• #
  • トップ
  • グルメ
  • マンガ「舞妓さんちのまかないさん」を読んで、家で青森グルメを...

マンガ「舞妓さんちのまかないさん」を読んで、家で青森グルメを作ってみた

グルメ

テレ東プラス

2019.4.4

aomori_20190404_00.jpg
「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の人気マンガ「舞妓さんちのまかないさん」。京都の舞妓さんたちのおうち"屋形"を舞台に、16歳の元・舞妓志望のキヨさんが、毎日舞妓さんたちのために1日3食のまかない飯を丁寧に作る......というグルメマンガです。

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/gourmet/entry/2019/019238.html


aomori_20190404_01_2.jpg▲©小山愛子/小学館「週刊少年サンデー」にて連載中

キヨちゃんは青森県出身なので、青森県の郷土料理が登場します。今回は作中に登場した青森グルメの中で、「イカメンチ」「ながいもすいとん」「なべっこだんご」の3つを作ってみたいと思います。

つるつる、むちむち「ながいもすいとん」


青森県の長芋は、全国的にも生産量トップクラスを誇り、国内出荷量の約4割を占めています。
青森県産のものは、色白で粘りが強く、柔らかい肉質とアクの少なさが特徴。ながいもすいとんはそんな特徴を生かした郷土料理です。

【材料】
・長芋 200g
・薄力粉 50g

【作り方】
(1)長芋の皮をむき、適当な大きさに切る。
(2)耐熱容器に入れ、木べらで簡単に潰せる柔らかさになるまでレンジでチン(600wで8~10分程度)。

aomori_20190404_02.jpg
(3)木べらで潰す。

aomori_20190404_03.jpg
(4)粗熱が取れたら薄力粉を混ぜてこねる

aomori_20190404_04.jpg
(5)まな板の上に打ち粉(分量外)をしたまな板の上に4をのせ、生地をまとめて棒状にする。

aomori_20190404_05.jpg
(6)適当な大きさにカットし、お好みの汁ものや鍋に入れ、火が通ったらできあがり。
今回は鶏鍋に入れてみました。

aomori_20190404_06.jpg
aomori_20190404_07.jpg
つるつるのむちむちで食べ飽きることがありません。ながいもすいとんがあれば、ご飯など炭水化物系のものがなくても十分にお腹いっぱいになりました!

aomori_20190404_08.jpg

白玉ぜんざいのようで違う「なべっこだんご」


米粉を練って作った「なべっこ」と呼ばれるだんごが入った青森県南部地方の伝統料理。おだんごの形が鍋に似ていることからこの名称になったと言われています。
作中でも、ハレの日のスイーツとして登場しています。いいことがあった日にぜひ作って食べてみてください。
レシピは「青森のうまいものたち」のサイトから引用しました

【材料】
・米粉 200g
・小豆 200g
・砂糖 120g
・塩 5g
・お湯 150cc~200cc

【下準備】

aomori_20190404_09.jpg
小豆を一晩水に浸してふやかしておく

【作り方】
(1)ふやかしておいた小豆を鍋に入れ、強火で沸騰させ差し水をしたら弱火で煮込み、また差し水をして煮込む、を繰り返す。1時間ほど煮込み小豆がやわらかくなったらOK。

aomori_20190404_10.jpg
(2)小豆に砂糖と塩を入れて混ぜながら少し煮込み、味をととのえる。

aomori_20190404_11.jpg
(3)米粉に少しずつお湯を入れ、まとまるまでお湯を足しながら練る。

aomori_20190404_12.jpg
aomori_20190404_13.jpg
(4)米粉がまとまったら10gずつくらいの大きさにちぎり、一度丸めたら、真ん中を指で押してつぶす。

aomori_20190404_14.jpg
aomori_20190404_15.jpg
(5)2が煮えたら、4で作ったなべっこだんごを入れて7分程度煮込んでできあがり。

aomori_20190404_16.jpg
白玉ぜんざいのようでまた違う独特のあんこスイーツ。だんごを作るのは簡単なので、子どもと一緒に作っても楽しそうですね。なお、なべっこだんごをすぐに食べない時は、だんごだけ茹でた後に氷水でしめておくことをオススメします。柔らかいままだんごを保管することが可能です。

aomori_20190404_17.jpg

海産物と野菜のコラボ「イカメンチ」


青森県の食の良さを伝えるサイト『青森のうまいものたち』によると、正式名称は「弘前いがめんち」。お国訛りにぐっときますね。
戦前、津軽地方で貴重だった海産物をどう食べようかと知恵をしぼって受け継がれてきた青森グルメです。各家庭で作られてきた、いわば母の味。

いろんなアレンジ法がありますが、今回は基本のレシピをご紹介します。

【材料】
・イカ(今回は青森県産ヤリイカを使用) 1パイ
・人参 50g
・玉ねぎ 50g
・薄力粉 30g
・砂糖 小さじ1
・塩 少々
・水 大さじ1

【作り方】
(1)イカ、人参、玉ねぎをみじん切りにする

aomori_20190404_18.jpg
(2)1をボウルに入れ、薄力粉、砂糖、塩、水を入れて混ぜる。

aomori_20190404_19.jpg
(3)サラダ油(分量外)を170℃に熱し、スプーンでひと口大にすくって入れて揚げる

aomori_20190404_20.jpg
(4)両面きつね色になったらできあがり

aomori_20190404_21.jpg
そのままでも、ソースやしょうゆなどをつけてもおいしいです。

みじん切りにしたキャベツや大葉を入れたり、カレー粉やショウガなどを入れてスパイシーな味に仕立てたり、さまざまなアレンジが効くのがイカメンチのいいところ。いろいろ試してみてくださいね。

青森グルメは他にもたくさん!


aomori_20190404_22.jpg▲©小山愛子/小学館「週刊少年サンデー」にて連載中

『舞妓さんちのまかないさん』にはこのほかにも「あずきばっと」「みそ貝焼き」「ひっつみ」など、名前からして気に青森グルメがたくさん紹介されています。
ぜひ本を手に取って、青森について調べてみたりして、それぞれに青森グルメを楽しんでみてくださいね!

【参照元】
・小学館週刊少年サンデー
https://websunday.net/

・青森のうまいものたち
https://www.umai-aomori.jp/

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧