• #

堀ちえみ、闘病と3度の結婚生活を語る

エンタメ

テレ東

2021.6.2 チマタの噺

街の人への何げないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時~)。6月1日(火)はタレント・堀ちえみが登場しました。

chimata_20210602_01.jpg【配信終了:6月9日(火)】動画はこちら

複数回にわたり大病と闘ってきた堀。「もう特発性の難病が多くて、主人が『難病のデパートみたい』って冗談で言うくらい」と、自身の病歴を笑顔で語ります。

すると鶴瓶が「どっかで会うたやろ1回」と、堀がご主人といるときに遭遇したことに言及。堀も思い出した様子で「そう! すれ違ったときに"あっ!"って言って、言葉を飲みましたよね?」と鶴瓶に問うと「どう喋っていいのかね。その...ご主人が何回か変わってるから...」と、当時のデリケートな心境をカミングアウト(笑)。

そんな鶴瓶は、堀が前のご主人と付き合いだした頃にも遭遇したことがあると言い、「手つないで歩いていたのを、"見たらあかんもん見たな"って」と回想。すると堀も「そう! そうでしたよね! よく覚えてるなぁ!」と感心しつつも、「夜道で不審者みたいに後ろからついてきますか?」と、鶴瓶が暗闇から出てきたことを暴露。これには鶴瓶も「たまたまやで! つけてるわけやないよ! 変態やん」と、必死で否定しますが...。

chimata_20210602_02.jpg
入院していた堀を鶴瓶が見舞った際、なんと堀は入浴中だったと明かし、「お風呂入ってるとき普通お見舞い来ます? 変態でしょ~」と鶴瓶を指さしながら非難。弁明を試みる鶴瓶も「ちょっと待って! 夜に男の人と歩いてるの後つけて、暗闇から出てきた俺。そして、風呂に入ってるのをじーっと待ってて...」とタジタジ。勢いよくまくしたてる堀に「おい! 元気やな!」と満面の笑みでツッコミます。

続いて家族の話に。「家族ってすごいなって思うのは、病気っていうことに対して同情もしてくれないし、あと"かわいそう"とか絶対思ってくれない」と堀。「焼肉も食べに行くのん?」と聞く鶴瓶に「食べますよ。最初はさすがに"なんか嫌やわぁ"って、タンは食べられなかった」と、口腔がんで舌の再建手術を受けた後の心境を告白。そんな堀にご主人は「タン好きでしょ、食べなよ」と勧め、家族は「うめぇな~、塩タンはやっぱり!」とタンを満喫していたとか(笑)。

chimata_20210602_03.jpg
そんなご主人との出会いを振り返る堀。ご主人が転勤で大阪府に来ていたときに、ちょうど堀も在住。お互いの子どもが同じ小学校に通っていたそうで、なんと再婚後に子どもたちが同じタコ焼き店にお世話になっていたことが判明

「うちの子は学校に行くのがすごい"嫌や、嫌や"言っててグズったときに、タコ焼き屋さんのおばちゃんがそれを見てて、"タコ焼き食べや"ってくれはった。で、主人の息子は"お父さん帰ってくるの遅い。お腹すいたなぁ"って思ってたときに、おばちゃんが"タコ焼き食べや"って言ってくれたっていう共通の話題がポンと出て」と驚きのエピソードを披露。

chimata_20210602_04.jpg
堀の気になるチマタには、そのタコ焼き店「たこ大使」のご夫婦が登場し、堀の知らなかった子どもたちの感動秘話をたくさん語ってくれました。そして最後に「また歌をうたってほしい。お元気になられて。ずっと応援しています」と、堀に向けて温かいメッセージが。これにはVTRを観ていた堀も感極まり、大粒の涙を流しました。子どもたちの感動秘話の内容はぜひ番組でご覧ください!

番組ではさらに「昔からパワー変わってないわ」と鶴瓶も絶賛する"堀ちえみ節"が炸裂! チマタには、ラーメン店からプリン店に転身、さらに養蜂まで始めた好奇心旺盛すぎるご主人とその奥さまが登場しました。

次回も引き続き堀ちえみの後編をお届け。どうぞお楽しみに!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

チマタの噺

チマタの噺

街行く人々の、何気ない日常の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様を話のきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 深夜0時

出演者

笑福亭鶴瓶

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧