• #
  • トップ
  • グルメ
  • ヴィーガン、偏食、虚弱、全部OK! アート&カルチャー人が集...

ヴィーガン、偏食、虚弱、全部OK! アート&カルチャー人が集まる高円寺「バーミィ」で、激安&メチャウマなアジア料理を堪能した

グルメ

テレ東プラス

2019.5.4

bamii_20190504_00.jpg
2万枚のレコードが積み上がり、壁中に常連客の写真が貼られた空間にカッコよすぎる音楽が流れる。伝説の「荻窪ロフト」の元店長とその奥様が高円寺に開いたアジア料理店「バーミィ」は、ディープ高円寺を200%体現したお店です。そんな素敵なバーミィですが、なんとお料理も激ウマ!アート&カルチャーな側面ばかりがクローズアップされがちなバーミィの、おすすめ料理をご紹介します!

外国人のお客さんから教わったメニュー


開店当初はベトナム、ミャンマー、タイが中心でしたが、最近は中東などのレアな料理も扱っているそう。アジア&ユーラシア大陸にまたがって、珍しいメニューがてんこもりです。

お料理のレシピはどこで入手するのかと訊いてみると、「いろいろだけど、よくあるのはお客様から。外国人のお客さんが多くて、お店に来たとき面白いメニューを教えてくれるの。試しで作って食べてもらって、『おいしい』って言ってもらえたらお店のメニューに加えてます」とのこと。

ネイティブ公認の「おふくろの味」なんですね。では、そんなお客様由来のメニューをひとつ、ご紹介。

bamii_20190504_01.jpg
『ヒエンユット』というミャンマーのサラダ。30年ほどおつきあいのあるカチン族(ミャンマー)の貿易商の方に教えてもらったのだとか。ミャンマーの野菜は東京ではなかなか手に入らないので、春菊と玉ねぎ、プチトマトで作ってくれたレシピを再現しているそう。

爽やかで奥深い不思議な酸っぱみと、春菊のほどよい苦味が意外なおいしさ。ソースと野菜が絡んでしっとりしているので、普通のサラダに比べると結構なボリュームで「飽きちゃうかも」と思ったんですが、おいしくてあっという間に食べてしまいました。これでなんと600円。このお店、開店以来ほとんど価格を変えていないんです!&消費税も取っていません!お得すぎます。

ピリ辛がビールにぴったり!


では続いて、お店で一番人気のメニューをご紹介します。

bamii_20190504_02.jpg
『クン・ドー(ド)・トムヤン』というトムヤンクン味のエビの唐揚げ、650円。ちょっとピリ辛に味付けされたエビを、カラッと揚げた逸品です。これまた650円とは思えない大ボリューム!

ビールに合うパンチのある風味だけど塩味は控えめなので、いくらでも食べられてしまいます。エビが売り切れだったり入荷がない場合は鶏肉バージョンになるそうなので、「どうしてもエビ!」という場合は事前に問い合わせを。

ヴィーガン、偏食、虚弱、ALL OK


bamii_20190504_03.jpg▲壁中に貼られているのは常連客が「21世紀に残したいレコード」を持った写真。某有名アーティストの姿も

バーミィのお料理はうまい、安い、珍しい、と三拍子揃っているのですが、加えて「メニューのカスタマイズが素晴らしい」というのも大きな魅力なんです。イチから手作りなので、お客さんのちょっとワガママな要望にも応えてくれます。

たとえばヴィーガン(絶対菜食主義)には動物性の食材を一切使わないメニューを作ってくれますし、好き嫌いも伝えればその食材だけ抜いてくれるのは当たり前。加えて「ちょっと胃が調子悪くて」とか「最近飲み過ぎなんだよね」というつぶやきにも「じゃあこのメニュー食べてみる?」と身体に合ったメニューを提案してくれるんです。高円寺のお母さんって感じですよね。そしてパーティメニューも、もちろん全てオーダーメイド。

お酒の種類も豊富で、ラオスの焼酎、ミャンマーの蕎麦焼酎、珍しいインドネシアのお酒、ムロカビールをはじめとした各国ビールなど、ほかではなかなか見ることのないお酒が揃っています。

おひとりさま、カップル、ロック聴くだけ、お酒飲むだけ、どんなお客さんでも絶対楽しめるバーミィ。高円寺に来たら、絶対寄ってみてください!クセになりますよ~!

【取材協力】
アジア料理 バーミィ
住所:東京都杉並区高円寺南3-58-18 山本ビル 2F
電話:03-3318-2621
営業時間:18:00~26:00/金土~27:00/日17:00~26:00
定休日:なし(臨時休業あり)
http://www.demeken.net/bamii/

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧