広瀬すず、25歳の誕生日を前に「腹八分目がわかるようになった」

2023.06.10

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
6月10日(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶が行われ、主演の広瀬すずさんをはじめ、大西利空さん、戸塚純貴さん、當真あみさん、前田哲監督が登壇しました。

26歳のOL・榊さんと高校1年生の直達を中心に、曲者揃いのシェアハウスを賑やかな日常を描く“ときめき”と“感動”の物語。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
登壇者は作品のイメージに合わせてブルーを取り入れた衣装で登場。前田監督の帽子は、もともと白地だったそうですが、広瀬さんが「ブルーのマジックで塗られたらしいです(笑)」と暴露し、場を和ませます。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
周囲の反響について、大西さんは完成披露に友達が見に来てくれたそうで、「公開したらまた見に行きたい」と言われたため、「男子高校生にも、いろんな層にも楽しんでいただける作品になったのかな」と語ります。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
長編実写映画初出演となる當真さん。緊張を口にしながらも、祖母が公開初日の初回を鑑賞し、孫が大スクリーンに映っていることが「不思議で仕方がない」といったメッセージが届いたとのエピソードを披露。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
女装の占い師・泉谷役の戸塚さんは、ハイヒールとスカート姿での螳螂(とうろう)拳のシーンについて、「非常に相性が悪くて、螳螂拳との戦いでしたね」と苦戦ぶりを振り返りました。

広瀬さんも、海の中での螳螂拳について苦戦したようで、「ここぞとばかりの筋肉をものすごい使って、ちょうどいいところにキック出来た」とコメント。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
作品の設定にちなんで、「一緒に生活するなら、絶対に譲れないルールは?」との質問も。戸塚さんが「一番風呂がいいんですけど」と告げると、広瀬さんが「私もです」、大西さんも「僕もです」と挙手。広瀬さんは、一番風呂を誰かに譲るとしたら、「本当に申し訳ないですけど、(お湯を)抜いて、洗って入る(笑)」と告白。戸塚さんの「ショック(笑)」とのリアクションが、笑いを誘います。

映画「水は海に向かって流れる」公開記念舞台挨拶
そして、来る6月19日には広瀬さんの25歳の誕生日とのことで、壇上でサプライズお祝いも。作品をモチーフにしたバースデーケーキが登場すると、広瀬さんは「うれしい、デカっ!」と驚きつつ、「作品の思い出がまたひとつ増えて、幸せです」と笑顔で感謝。

“大人”と扱われる年齢になった実感について、広瀬さんは「腹八分目という言葉がある意味がわかるようになった」とのこと。さらには、朝、マネージャーと一緒に走り、「すごく気持ちいい。今までは寝たいとかあったんですけど、どんどん健康志向になっています」と“朝活”を充実させていることを明かしました。

映画「水は海に向かって流れる」は、全国公開中。

(取材・文/佐藤ろまん)

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。
x
x