• #
  • トップ
  • グルメ
  • ウニをさらに美味しく食べたいアナタへ。ドリンク別おすすめウニ...

ウニをさらに美味しく食べたいアナタへ。ドリンク別おすすめウニを専門家が教えます

グルメ

テレ東プラス

2019.3.26

uni_20190326_00.jpg
海の高級食材と言えば、ウニです。数百種類もあり、産地や種類によって味が異なるウニ。
スペシャルな時に食べるウニだからこそ、一緒に食べるパート―ナーの「飲み物」はちゃんと選びたいもの。今回はウニ専門レストラン「unico-co(ウニココ)」のオーナー・辻田哲伸さんに飲料別にオススメしたいウニを教えていただきました。

uni_20190326_01.jpg

ワインにあうウニは「噴火湾産のバフンウニ」



uni_20190326_02.jpg
――ワインにあうウニを教えてください!

「北海道・噴火湾産のバフンウニ。それも天然のものがオススメ! このウニはとにかくバランスが最高。濃くもなく薄くもない。旨み、甘み、酸味のバランスも抜群で、しかもクリーミーなリッチ感がある」

uni_20190326_03.jpg
――ちなみにワインは赤がいいですか?それとも白?

「赤でも白でもなく、ロゼがいい。ロゼワインって赤ワインと白ワインの製法をミックスして造られているから、赤と白の中間のようなワインでしょ? だからバランス型の噴火湾産のバフンウニと相性バッチリ。フレッシュさを感じるミネナリーなロゼに対して、噴火湾産のバフンウニは濃厚でリッチテイスト。あっさり系とクリーム系なので、喧嘩しないのもいいよね」

日本酒をさらに美味しくするのは地元で獲れたウニ


uni_20190326_04.jpg
――日本酒好きにはどんなウニがいいでしょうか?

「そうだね~。基本的に日本酒はどんなウニとも合うんだよね(笑)」

――それを言われちゃうと企画の意味が...。

「あっ、その土地のウニを食べながら、その土地の地酒を飲むと、得も言われぬ美味しい体験ができるよ! 北海道ならバフンウニとキタムラサキウニ、三陸はムラサキウニ、西日本では赤ウニ(春~秋)と黒ウニ(冬)が獲れる。鹿児島から南はシラヒゲウニが獲れるんだけど、乱獲されてしまって今や幻のウニになっちゃった。うちでは夏にシラヒゲウニが食べられるよ」

uni_20190326_05.jpg
――そんな中で辻田さんが最も美味しかったウニはどこのものですか?

「山口県の萩で食べた赤ウニは美味しかったね~! 萩で赤ウニと地元の日本酒『長門峡』を飲んだんだけど、最高の組み合わせ。やっぱりその土地のウニを美味しく演出できるのは、その土地の日本酒なんだよ」

ソフトドリンク派には「黒ウニ」


――お酒を飲まない人が増えています。そんな方に向けてソフトドリンクに合うウニを教えてください!

「西日本で獲れる黒ウニがおすすめ。黒ウニの特徴は苦みと雑味があること。喉を通ったあと、口に苦みが残るんだよね」

uni_20190326_06.jpg
――ソフトドリンクの中ではどの飲料を選べばいいでしょうか?

「コーラ。コーラの甘さが、黒ウニの苦みを上手に包み込み、流してくれる。黒ウニの苦みとコーラの甘さが上手に噛みあい、バランスがよくなるんだよ。黒ウニの雑味とコーラのシュワシュワ感のコンビもいいよね」

uni_20190326_07.jpg
――美味しいウニの見分け方ってあるのでしょうか?

「見た目7割で判断できます。ベトっとしておらず、プリっとしているものは美味しい。あとは鮮やかで色の統一感のあるものもいいよね。いいウニって醤油なしでも美味しい」

uni_20190326_08.jpg▲プリっとしていて鮮やかなウニを選べ!

――なんだかお腹が空いてきました。最後にウニの魅力を教えてください

「ウニってミネラルや旨みがガツンと感じられて、口に入れると美味しさが広がる。だから食べた後の余韻が続き、幸福感があるんだよ。しかも種類も豊富だから、いろんな料理ができる。料理を作るうえで可能性が広がることも魅力だよね」

uni_20190326_09.jpg
【取材協力】
unico-co(ウニココ)
住所:東京都新宿区四谷1-7-18 アクトワールドビル 3F
電話番号:03-3353-0255(完全予約制)
営業時間: 12時~15時、18時~23時
https://unico-co.com/

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧