• #
  • トップ
  • グルメ
  • 忠告を無視して渋谷ラブホ街にオープン。「立呑み なぎ」と変わ...

忠告を無視して渋谷ラブホ街にオープン。「立呑み なぎ」と変わりゆく円山町エリア

グルメ

テレ東プラス

2019.1.6

nagi_20190106_00.jpg
ネオンが眩しい渋谷区円山町、道玄坂のど真ん中に位置する「立呑み なぎ」。わかりづらい上に、入りづらい立地にあるお店なのですが、福島の地酒を豊富に揃えた知る人ぞ知る名店として長きに渡って親しまれているのです。

nagi_20190106_01.jpg
なぜ「立呑み なぎ」が隠れた名店となり得たのか。渋谷区円山町という特徴的なエリア変遷とともに伺いました。

「人なんか誰も来ないよ!」という声を無視して立ち上げた

nagi_20190106_02.jpg
「オープンして、6年目になります。この辺も随分変わりましたよ」というオーナーの甲田力さん。まずはお店のルーツから聞かせてもらいました。

nagi_20190106_03.jpg
その日使う野菜がカウンターに並ぶ

「独立を決めて、物件探しに1年かかりました。渋谷、恵比寿、新橋、銀座は人気のエリアなので、なかなか空かない上に、すぐ埋まっちゃうんです。でも、路面店っていうのは譲れない。そんなわけでこんな場所になりました。

ここ、前のテナントは水タバコ屋だったんです。経営していたシリア人の方には、「こんなとこヤメておきなよ。人なんか誰も来ないよ!」って言われました(笑)」

出会うべくして出会ったのが、福島の日本酒

nagi_20190106_04.jpg
「オープン当時は、ビストロにしようと思っていたんですけど、『俺の』系が流行り出して、同じことしても面白くないなって。店の方向性を模索していました。

その頃、妻の実家がある福島の酒屋に立ち寄る機会があって。軒先はアイスキャンデーが並んでいて、一見すると駄菓子屋なんです。でも店の奥には大量の見たことのない日本酒の数々。それを見て、和食の立ち飲み屋もいいなって思って。今の『なぎ』の構想が浮かびました」

nagi_20190106_05.jpg
今でこそ有名な「飛露喜(ヒロキ)」や、「寫樂(シャラク)」も、当時はまだ珍しかったといいます。現在も、都内では「なぎ」でしか飲めない日本酒も少なくないそう。

nagi_20190106_06.jpg
11月から1月は新酒の季節。新しい酒がどんどん出てくる

nagi_20190106_07.jpg
自由に水が飲めるので、お酒が弱い人にはありがたい

変わっていく渋谷を「なぎ」のお客さんから感じる

nagi_20190106_08.jpg
気さくにお客さんとお喋りする甲田さん。見送りに出てくれた

「オープン当初は良くも悪くもいかがわしい雰囲気の街だし、お客さんも怪しいカップルが多かったですけど、だんだん常連が増えて、ここ1~2年は若いお客さんも増えてきました。たまたま有名なブロガーさんが映画館に行くついでに寄ってくれて、そこから口コミで客層も広がっていった感じです」

近所も洒落た飲食店の30代前後の若い店長が増えていき、ここ数年は町内会での忘年会が開催されるようになったそうですが、それは「昔じゃ考えられなかった」のだとか。

「すぐ近くの『ミッケラー トウキョウ』はクラフトビール屋ですが、半分くらいが外国人のお客さん。その影響か、『なぎ』にいらっしゃる外国の方も増えました。この付近は民泊も多いですし、だんだん一帯のイメージが変わってきている気がします。

この辺りで店をやってるみんなの頑張りの成果なんじゃないかなぁ。お客さんも、男女比でいうとまだ男性の方が多めですけど、女性のお1人様がすごく増えましたね。女子大生の子がふらっと1人で来たりしますから。エリア自体もクリーンになってきた気がします」

nagi_20190106_09.jpg

立っぱなしだけど、何時間でも居てしまう居心地の良さがある

nagi_20190106_10.jpg
「立呑み屋って、普通1時間くらいが平均滞在時間なんですけど、「なぎ」は、2時間くらい過ごされる方が多いですね。そろそろ帰ろうっていうタイミングで知り合いが来たり、居合わせた人同士で話し込んだり。18時に来て、23時まで呑み続ける人もいます」

立呑み屋でありながら、他にはない居心地のよさを持つ「なぎ」。一人で来店しても「ここに来たら誰か話し相手がいる」。6年目を迎える「なぎ」はそんな店になりつつある。

nagi_20190106_11.jpg
会津の干支の張り子で開運祈願


店舗情報:
「立呑み なぎ」
住所: 渋谷区道玄坂2丁目20-7
電話番号 : 03-6416-5257
営業時間 :月~土17:00~24:00
定休日:日・祝
HP : http://tachinomi-nagi.com

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧