• #
  • トップ
  • グルメ
  • 探偵はBARにいる? 謎の探偵カフェ「プログレス」に潜入して...

探偵はBARにいる? 謎の探偵カフェ「プログレス」に潜入してみた

グルメ

テレ東プラス

2019.3.29

昨今、さまざまなコンセプトカフェが人気だが、池袋にある「探偵カフェ」をご存知だろうか。その名は「プログレス」。なんと現役の探偵がバーテンダーを務めているカフェ&ダイニングバーだ。

Progress_20190329_01.jpg
店内では、謎に包まれた探偵の裏話を聞けるほか、盗聴器探しや指紋の採取といった探偵気分を味わえるアクティビティも体験できるという。今回は、そんな探偵カフェ「プログレス」に"潜入"し、型破りなバーの魅力を調査してみた。

実は女子率9割以上。スイーツを再現したカクテルに感動!

池袋駅の北口から徒歩3分、背の高いビルの9階にその場所はあった。

Progress_20190329_02.jpg

Progress_20190329_03.jpg
店内はなかなかユニークなデザイン。壁には迫力のあるモデルガンが並び、足元には探偵ドラマを思わせる"事件現場"が再現されている。

探偵とバーテンダーを両立するマスターの鈴木さんに出迎えていただき、まずはお任せでドリンクを注文する。やがて出てきたのが、フォトジェニックなこちらの一杯。

Progress_20190329_04.jpg
「春も近いということで、桜餅の味を再現したカクテル『道明寺』(900円)を用意しました。お酒の苦手な女性でも楽しめるように、プログレスではスイーツの味を再現したドリンクを独自に開発しています」

......ん? ちょっと待った。スイーツを再現したドリンク?

探偵カフェと聞いてなんとなくハードボイルドなイメージを持っていたが、なんだか女子力高くないですか?

「このお店を利用するのは、女性客が9割以上。探偵といったら『浮気調査』や『男女の恋愛』のイメージがあるので、女性の方が興味を持ちやすいんですよ。実際、バータイムには浮気調査の報告書や調査ビデオが見れたり、浮気した旦那さんを奥さんが成敗したエピソードをお話ししたりしています。もちろん、披露しても問題ない範囲に限りますけどね」

Progress_20190329_05.jpg▲なんと浮気調査の資料、読めます。

まさかの男女比1:9。少し面食らいながらカクテルに口をつけ、思わず声を上げる。完全に桜餅の味だった。よくある風味を似せただけのドリンクではない。

「実は、私は過去にイタリアンのコックをしていた経歴もあって。再現性には本気でこだわり、研究に研究を重ねてこの味にたどり着きました」

ほかのカクテルにも、ショートケーキやモンブランなどのスイーツ、フルーチェやヨーグレットといった昔馴染みのお菓子、生八ツ橋なんて変わり種も見事に再現されている。

さらにメニューを見ていくと、探偵をイメージしたカクテルも発見。

Progress_20190329_06.jpg
たとえば、こちらは店名にちなんだ「プログレス」(1000円)というカクテル。コーラルスタイルという技法を採用し、グラスの縁にコーラル(=珊瑚)のように砂糖を飾りつけている。

その他、日本酒やワイン、サングリア、自家製の漬け込み酒など、アルコールの品揃えは文句なし。「今日の私のイメージで作ってください」など、バーテンダーに無茶振りできるイメージオーダーカクテルも人気だ。池袋という土地柄から、アニメのキャラクターでカクテルを作ることも多いとか。

美味しい、珍しい、体にもよし。三拍子揃ったスーパーフード「ワニ肉」を初体験

また、プログレスはフードも個性派揃い。メニューをめくると、そこに載っていたのはオムライスにおでん、鮭とば、ラーメン。普通のバーではありえないラインナップだ。

「女性のお客さまは、何回かいらっしゃると友達の家みたいな感覚になって、メニューにないものをよく注文されるんですよ。そうしてリクエストに答えていったら、いつの間にかメニューが増えていた(笑)。最初はカフェ&バーという名義で運営していましたが、最近ではカフェ&ダイニングバーに変更しました」

なかでもプログレスのイチオシは、世にも珍しいワニ肉の料理だ。一体どんな味なのか。

「驚くほどクセがなく、食べやすいお肉ですよ。論より証拠、良かったら召し上がってみてください」

Progress_20190329_07.jpg
そういって登場したのは、人気No.1の「ワニタンの炙り」(1800円)。タンというと歯応えのあるイメージだが、なんだかやけに柔らかそうだ。

一口食べて、その予想が正しかったことを知る。ぷるぷるのお肉は歯で簡単にきれ、口の中を肉汁で満たした。キレがあるというよりは、旨味の密度を感じるジューシーなお肉。

「しかも、ワニ肉は栄養価も非常に高い。低カロリー&低脂肪、高タンパク、良質なコラーゲンと鉄分も異常に多く、DHAとEPA、オメガ3酸まで入っている。美容健康に力を発揮するスーパーな食材なんです」

Progress_20190329_08.jpg
こちらは「ワニスジ肉の赤ワイン煮込み」(1800円)。いわゆる牛スジ肉の赤ワイン煮込みと製法は同じだが、牛肉よりも臭みがない。バケットに肉をたっぷり乗せて、口いっぱいにかぶりつく。

それにしてもプログレスはなぜ、これほどバラエティに富んだメニューを用意しているのだろう。

「探偵もバーもサービス業なので、"リアルな探偵"を押し売りはしたくないんですよ。そもそもお店を立ち上げたのは、リアルな探偵に対する怪しいイメージを払拭して、きちんとしたサービス業だと知ってもらうためです。お客さまの要望にお応えできる環境は、可能な限り作りたいと思っています」

探偵のリアル業務・盗聴発見にチャレンジ!

そんな取り組みの一つとして、プログレスでは探偵の仕事を擬似体験できるアクティビティを用意している。店内に隠された盗聴器を探す「盗聴発見」、刑事ドラマの鑑識さながらに指紋を採取する「指紋採取」、ちょっとした変装気分を味わえる「特殊メイク」の3つだ。

とはいえ、実際に探偵の業務として行われているのは盗聴発見のみ。この日はその盗聴発見を体験させてもらった。

Progress_20190329_09.jpg
左が実際の盗聴器、右が盗聴器発見器。

それでは実際のアクティビティのスタート。ルールは簡単で、鈴木さんが店内に隠した盗聴器を、盗聴器発見器によって見つけ出すだけ。ただし、空いている客席の付近に隠すこともあるため、混雑時には挑戦できないので注意だ。

雑貨の裏、テーブルの物陰など、怪しい場所に片っ端から盗聴器発見器をかざす。宝探し気分を楽しんでいると、不意にけたたましい音が鳴り響いた。発見!

Progress_20190329_10.jpg
見つけた瞬間はなかなか痛快。盗聴発見に挑戦できるのは1組につき1名だが、それでも友達同士で訪れたら大いに盛り上がりそうだ。ちなみに、お店では盗聴器や指紋採取の仕組みも詳しく教えてくれる。

ユニークなメニューとアクティビティ、さらには現役の探偵の裏話も聞けるプログレス。しかしそこに流れるのは、純粋なサービス業の精神だ。いままで無縁だった探偵の世界、あなたも少しだけ覗いてみてはいかが?


【取材協力】
探偵カフェプログレス
住所:東京都池袋2-47-12 第Ⅱ絆ビル9階
営業時間:カフェ 11:30~17:30(土日祝のみ)バー 19:00~翌5:00(日曜日は0:00まで)※月曜日が祝日の場合、日曜日は翌5:00まで、祝日の月曜日が0:00までとなります。
定休日:年末年始

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧