスイーツなのか、気になってレシピ帳も拝見すると、失敗を経て進化した魅力的な納豆タルトのイラストが! すでに応募済みなので、1~2週間後に結果が出るまで待機しているという。実物を見られなくてへこんでいると、「作りましょう!」と言ってもらえたので、感謝感謝で密着決定!

you_20201123_image04.jpg
その前にやってきたのは、地元で人気の「パティスリーKOSAI」。4年前にイタリアで行われたスイーツ界のワールドカップでは、シェフの笠原さんが日本代表として出場し、5位に入賞を果たした実力店だ。フランチェスカさんはここで、ケーキを6個も爆買い!

そもそも2年前、日本のアニメが好きで来日したそうだが、結果、どハマりしたのは日本のスイーツだった。

母国では日本スタイルの洋風スイーツを食べられなかったので、来日して初めて口にしたときの感想は「これはお菓子か! 面白いな」。そこで、もっと知りたくなったのだそう。

you_20201123_image05.jpg
ここで、日本発祥の代表的なスイーツを紹介しよう。まずはショートケーキ。これは、大正時代に「不二家」の創業者・藤井林右衛門氏が渡米した際、ビスケット生地のケーキをヒントに考案したのが発祥で、1922年に発売。モンブランも日本発祥で、ヨーロッパ最高峰の山に感動した迫田千万億(ちまお)氏が、「東京自由が丘モンブラン」で1933年に発売した。

これらのスイーツたちに魅せられ、日本全国の13都道府県で食べ歩くこと100種以上! 半年前に物価の安い水戸に移住したのも、生活費の節約のためだ。しかもフランチェスカさんには、「デザートのない人生は考えられないので、将来、自分の店を持つことを考えています」という夢も!

you_20201123_image06.jpg
そのため、オリジナルレシピを考えようと思っていたところ、「納豆スイーツコンテスト」の開催を知ることに。日本でスイーツ店を開く夢の第一歩に、コンテストへの応募を決意したのだった。

you_20201123_image07.jpg
いよいよ応募済みの納豆スイーツを再現してもらうため、まずは食材の買い出しへ。

向かったのは納豆専門店「だるま納豆」。でも、納豆を買うのかと思いきや、いらないと言う。代わりにゲットしたものは、干し納豆(豆納豆に塩を加えて干した伝統的な珍味)。ネバネバしないので食べやすく、食感もカリッと硬めでスイーツとの相性が良いのだそう。

you_20201123_image08.jpg
帰宅すると、さっそく干し納豆・小麦・卵・バターで生地作りを始めた。コネコネ練ったあと、「これから焼きましょう」と言ってなぜか家の外へ。いったいどこで焼くの?

you_20201123_image09.jpg
到着したのは、地元でウワサのオーストラリア料理店。じつはお店のご主人はオーストラリア出身で、日本在住歴も24年。彼女はここでシェフとして働いているのだ。職場の厨房で納豆生地を型に入れ、店のオーブンへイン!

you_20201123_image10.jpg
10分後にタルト生地が焼き上がったら、カスタードをたっぷりと敷き詰め、カットした桃を円型に加える。柔らかい桃は、硬い干し納豆と食感や味が合うんだって。敷き詰めた桃の上にさらに小麦粉と合わせた納豆生地をまぶして、約20分焼いたらできあがり。美味しそう~!

さて、気になるお味は...?

you_20201123_image11.jpg
Dも試食させてもらい、「納豆の塩気がちょっと効いてて、スゴく合ってます」と絶賛♡ 店長ご夫婦にも納豆とフルーツの意外なコラボが好評で、2021年1月から店内で発売される運びに。採用やったね!

そして10日後、ついに結果発表のときが。厳選な審査の結果はいかに!?

you_20201123_image12.jpg
応募総数153人。最優秀ゴールド賞が3人決まったということだが...。フランチェスカさんは残念ながら賞を逃してしまった。

・・・と思いきや、創意工夫が認められ、審査員特別賞を獲ることができたとのこと。おめでとう! これからも夢に向かってがんばって!!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

Youは何しに日本へ?

Youは何しに日本へ?

超オモシロ外国人を100%ガチンコ直撃&密着!! 今、注目のドキュメントバラエティ。新コーナーも続々!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜6時25分

出演者

バナナマン

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧