• #
  • トップ
  • グルメ
  • チーズハットグ、コンビニの具材で作れます。おウチで作ってビヨ...

チーズハットグ、コンビニの具材で作れます。おウチで作ってビヨ~ン!

グルメ

テレ東プラス

2019.4.5

cheese_20190405_00.jpg
コリアンタウン新大久保を中心に2018年から大流行している、韓国グルメ「チーズハットグ」。串に刺したチーズに柔らかい衣をつけて揚げたもので、見た目はアメリカンドックのよう。食べると中身のチーズが伸びてSNS映えするため大人気で、現在も各店舗にて行列が。

そんなチーズドハットグを、おウチで作れないものか。友だちや家族と一緒にビヨ~ンと伸ばして楽しく食べたい!そんな願いを叶えるべく、管理栄養士でレシピ開発も手がける平原あさみさんに、美味しくて誰でも簡単に作れるレシピを教えてもらいました。

買い出しはコンビニでOK!4本を600円以下で作れちゃう!


cheese_20190405_01.jpg
用意する食材はいずれもコンビニで買えるもの。すぐに作れる手軽さに加えて、材料費の安さも嬉しいポイントです。4本分をなんと600円以下で作れてしまいます。お店で購入すると1本300~600円はかかるので、かなりコストパフォーマンスが良いと言えますね。

【材料】(4本分)
・食パン(8枚切り)...4枚
・さけるタイプのチーズ...4本
・卵...適量
・揚げ油...適量
・ケチャップ...適量
・マスタード(お好みで)...適量

【調理】
手順さえ把握すれば、誰でも10分以内に作れる簡単なレシピです。

cheese_20190405_02.jpg
①食パンの耳を切り落として、5mmぐらいの幅で刻んでいく。
【調理のポイント】
「パンの耳はなるべく細かく刻みましょう。その方がカリカリの食感を味わえます」

cheese_20190405_03.jpg
②食パンを綿棒などで薄く伸ばす。
【調理のポイント】
「出来るだけ薄く伸ばした方が、次の行程でチーズを巻きやすくなります」

cheese_20190405_04.jpg
③薄く伸ばした食パンの上にさけるタイプのチーズをのせ、くるくると端からきつめに巻いていく。

cheese_20190405_05.jpg
④バットに卵を溶き、巻いた食パンをくぐらせ、刻んだパンの耳を全体にまぶす。

cheese_20190405_06.jpg
⑤フライパンに5mmほどの高さの油を入れ、170℃に熱する。そこに③を入れ、きつね色になるまで全体を揚げる。
【調理のポイント】
「油に入れたらしばらくは動かさないようにしましょう。箸で動かすと衣がはがれやすくなってしまいます」

10分で完成!本場を超えるサクサクの食感が楽しめる!


cheese_20190405_07.jpg
簡単な5つの工程で完成!これなら料理の苦手な方でも気軽にチャレンジできそう。
ただし問題は味。というのも、新大久保などで売られている一般的なチーズハットグは、「米粉」を使った生地の中に「モッツァレラチーズ」を入れて、「角切りのポテト」をまぶして揚げています。しかし、それに対して今回のレシピでは、「食パン」と「さけるチーズ」を使用。そして周りには細かい「パンの耳」をまぶしているという違いがあります。

と、食材の違いに若干の不安を感じましたが、一口食べて完成度の高さに脱帽――。「さけるチーズ」のもっちりとした食感と、カリカリに揚げられた「パンの耳」の相性が抜群です。本場のチーズハットグよりもふんわりしていて、サクッと食べられます。

「米粉や小麦粉、あるいはホットケーキミックスを使うレシピもあります。しかしその場合は、計量の手間があったり、生地のかたさに気をつけたり、色々と手間が増えてしまいます。その点、今回のレシピはチーズを巻いて揚げるだけ。失敗が少なくコスパも良いので、食パンを使った方が作りやすいのではないでしょうか」

cheese_20190405_08.jpg
平原さんのお子さんにも大好評。本場のチーズハットグと同じくビヨ~ンと伸びるので、楽しんで食べていました。気軽に作れるので、おやつにも良いのではないでしょうか。

cheese_20190405_09.jpg
お店では砂糖を振りかけたりするところもありますが、今回はチーズと相性の良いハチミツをかけてみました。ケチャップともマッチしていて、子どもたちはさらに大喜び!

甘いトッピングだけではなく、カレー粉をふりかけるのもオススメ。スパイシーさが加わって「カレーチーズホットドッグ」のような感覚で食べられます。

おウチで気軽に作って家族や友だちでワイワイ楽しめるチーズハットグ。みなさんもぜひ試してみてください。

【取材協力】
平原あさみ
管理栄養士・こどもの食アドバイザー
「食べることは生きること。一生を食とともに」をモットーに、健康に関するコラム執筆、テレビ・雑誌への出演、企業タイアップの栄養監修など多方面で活動中。主な監修本に『みきママのスーパー離乳食&パパごはん』(主婦の友社)、『みきママのあと3kgやせるおかず』(宝島社)など。
https://luv-0120.localinfo.jp/

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧