• #
  • トップ
  • グルメ
  • えっ、お雑煮の中にあんこ!香川県民がお正月にあんもち雑煮を食...

えっ、お雑煮の中にあんこ!香川県民がお正月にあんもち雑煮を食べる理由とは?

グルメ

テレ東プラス

2018.12.27

anko_20181227_00.jpg
お正月の食べ物といえば、おせちにおもち、そしてもちろんお雑煮! お雑煮は地方色が濃く、すまし仕立てだったり、味噌仕立てだったり、はたまたお雑煮というかぜんざいを食べるという地域も。そんな中、香川県では「あんもち雑煮」を食べるらしいんです。お雑煮の中にあんこ入りのおもち? 一体どんなお雑煮なのでしょうか。

香川県県民が食べる「あんもち雑煮」Q&A

anko_20181227_01.jpg
(写真提供:香川県農政水産部農業経営課)

Q.あんもち雑煮とは?

一言でいえば、あんもちが入った白みそ仕立てのお雑煮です。
まだ砂糖が貴重で、甘いものが少なかった時代、お正月に食べるあんもち雑煮は何よりのごちそうでした。他の地方の人から見れば変わり種のお雑煮と思われるのですが、白みそとの相性は抜群のお雑煮なんです。

Q.いつ頃から食べられているのか?

江戸時代末期から明治時代頃と言われています。讃岐藩5代藩主の松平頼恭公がサトウキビ作りを奨励したことで、白下糖(砂糖)が作られるように。しかし、庶民が普段料理に甘みをつけるために使っていたのは、干し柿や切り干し大根、白みそなどで、砂糖は貴重品でした。そこで「せめて正月三が日だけでも!」と、おもちに甘い砂糖あんをたっぷり入れたあんもち雑煮を作るようになったのです。

Q.香川県ならどこでも食べられているんですか?

あんもち雑煮を食べる地域は、香川県内の主に高松市、坂出市、丸亀市を中心とした平野部と言われています。しかし、インターネットやテレビの影響で、県西部でもお正月にあんもち雑煮をいただくという家庭もあるようです。

anko_20181227_02.jpg
Q.使っているダシや具材は?

ダシはいりこです。これによりすっきりとした味わいに。いりこは、香川県の最西端にある島・伊吹島の特産でもあります。

主な具材は金時人参と大根ですが、地域や各家庭によっても違うようです。金時人参は香川県坂出市の特産品であり、お正月には多くの家庭で食べられています。他には豆腐を入れることも。お雑煮をお椀に盛ったら、最後に青のりを散らすのがオーソドックスな作り方ですが、青のりでなく青ネギを散らす家庭もあります。

anko_20181227_03.jpg
Q.あんもちは焼く? それとも煮る?

だし汁で野菜を煮て、柔らかくなったらあんもちを入れて一緒に煮ます。焼いてもおいしいかもしれませんが、焼く家庭は少数派です。

Q.作る時や食べる時の作法は何かありますか?

特にありません。しいて言えばお正月なので、縁起を担いで人参も大根も丸の形に切っておくことをおすすめします。食べる時に決まった作法もないので、あんもちにかぶりつき、おつゆとあんが合わさっても気にせず味わえばOKです。


【参考URL】
香川県農政水産部
http://www.pref.kagawa.lg.jp/

【参考資料】
高松50選(発行元:高松観光協会)

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

      カテゴリ一覧