• #
  • トップ
  • エンタメ
  • セクシー女優・紗倉まなの母、高専時代の親友が登場「今回初めて...

セクシー女優・紗倉まなの母、高専時代の親友が登場「今回初めて2人の思いを知ったけど、”そりゃそうだよね...”と納得がいくことの方が多かった」:同級生、のちセクシー女優

エンタメ

テレ東

2021.3.22

セクシー女優と聞いて、あなたは何を連想するだろうか? この番組を観たら、もしかするとアダルト業界、そして彼女たちに対するイメージが変わるかもしれない...。

3月30日(火)深夜0時30分からは「同級生、のちセクシー女優」を放送! リポーターの大島麻衣が、10年に渡り、トップセクシー女優として君臨する紗倉まなと共に、紗倉の聖地を巡る女子旅へ。18歳でAVデビューした紗倉は、セクシー女優として活動を続けるほか、2015年にはエッセイ「高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職」を執筆。2016年には「最低。」で小説家デビューを果たし、2020年には、高齢者、そして母親の性をテーマにした「春、死なん」を執筆し、話題に。番組では、エッセイで紗倉が綴っていた場所や、自身が通った高専などを巡り、ロケ先には高専時代の親友や母親がテレビ初登場。エッセイでは明かされなかった紗倉の、そして彼女を取り巻く周囲の本音を紐解いていく。

sexyjoyu_20210322_01.jpg
「テレ東プラス」は、紗倉が母と通った思い出の店「天久」で行われたロケに完全密着。この日、紗倉は一足早くお店に到着していた母を発見するや否や、「雨大丈夫だった?」(※この日は土砂降り)と優しい気づかいを見せる。お母さんもまた、トイレから出てきた紗倉の手に消毒スプレーをシュッシュと吹きかけてあげるなどし、随所で娘を労る様子が垣間見られたのが印象的だった。

sexyjoyu_20210322_02.jpg
リポーターの大島が「今回なぜ登場してくれたのか...」と聞くと、紗倉の母は「娘の活動の役に立てるなら協力したいと思った」と母としての心情をありのままに語る。幼少期の貴重なエピソード、娘がAV女優を目指していると知ったときの心情、そして、今娘に想うことなど...母としての思いを赤裸々に吐露。「娘は止めてもきかないと思った。今だからこそ話せる...」お母さんの言葉ひとつひとつに多くの母親は共感するかもしれない、そんなことを感じさせるロケだった。

記者はロケ終了後の紗倉を直撃。40分にわたるインタビューを行った。紗倉のコメントを前後編にわたって紹介する。

sexyjoyu_20210322_03.jpg

さきちゃんは、私がAV女優になり、学校で特定された後、私が知らないところでみんなが騒いでいるのを一番間近で見ていた人


――紗倉さんのお母様は実に聡明でお話が面白い方ですね。トークのテーマ的に重い部分はあったものの、お母様のワードセンスと笑いのエッセンスが魔法のように空気を変えてしまうといいますか...。またその一方で、主観ではありますが、同じ母親としてどこか心情を重ねて見てしまうようなシーンもあり、考えさせられることが多いロケでした。紗倉さんは今日のロケを経て、どのようなことを感じましたか?

「母も友人のさきちゃんも、普段会わないわけではないですし、比較的話す間柄ではありますが、今日はロケを通して初めて知ることばかりでした。改めて2人の思いを聞くというのは初めてだったので...。でも、2人に対して"えっ?"と思うようなことはなく、結構どれも納得がいくというか..."そりゃそうだよね"と頷けることが多かったです。さきちゃんは、私がAV女優になり、学校が特定された後、私の知らないところでみんなが騒いでいるのを一番間近で見ていた人。番組で明かされますが、私も今回初めて、その時の経緯を知りました。

さきちゃんと母に共通していたのは"見守り型"であること。余計なことは言わないけど、かといって100%すぐに理解してくれるわけでもなく、『うん、わかった。頑張ってね』と明らかに応援するスタイルでもない。その場では黙ってぐっと飲み込んでくれて、時間の経過とともにどんどん理解してくれるようになったというか...。だから、すぐに賛成とかすぐに応援という形ではなく、きっと一度はつまずくし、"なんで?"と葛藤する段階があって、それを2人が乗り越えて、今の関係性にまで歩み寄ってくれたんだなと理解しています。私から歩み寄る努力はあまりしてこなかったし、"意外とみんな寛容だな"くらいの感じだったんですけど、実際はもちろん、そんな簡単なことではなかった。そのことを、今回改めて知ることができたのは良かったです。励まされた部分も多かったし、ありがたいと思いました」

――特にお母様は、今に至るまでとても大きな葛藤を乗り越えてきたんだろうなと想像します。

「たぶん、ここに至るまでは相当難しかったと思います。やっぱり母親は一番の身内であり一番近い女性、そしてさきちゃんも同じくらい身近な存在だったので...。今思い出したんですけど、実はAVを始めて、それが周りに知られた時、友人が『バーベキューに来ない?』と誘ってくれたことがあったんですよ。でも日程が近づいても一向に連絡が来ないので、"そういえば、バーベキューはどうなったの?"と聞いたら、『ごめんね、やっぱりまなちゃんが来たらみんながどういう反応をしたらいいかわからなくて...。面倒くさいから来ないで欲しい』と断られたことがあったんです。その時、私は"ああやっぱりそうなんだ。それが普通の反応だよね"と思ったんですよね。そんな中、見放すことも寄り添いすぎることもなく、ただ見守ってくれていたさきちゃんや母は、かけがえのない存在で...私はその優しさにすごく甘えていたのかもしれないと思いました。

2人ともこういう場にわざわざ出て来てくれて、『緊張するけど、まなちゃんの為にできることは何でもしたい』と私について話してくれて、そのために時間を割いてくれるということに関しても、強い愛情を感じました。それが可視化できたような気がして、嬉しい1日になりました」

――「最近、お母さんに似てきたな」と思うところはありますか?

「今日ロケをして改めて感じましたが、話し方が婉曲的というか、遠回しなのは似ていますね、やっぱり(笑)。思考回路や心配性なところは、今となっては似ているなと思います。昔の私は楽観的で潔い感じでしたが、母はずっと慎重派。石橋を叩きすぎて壊すみたいなタイプだったので、私はいつもそれを見ていて、"心配しすぎて壊していたら元も子もないじゃん"と思っていました。でも今となっては、母の気持ちがものすごくよくわかって、"何度も石橋を叩かないと怖いよね"と思うようになった。大人になるってこういうことなのかなと。昔は『母に似てる』と言われたら嬉しくなかったんですけど、今は別に抵抗がないんですよ。それも歳を重ねて変わったところなのかもしれません」

――番組で聖地巡りをしましたが、27歳(※2021年3月23日で28歳)になった今のまなさんは、この10年間をどのように分析していますか。今回のロケを通して、俯瞰で見るようなこともあったのでしょうか。

「母とさきちゃんの言葉を借りた上で当時の自分を振り返ってみたら、意志が強くて人の話に流されず、ゆえに無知の勢いが怖い、みたいなところがあったんだなと思います。この仕事を始める時も業界のことは何も知らなかったし、他人からはネガティブなイメージを持たれることも知らなかったから、怖がることがなかった。怖がる要素が思いつかないから、みんなが躊躇する世界に踏み込むことができたのだと思いました。"やりたいからやるんだもん!"みたいな気持ちの強さ...ですよね。ピュアと無知は紙一重で、その勢いは当時しか持てなかったな、と。今の私は、もっと慎重にならなきゃ、リスクヘッジを考えてからやろうとか、様々な雑念が思い浮かぶようになってしまったから、あの時の勢いが信じられないというか...。AV女優を始めた本当の理由って何だろう、と最近になってよく考えるのですが、思い浮かぶどの理由も、正解に感じられるんですよね。ただ、やっぱり"若気の至り的な部分"も大きかったのではないかな、と今更になって思います」

sexyjoyu_20210322_04.jpg
3月23日(火)夜9時30分に公開する後編では、セクシー女優になって起きた自身の変化や心のコンディション、モチベーション、紗倉が考えるアダルト業界の今から結婚観までを浮き彫りにする。

3月30日(火)深夜0時30分放送「同級生、のちセクシー女優」をどうぞお楽しみに!
※「ネットもテレ東」「Paravi」でも見逃し配信が決定!
番組公式Twitterはこちら!
番組公式サイトはこちら!

【紗倉まな プロフィール】

1993年3月23日生まれ、千葉県出身。B型。2011年11月、「工場萌え美少女 紗倉まな 18歳」でイメージビデオデビュー、2012年6月、「紗倉まな AVDebut」でAVデビューした。2015年、エッセイ「高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職」(宝島社)を執筆し、話題に。2016年には「最低。」(KADOKAWA/メディアファクトリー)で小説家デビューを果たし、2020年、最新刊となる「春、死なん」(講談社)が発売された。
公式Twitter
公式YouTube

23458
※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧