• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 鬼龍院「マスコミが怖い...」樽美酒は喜矢武が嫌い?ゴールデ...

鬼龍院「マスコミが怖い...」樽美酒は喜矢武が嫌い?ゴールデンボンバーの本音が明らかに!

エンタメ

テレ東

2022.6.9 占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?

6月3日(金)に放送された「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」(毎週金曜深夜1時23分放送)は、ゲストにゴールデンボンバーの鬼龍院翔、喜矢武豊、樽美酒研二が登場。リーダー・鬼龍院の闇や、メンバーの意外な内面が明らかになった。

MCは、占い大好き芸人、蛙亭・イワクラとラランド・サーヤ、女優の内田理央。最強占い師軍団4名がスタジオに登場し、様々な占いでゲストの心の中を丸裸にする。


占い師軍団がゲストを知らずに占ったところ、「歌って踊る人たち」「あまり人がやらないことを突き詰めていくタイプの人たち」などの鑑定結果が。そして伝説の占い師・暮れの酉が「ゴールデンボンバーの人じゃないかな」と予想を的中させ、登場した3人は驚きの表情を見せた。

uranai_20220607_01.jpg
「女々しくて」が大ヒットし、バンドでありながらボーカル以外は楽器を演奏しない"ビジュアル系エアーバンド"としてお馴染みのゴールデンボンバー。
まず鬼龍院について、元ホスト占い師・斗弥は「破天荒に見えて、実は周りの空気を読む繊細な人」と鑑定。これを聞いた鬼龍院は「当たってるなぁ...神経質とも言えるくらい」と深く頷いた。
気にしすぎる面もあり、スタッフに対して少し強く言った日など、夜中に「ごめん」とLINEすることも。「最近特におびえてる気がする」という喜矢武に、「マスコミが怖いからね」と胸の内を明かした。

つらいことを真正面から受け止め、「自分が黙って済むならそれで良い」と飲み込んでしまうタイプ。「もっと人生を楽しんで」という占い師軍団からのアドバイスに、「やべー、泣きそうなんだけど。グサッとくる」と胸を押さえた。

17歳の頃に失恋し、ずるずる引きずっていたという鬼龍院。芸人を志していたため、「失恋したから、もう高校時代どうでもいいやと思って。お笑いに全部賭けようと思って、高校3年生はずっとバイトしてた。将来のために全力でギアを変えようと思ったのが17歳ですかね」と振り返る。
当時の発想はぶっ飛んでいて、喜矢武によると、電柱と首にひもを巻き、犬のように待ち合わせ場所で待っていたことも。鬼龍院は「それで待ってたら楽しいんじゃないかなと。結局、通報されたけどね」と衝撃のエピソードを告白。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。
次のページ樽美酒は「悲しいくらいお勉強ができない人?」

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?

占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?

MCは、占い大好き芸人、蛙亭・イワクラとラランド・サーヤ、そして女優の内田理央。最強占い師軍団4名がスタジオに登場し、様々な占いでゲストの心の中を丸裸にします。

放送日時:テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜1時23分

出演者

【MC】イワクラ(蛙亭)、サーヤ(ラランド)、内田理央

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧