• #
  • トップ
  • エンタメ
  • キングカズは「サッカー選手ではない」!?サッカー元日本代表が...

キングカズは「サッカー選手ではない」!?サッカー元日本代表が語る大物の生態

エンタメ

テレ東

2021.7.28 チマタの噺

街の人への何げないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時~)。7月27日(火)は先週に引き続き、サッカー元日本代表の中澤佑二が登場しました(前編はこちら)。

chimata_20210728_00.jpg【配信終了:8月3日(火)】動画はこちら

意外にも、サッカーを始めてすぐに注目されたわけではなく、高校生活の終盤でようやく一目置かれる存在になったという中澤。「僕よりも上手い同級生はいっぱいいた」と話し、ブラジル留学で衝撃を受けたといいます。

「圧倒的に技術が高いし、ハングリーさが日本と違う。生活がかかっているので、プロになれなかったら家族全員が貧しくなる、みたいな。『プロになって家族を養う、いい暮らしをさせたい』という思いが強い。気持ちが違いましたね」と語ります。当時のブラジルは治安が悪く、「日本人だとわかったらヤバいから、1人で出歩くなと言われてた」と中澤。しかし、日本人離れしたそのルックスから、鶴瓶に「日本人ってわからへんやん」と指摘されると、「そのとおりなんですけど(笑)。それはブラジルの人にも言われた」と爆笑。特徴的なボンバーヘッド(アフロヘアー)も相まって、すっかり現地に溶け込んでいたようです。

chimata_20210728_02.jpg
そんな中澤の気になるチマタは、幼馴染みの三浦さん。周りから「プロになれるわけない」「いつまでサッカーしてるの?」と言われるなか、三浦さんだけは、つねに中澤を励まし続けてくれたそう。なぜそんなに応援してくれたのかが気になるということで、スタッフが話を伺いました。

現在、埼玉県にある仕出しのお弁当屋さんで働いている三浦さん。幼い頃から柔道に励み、サッカーとは無縁だったといいます。当時の中澤について「純粋に優しいやつで、バカが付くほどの努力家。『キャプテン翼』じゃないけど、つねにサッカーボールが友達でした」と語ります。

さらに、当時流行っていたエアガン(空気銃)で遊んでいたときに、中澤の人柄を象徴するエピソードが。「空気銃がだんだんレベルアップして、フロンガス銃になったんですよ。ものスゴい威力が出るので、周りはみんなそれを使うようになった。でも、佑二くんだけ空気銃なんですよ。『なんでガス使わないの?』って言ったら、小学校4年生くらいの子どもが、真面目な顔で『地球に良くねぇからだよ!』って」と教えてくれました。このエピソードに、スタジオでVTRを見ていた中澤も手を叩いて大爆笑!

さらに、「お前1人がガス銃使わなくたって、地球は何も変わらないよ」と言った三浦さんに対し、幼い頃の中澤は「その1人が思うことが大事なんだよ!」と熱弁。「そのときは『何言っちゃってんの?』って思いましたけど、日本代表にはそれくらいの考えじゃないとなれない。日本代表キャプテンになったときに、ふと思った」と語る三浦さん。

chimata_20210728_03.jpg
中澤の苦節時代に励まし続けた理由は、自身が柔道をあきらめたのに対し、サッカーを続けている中澤がうらやましかったからだとか。「お前には辞めてほしくないっていう気持ち。毎日牛乳を1.5ℓ飲んで体格も作って、『他のつまんねぇ一言であきらめるんじゃないよ、蹴散らせよ』なんて言って励ましたんじゃないですかね」と振り返ります。

当時、中澤の高校はリーゼントスタイルのヤンチャな先輩が多かったそう。そんな怖い先輩たちに絡まれたときに、連帯責任で部活停止になることを危惧した中澤は「お願いします、本当にやめてください。僕は本当にサッカーが続けたいんです、試合に出たいんです」と泣きながら頭を下げたという。「そういうバカ正直でまっすぐで熱いヤツって、世の中に意外といそうでいない。あいつやっぱスゲえなと思った」と三浦さん。最後は、「同級生を集めて、必ず佑二くんを呼ぶ場を設けます」というメッセージが。地元に全然帰っていないという中澤は「本当に嬉しいですね」と大喜び。

chimata_20210728_04.jpg
話は変わって、日本サッカー界のレジェンド・キングカズ(三浦和良)の話題に。今も現役で活躍しているカズについて、「あの人は別次元の方なので。あれはサッカー選手ではないですからね。もう宇宙人ですから(笑)。あの肉体を54歳でキープできないですよ」と尊敬の眼差しで語る中澤。鶴瓶も「スゴいよな、あの人。人間性もちゃんとしてる。感じええで」と応じます。

キングカズとは違い、恥ずかしがり屋でファンサービスも注目されるのも苦手と話す中澤。負けた試合に対してのインタビューについて物申したいと言い、「メディアの仕事をさせていただくときは、『負けた試合はFW、攻めるほうの選手に聞け。勝った試合こそキーパーとか守ってる選手にインタビューしてくれ』って言ってるんですよ。そのほうが絶対に選手に気持ちよく話してもらえるから」と、その信条を語ります。

番組では他にも、異国の女性についての話や、常盤貴子似(1970年?)の奥さまの話、ハワイで鶴瓶に遭遇したときのエピソードなど、ここでしか聞けない話題が盛りだくさん!

次回は、落語家でタレントのヨネスケが登場! どうぞお楽しみに!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

チマタの噺

チマタの噺

街行く人々の、何気ない日常の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様を話のきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 深夜0時

出演者

笑福亭鶴瓶

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧