• #
  • トップ
  • グルメ
  • サンフランシスコと渋谷の共通点とは?「ダンプリングタイム 餃...

サンフランシスコと渋谷の共通点とは?「ダンプリングタイム 餃子時間」

グルメ

テレ東プラス

2019.2.6

DUMPLINGTIME_20190206_00.jpg
2018年1月22日に渋谷ヒカリエのレストランフロアがリニューアルしたのをご存知でしょうか? 渋谷再開発の先駆けとして2012年に開業した渋谷ヒカリエ。今回のレストランフロアリニューアルで、新たに8店舗がオープンしました。その中でも熱視線をあびるのが、サンフランシスコ発、日本初上陸のモダン点心「ダンプリングタイム 餃子時間」です。

DUMPLINGTIME_20190206_01.jpg

DUMPLINGTIME_20190206_02.jpg

DUMPLINGTIME_20190206_03.jpg

手仕込みがおいしさの秘訣!

DUMPLINGTIME_20190206_04.jpg
「ダンプリングタイム」の点心は、バリエーションの豊富さと色の鮮やかさで有名な西安餃子がベースになっています。

DUMPLINGTIME_20190206_05.jpg
ほうれん草が練りこまれたオリジナル生地を使用。「西安餃子」(900円)

DUMPLINGTIME_20190206_06.jpg
本国では、お店で手作りされた本格的な小籠包や餃子が、美しく、エンターテイメント性に溢れた盛り合わせで食べられる、というコンセプトが大ウケ! メディアでも取り上げられ、連日大行列という人気ぶりだとか。

「100年に1度」の都市開発 渋谷を食から盛り上げていく

DUMPLINGTIME_20190206_07.jpg
「ダンプリングタイム」は、サンフランシコが本店の小籠包と西安餃子の専門店です。現在、「ダンプリングタイム」の点心を食べられるのは、サンフランシスコの本店と渋谷ヒカリエ店の2店舗のみ。オープンに駆けつけた創業者のカッシュさんに、なぜ世界進出第1号店がヒカリエだったのか、お話を伺いました!

DUMPLINGTIME_20190206_08.jpg
「サンフランシスコという街と、渋谷という街は似ていると思うんです。再開発中の渋谷は、シンガポールのエンターテイメントレストラン『CE LA VI (セラヴィ)』が進出したり、IT企業ではグーグルオフィスが入ったり。どんどん変化していく渋谷と、サンフラシンスコ本店があるデザイン・ディストリクトにはシナジーを感じています」

DUMPLINGTIME_20190206_09.jpg
「渋谷の都市開発は、100年に1度と言われるほどの大々的なものですよね。これから大きく発展していく渋谷を一緒に食から盛り立てたいという気持ちが、今回の渋谷ヒカリエ店オープンにつながりました」

「ダンプリングタイム」は、これからも店舗を増やす予定で、カリフォルニアではNBAスタジアムに2号店を、東京では銀座に2号店を出店するそう!
これからどんどん話題にのぼる機会が増えそうです。

DUMPLINGTIME_20190206_10.jpg
サンフランシスコのクラフトビールも!

DUMPLINGTIME_20190206_11.jpg
「西安餃子」(900円)

DUMPLINGTIME_20190206_12.jpg
ビールにぴったりな「海老トースト」(550円)

ヒカリエレストランリニューアル第一人者イチオシはコレ!

DUMPLINGTIME_20190206_13.jpg
最後に、ヒカリエレストランフロア リニューアルの仕掛け人である渋谷ヒカリエ 営業MD担当 蛭間さんに、「ダンプリングタイム」の魅力を伺いました。

DUMPLINGTIME_20190206_14.jpg
花びらと野菜の色合いが美しい「えんどう豆の生姜炒め」(680円)

「女性って『あれとこれを頼んでシェアしよう!』って好きじゃないですか?
今までのヒカリエには"がっつり中華"しかなかったんです。『ダンプリングタイム』は、カジュアルで、カフェタイムにも使える点心屋さん。みんなでいろんな味をちょっとずつ、が叶うんです。

お料理がどれもかわいくて、インスタ映えするのもポイントですね! 私が特に気に入ったのは、赤と白のコントラストがすてきな小籠包。赤い小籠包は中身がトムヤムクン味で、酸っぱしょっぱくておいしいんですよ。中華料理という枠にとらわれない"意外性"がおもしろいお店です」

DUMPLINGTIME_20190206_15.jpg
「小籠包盛合せ」(880円)

蛭間さんイチオシの「小籠包盛合せ」(880円)は、ランチタイム限定の日本オリジナルメニュー! サンフランシスコ本店では、1つのメニューのボリュームが大きく、日本人の胃に合わせたんだとか。女性の「いろんな味を試したいけど、たくさんは食べられない」という悩みを解決してくれます。ランチやディナーにはもちろん、スイーツ感覚で点心をつまむのもいいですね!

店舗情報
「ダンプリングタイム 餃子時間」
住所: 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F
電話番号: 03-6450-6030
営業時間: 11:00~23:00(LOフード22:00 ドリンク22:30)
定休日:なし(渋谷ヒカリエに準ずる)

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧