• #
  • トップ
  • グルメ
  • 飲んで食べてアートに酔いしれる。大久保にあるアートバーで乾杯...

飲んで食べてアートに酔いしれる。大久保にあるアートバーで乾杯!

グルメ

テレ東プラス

2018.12.12

artbar_20181212_00.jpg
韓国、タイ、ネパールにイスラム教徒向け店舗など多文化が入り交じったエスニックタウンとして知られる東京・大久保。多国籍漂うこの街で、ひっそりと営業しているバーが「アートスペースバーブエナ/ART SPACE BAR BUENA」(以下「ブエナ」)です。実はこちらの店舗に若手アーティストやアート好きが集うという噂が...。エスニックタウンになぜアート?気になったので、大久保へGO。

JR大久保駅から徒歩5分にあるアートバー

artbar_20181212_01.jpg
JR大久保駅から歩いて5分、雑居ビルの2階廊下を歩いた先にバー「ブエナ」はあります。

artbar_20181212_02.jpg

artbar_20181212_03.jpg
店内に入ると壁にはアート作品が!?
実はこちらのお店、お酒を飲みつつアートに触れることができる"アートバー"なんです。

artbar_20181212_04.jpg
取材当日は、書籍「学校の怪談」シリーズで使用された挿絵の原画を展示する「学校の怪談 同窓会」展が開催され、作品が壁にズラリ。

artbar_20181212_05.jpg
オーナーの安部和弘さんに、アートバーを作ったきっかけを聞いたところ...

「もともと今とは別の場所でバーを運営していました。自分がアート好きで、お店に作品を飾っていたら、アーティストたちがここで展覧会やパフォーマンス発表したいとなりました。でもお店が狭く、ちゃんと発表できないな、と。それでもっと広いスペースのあるここに移転したんです」

とのことです。

artbar_20181212_06.jpg

作家や作品との距離が近いのでより身近でアートを体感できる

「ブエナ」ではどんなアートに触れられるのでしょうか。
安部さんによると「アート展示」「音楽ライブ」「落語会」の3つのカテゴリーでイベントを行っているそうです(不定期でトークライブや、パフォーマンスイベントを開催する場合もあります)。

■アート展示
抽象画を中心に作品を展示し、アートを鑑賞するイベントです。これまで若手の作家や海外作家の展示、ライブペイントなども開催しました。

artbar_20181212_07.jpg
(「スパイク・マクラリティ展"不完全であることの神殿"」の様子)

artbar_20181212_08.jpg
(「ヘンミモリ個展「表層/発生」」。ノイズ音をバックに、モデルにアクションペイントを行うパフォーマンス。演奏 エレファントノイズカシマシ、モデル イシヅカユウ)

■音楽ライブ
その名の通り、ライブを中心とした音楽イベントです。
店長であり、音楽レーベル「PURRE GOOHN」(http://purre-goohn.com/)のオーナーでもある田中晴久さんが中心となって開催されています。エレクトロ、即興音楽をはじめとする、独創的な音楽のジャンルを扱っています。

artbar_20181212_09.jpg
(ライブイベント「Osillo Clast」。伊東 篤宏さんのOPTRONによるパフォーマンス)

artbar_20181212_10.jpg
(「Fabio Perletta Japan Tour」で演奏する「UN.a」の様子。ピアノ&エレクトロニクス:中村浩之、サックス:宇津木紘一)

■落語会
大の落語ファンである、共同オーナーの宮下公一さんが中心となって開催されています。見どころは一般的な寄席よりも近い距離で落語家の噺を聞けること。かなりの臨場感があるそうです。また出演する落語家さんたちの好意により、入りやすい入場料で楽しめるのも嬉しいポイント。

artbar_20181212_11.jpg
(2か月に1回開催される「ブエナ寄席」は、春風亭柏枝さん、三笑亭可風さん、滝川鯉八さんによる三人会)

「イベント終了後も出演者やアーティストがお店に残っているので、鑑賞後に作品について話すことができ、アーティストとの距離が近いんです。また美術館だと作品が鑑賞できるエリアが決まっている場合もありますよね。でもここの展示会には距離の制限はない。それこそ目の前で作品を観れるんです。作品やアーティストとより近い距離で接することができるので、アートをダイレクトに感じてほしいと思っています」(安部さん)

なおイベントに参加する場合、一人につき1000~2000円(ワンドリンク付)の入場料を払う必要があるのでご注意ください。

artbar_20181212_12.jpg
(G10Z 着ぐるみ展「K.F.C.8th開催記念公開練習」)

「お酒や食事を楽しみながらアートを楽しんでほしいな、と思っています。アートと聞くと構えてしまう方もいますが、そうではなくお店のソファーにもたれながら気軽にアートに触れてほしい。そんな想いでお店をやっています」(安部さん)

artbar_20181212_13.jpg
ということで今宵は「きゅうりのジントニック」(税込850円)を片手に、ほろ酔い気分でアート鑑賞を楽しみたいと思います。
アートに乾杯。作品の素晴らしさに完敗。


【取材協力】
「アートスペースバーブエナ/ART SPACE BAR BUENA」
住所:東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル2F-D
電話:03-6279-2022
チャージ:なし
http://buena.tokyo/
※営業時間やイベント詳細はお店の公式サイトかTwitter(@BAR_Buena)でご確認ください。
※トップ画像は、中島由夫展「Love is All」内で開催された、ライブペイントの写真です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧