• #
  • トップ
  • グルメ
  • ラブホ街円山町の雰囲気を変えたビール店「Mikkeller ...

ラブホ街円山町の雰囲気を変えたビール店「Mikkeller TOKYO」に注目

グルメ

テレ東プラス

2019.1.25

Mikkeller_20190125_00.jpg
「ラブホ街」として知られるしぶや百軒店商店街の変遷を見守ってきた「立呑み なぎ」のオーナーに、「円山町の雰囲気を変えた」と言わしめたクラフトビール店『Mikkeller TOKYO』は、いったいどんな店なのか? 日本初上陸のクラフトビール専門『Mikkeller』の店内の特徴について掘り下げていきます。


パブだけど2F席アリ! こだわりのデザイナーズ空間

Mikkeller_20190125_01.jpg
既に馴染みの方もいるかもしれませんが、「ミッケラー」のグラス・レコメンドステッカー、瓶のラベル......全部めちゃくちゃ可愛いんです。これらはすべてアメリカ人デザイナー、キース・ショア氏のデザインで統一しているんだそう。訪れた際には、ぜひチェックしてほしい軒先のこのネオン。しばらく眺めていると......。

Mikkeller_20190125_02.jpg
般若のお面を被った! ...か、かわいい! このキャラクターは「ミッケラー」のイメージキャラクター。女の子は"サリー"。男の子は"ヘンリー"とちゃんと名前もあるんです。このお面をかぶったバージョンは、日本オリジナルのロゴマーク。つまり、路面店を展開した各国にオリジナルバージョンのロゴがあるんです! 各国のロゴマークが入ったグラスも見せていただきました。

Mikkeller_20190125_03.jpg
左からアメリカ(サンディエゴ)、タイ、台湾のデザイン

「Mikkeller」は、日本では東京1店舗のみなのですが、10ヶ国以上で店舗を持つ
世界的に有名なクラフトビール専門店。海外旅行先では必ず訪れるというファンや、「Mikkeller TOKYO」目当てで東京に遊びに来たなんてコアファンまでいるそう。店内が多国籍なお客さんで溢れているのも納得です。

Mikkeller_20190125_04.jpg

Mikkeller_20190125_05.jpg
1Fのカウンターで注文し、キャッシュオンで立ち呑みするパブスタイルの「Mikkeller TOKYO」ですが、実は2Fにテーブル席があり、前日の19時までならメールで予約も可能なんだとか。

Mikkeller_20190125_06.jpg
2F席はテーブルでゆったりとした印象

Mikkeller_20190125_07.jpg
2Fは大きなポスターが飾られ、コーヒーショップのような雰囲気で、デートにもぴったりです。

クラフトビールといえば、デンマーク!?

Mikkeller_20190125_08.jpg
ミッケラージャパン代表のハミルトンさん

ビールといえば、ドイツ!というイメージが強いですが、実はデンマークもビール大国。5000年の歴史を持つというから驚きです。

Mikkeller_20190125_09.jpg
そんなビール大国デンマークでは、いまクラフトビールが大流行中。デンマークのコペンハーゲンで2006年に設立された「『Mikkeller』は、その中でも世界中のファンの多いブルワリー。そう、「Mikkeller」はただのお店ではなく、オリジナルでビールをつくるブルワリー(醸造所)なんです!

Mikkeller_20190125_10.jpg
ビール以外にも、軽食メニュー、サワーやワインもある

しかも、自社の醸造所を持つのではなく、各地のブルワリーに委託して、少量生産でその土地にあったビールを開発する"ファントムブルワリー"というスタイルを踏襲しています。産み出したビール数は1000種類を超え、年間100種類を優に凌ぐペースで、新しいビールを世に送り続けているんだそう。

ラブホもあって断然おもしろい! しぶや百軒店商店街

もちろん、日本オリジナルのクラフトビールもあります!その名も「Hyakkendana Beer」。「Mikkeller TOKYO」が店を構えるココ、しぶや百軒店商店街をイメージしたビールなのです。

Mikkeller_20190125_11.jpg
ミッケラー ジャパン代表のハミルトンさん曰く、「Hyakkendana Beer」の特徴も「この商店街みたいに、甘くて苦くて、複雑だけどおいしいビール」とのこと。ハミルトンさんはこのしぶや百軒店商店街が大好きだといいます。

Mikkeller_20190125_12.jpg

Mikkeller_20190125_13.jpg
クラフトビールと相性バツグンなデンマークの伝統料理スモーブローと寿司をかけあわせたオリジナルフード「スムシ」(5p 1300円)。

「だって、面白いじゃないですか! 神社があって、ラブホテルがあって、こだわりを持ったレストランもある。どの街とも違う個性が好きです。中目黒なんかは街中が同じような雰囲気でつまらないですよ。『Mikker Tokyo』は1人でふらっと来るお客さんも多いですけど、だんだんこの店自体が"コミュニティ"になってきました。この街みたいにコミュニティには、いろんな人がいた方が面白くなるんです」

とのこと。あえて、この商店街感が持つ猥雑なごった煮感を気に入ったというのは海外の方ならではの視点なのかもしれません。ビールが好きなら、変わりつつある円山町を見るならこのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Mikkeller_20190125_14.jpg
店の向かいは神社とラブホテル


店舗情報:
「Mikkeller TOKYO」
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-19-11
予約メールアドレス: visit@mikkeller.jp
営業時間 :月曜~金曜 15:00~24:30(金曜 25:30)
土・日 12:00~24:30(土曜25:30)
定休日: なし
HP : http://mikkeller.jp/ja/

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧