• #
  • トップ
  • グルメ
  • 童話の世界にようこそ。プロジェクションマッピングレストラン「...

童話の世界にようこそ。プロジェクションマッピングレストラン「太陽の娘 FAVETTA」に行ってみた

グルメ

テレ東プラス

2019.3.27

FAVETTA_20190327_00.jpg
新宿・歌舞伎町で異彩を放つ、フォトジェニックなレストランをご存知だろうか。店内に広がるのは、童話の世界を表現したプロジェクションマッピング。テーブルの表面に浮かび上がる蝶や木々を眺めながら、窯焼きのピッツァをはじめとした本格イタリアンを楽しめる。今回はそんな「太陽の娘 FAVETTA(ファヴェッタ)」を紹介しよう。

モチーフは実在の童話。SNS映え抜群の体験型レストラン

FAVETTA_20190327_01.jpg

FAVETTA_20190327_02.jpg
歌舞伎町という繁華街にありながら、幻想的な空間が評判の「太陽の娘 FAVETTA」。店内は確かに別世界だ。ウッド調のテーブルにレンガの壁、頭上にはシャンデリア。ただでさえ洒脱な装いを、プロジェクションマッピングが鮮やかに彩る。

FAVETTA_20190327_03.jpg
メニュー表はまるで魔道書。

FAVETTA_20190327_04.jpg
お店のアイコンとなっている"看板娘"の名は、店名と同じファヴェッタ。出迎えてくれた店長の日向さんは「実在するイタリアの童話の主人公・ファヴェッタがモチーフ。彼女は火の魔法使いなので、店内では炎のプロジェクションマッピングや、実際の炎を使った臨場感のある演出も取り入れています」と語る。

FAVETTA_20190327_05.jpg
それを象徴するメニューが、1日3食限定の「太陽のピッツァ」(2980円)と「本日の魔法のピッツァ」(1980円)。クロッシュ(料理にかぶせる銀色の蓋)に包まれたピッツァを炎で包み、店内のプロジェクションマッピングと連動して鮮やかに魅せる。最後にスタッフがフタを開ければ、煙をまとったピッツァの登場だ。

FAVETTA_20190327_06.jpg

FAVETTA_20190327_07.jpg
その他、アニバーサリープレートとプロジェクションマッピングを連動させた演出や、1日に回数・タイミングともにランダムで流される映像もある。メルヘンチックな内装を活かし、体験型レストランとして楽しめる仕掛けを随所に施しているのだ。

コンセプト系と侮るなかれ。リピーター続出の本格イタリアン

また、よくあるコンセプト・レストランとは異なり、料理のクオリティも極めて高い。趣向を凝らしたイタリアンのほか、全国的にも珍しいそら豆の料理をご用意。子連れ客と見るや、ピッツァの焼き加減を食べやすく調整する気配りも見せる。

「私たちが目指しているのは、あくまでも長く愛されるお店。コンセプトの斬新さだけで勝負していては、1回きりのご利用で飽きられてしまう。プロジェクションマッピング抜きでもリピートしていただけるくらい、料理の質にはこだわっています」

FAVETTA_20190327_08.jpg
人気No.1は「そら豆と海老のアヒージョ」(980円)。香ばしく煮込んだオイルに、独特の香りのそら豆がアクセントを与えている。丸ごとかじりつけるソフトシェルシュリンプは、ぜひ頭部を食べてほしい。海老の味噌がぎっしり詰まった絶品だ。

FAVETTA_20190327_09.jpg
そして王道の「窯焼きマルゲリータ」(1380円)。生地にこだわった一枚は、耳まで美味しく食べられる。チーズはしっとりとして柔らかく、多少の時間はお構いなしに瑞々しさを持続する。

FAVETTA_20190327_10.jpg
女子に人気の「カルボナーラ」(980円)は、濃厚かつクリーミー。"ザ・カルボナーラ"とも言うべき王道の味わいは、調理のツボを抑えている証拠だ。ジューシーな生ベーコンも効いている。

「アヒージョにマルゲリータ、カルボナーラ。どれも王道のメニューですが、だからこそ誤魔化しは利きません。他店と比較されることを承知で、自信を持って提供しています」

メニュー表を開けば、珍しい料理も豊富に揃っている。それでも王道のメニューをおすすめするのは、料理に対する確かなプライドの表れだ。

FAVETTA_20190327_11.jpg
ドリンクには、目でも美味しいノンアルコールカクテルを。左から、オレンジジュースをざくろシロップで割った「サンライズ」(680円)、従来のモヒートより飲みやすい「ヴァージンモヒート」(680円)、パイナップルジュースにココナッツミルクを加えた南国気分の「ヴァージンチチ」(880円)。

FAVETTA_20190327_12.jpg
食後にイベントを残しておくなら、おすすめは「炎のベイクドアラスク」(780円)。3層のアイスクリームをスポンジケーキで包んだドルチェだが、仕上げに目の前で火にかけてくれる。スイーツが燃える光景は、ほかでは滅多に見られない。

さらに日向さんは、「太陽の娘 FAVETTA」を立ち上げた裏話も聞かせてくれた。

「実は私たちは、新宿で60年以上にわたってさまざまな事業を手がけてきた会社で。このお店は、地域に対する恩返しとして立ち上げました。歌舞伎町って、女性や子連れ客にとっては楽しめるお店がないから、何かの予定で立ち寄ってもすぐに町から出てしまう。でも、女性や子供もとどまれる場所があれば、町はもっと活気づくじゃないですか。当店を楽しんでいただくことで、その一端を担えたらと思っています」

歌舞伎町の入り口にあるメルヘンチックなオアシス。目でも舌でも美味しい新感覚のレストランで、非日常なひとときを味わってみてはいかが?


【取材協力】
太陽の娘 FAVETTA(ファヴェッタ)
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第一メトロビル1F
営業時間:月~木 16:00~24:00 金 16:00~翌4:00 土 11:30~翌4:00 日 11:30~24:00
定休日:年末年始
http://favetta.favy.jp/

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧