• #
  • トップ
  • エンタメ
  • どん底・清原和博が激白「完全に脳にインプットされている......

どん底・清原和博が激白「完全に脳にインプットされている...完治はしないと言われている」

エンタメ

テレ東

2021.5.1

4月25日に放送した「出川&飯尾のどん底さん家にお邪魔します。」。超高齢化社会、働き方改革、ハラスメント問題など、様々な悩みを抱える現代社会。さらには、昨年から続くコロナショックと、今のニッポンは悩める"どん底さん"だらけ...。

この番組では、大の苦労人である出川哲朗と飯尾和樹が"どん底さん"のもとを訪れ、悩める人たちをどん底から這い上がらせます。それぞれの"どん底さん"が抱えている悩みとは? 酸いも甘いも噛み分ける最強の2人が、ニッポンをざっくり救います!

「テレ東プラス」では、番組の中から「球界のレジェンド・清原和博」をプレイバック!

「超大物どん底さんがいる」と聞き、飯尾と出川がやって来たのは、東京・豊島区池袋にある「焼肉キッチンスタジアム 黒5」。どん底さん行きつけの店だそうですが、中で待っていたのは...。

donzoko_20210501_01.jpg
元プロ野球選手の清原和博さん。球界の番長として名を馳せ、現役時代は通算525本塁打というスーパースターの登場に、飯尾&出川も「ありえない! 大物どころじゃない」と驚愕。数年前に日本中をざわつかせる事件を起こし、どん底に陥った清原さん。2020年6月に執行猶予が終了し、社会復帰を目指しています。

驚きを隠せない出川に、「番組のコンセプトにピッタリじゃないですか!」と笑う清原さん。現在はダイエットと野球の練習に励み、大好きなお酒も絶っています。目標は、もう一度ホームランを打つこと。「少年野球を教える時、小さい子たちは僕の現役時代を知らない。百聞は一見にしかずじゃないけど、目の前でバシーンと打ったら説得力がある」と清原さん。

donzoko_20210501_02.jpg
一見、顔色も良く健康そうに見えますが「怖い薬で、完全に脳にインプットされている。僕は過酷なトレーニングも受けてきて痛みには強いはずですが、初めて敗北を認めた」と薬物の怖さ語ります。お医者さんからも「完治はしない」と言われているそうで、常に自分を戒めているとのこと。スター時代には想像もしなかったどん底エピソードを語ってくれました。

引っ越しの際、「自分の名前では家を借りられない」と話す清原さん。「今までとんとん拍子で、タクシーに乗っても1万円渡して『お釣りはあげるよ』と言っていたのが、事件以来、お金を失う怖さが現実的になった」と語ります。現在53歳ですが、「どうやって人生を立て直したら良いのか」と自問自答する日々。

donzoko_20210501_03.jpg
そして最近、どん底の底を感じた出来事が! プロ野球経験者が高校や大学野球などで指導できる"学生野球資格回復"の研修を受け、資格回復が認められた清原さんですが、執行猶予から5年経過しないと指導できないとのこと。これには出川も「いま教えるために頑張ってるのに、それを5年も閉ざすのは...」と絶句してしまいます。

いよいよ本題! 清原さんがお悩みを本気で相談します。まず一つ目は、「新しいあだ名が欲しい」という意外なお悩み。清原さんによると、"番長"というあだ名は週刊誌がつけたもので、「怖いイメージを卒業したい」とのこと。世間では、ジャイアンツのメンバーを引き連れて銀座や六本木などに繰り出していたイメージですが、実はそんなことはなかったそう。「あだ名は"どん底"でもいい」と笑う清原さんに、"どんちゃん""底くん"など呼びづらいあだ名を提案する出川と飯尾(笑)。

donzoko_20210501_04.jpg
出川が考案した"ペンギン君"というあだ名に、清原さんは大喜び! 「ペンギンってお腹がポコンとしてて可愛いから、子どもたちにも親しまれる」という理由で見事採用!? 酔っぱらいに絡まれても、可愛いペンギンポーズでかわせそうです(笑)。

donzoko_20210501_05.jpg
怖いイメージも払拭できたところで、次のお悩みは「野球界に貢献したい」。事件当初は野球をしたことさえ悔やみ、自分を全否定。プロ野球も高校野球も一切観なかったといいます。しかし、会えなくなった息子さんと約2年前に再会。「息子と野球で繋がることができて、野球を必死で観るようになった。息子たちのおかげで、自分には野球しかないと思った。少年たちに夢を持ってもらいたい」と語ります。

さらに、「今は体罰がない代わりに、指導者の言葉の暴力がすごい。少年野球でも、そこまで選手を責めるかなと思うくらい。子どもたちはもちろん、指導者の皆さんにもっと野球の素晴らしさを知ってもらいたい。欠点ばかり指摘するのではなく、長所を伸ばす指導を」と熱く語り、出川と飯尾も激しく同意します。

donzoko_20210501_06.jpg
バラエティ番組にもチャレンジしたいという清原さんは、「民放には一生出られないと思っていた。今日も緊張して、アイスコーヒーをがぶ飲みしました」と告白。この番組の台本も何十回も読んだそうで、出川は「もう1回頑張りたいという素直な気持ち。昔、バラエティの台本なんて読んでなかったもん! こんな素敵なことはない、変わったんですよ」とコメントします。

しかし、感動もつかの間、清原さんの最後のお悩みは「カンチョーしてもいいですか?(笑)」。いたずら好きの清原さんは、現役時代、選手たちによくカンチョーしていたそう。「怖い怖い! 嫌だ」と怯える出川ですが、はたしてどうなるのでしょうか?

番組では他にも、

▼劇場をオープンしてすぐにコロナ:人気漫画家・東村アキコ
▼コロナで客ゼロ 借金9000万円焼肉店店主
▼出川・飯尾がどうしても会いたい芸人 アイアム野田

をお届けします。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧