• #
  • トップ
  • グルメ
  • 韓国発「映え」スイーツ。日本初上陸のフルーツボンボン発祥店「...

韓国発「映え」スイーツ。日本初上陸のフルーツボンボン発祥店「Cafe de paris」に行ってみた

グルメ

テレ東プラス

2019.6.29

cafedeparis_20190629_01.jpg
2019年2月に韓国から日本初上陸を果たした、『Cafe de paris』。韓国のガイドブックには必ず掲載されていると言っていいほどの超有名店なんだとか。

季節の果物をふんだんに使用したパフェ「ボンボン」は、誰もがおもわず写真を撮りたくなってしまうほどの美しさ。ボリューム満点で映えを感じられます。

今年のゴールデンウィークにインスタで超話題になった『カフェドパリ』が六本木ヒルズ内で再出店されると聞きつけて、1番人気の「フルーツボンボン」を調査してきました。

cafedeparis_20190629_02.jpg

高さは20cm以上。"映える"ボンボンがかえってきた


フルーツパーラーよりカジュアルに、果物を楽しんでほしいという思いから、「フルーツカフェ」を名乗る『カフェ ド パリ』。

一般的なフルーツパーラーのパフェはテイクアウトができないので、店内の席が空くのをひたすら待ち続けます‪......‬。でも、フルーツボンボンはプラカップで提供されるため、テイクアウトが可能。この気楽さは嬉しいポイントです。

旬の果物を使用するため、季節によりフルーツボンボンの種類が変わるのも特徴。
前回は3種類の提供だったボンボンが、今回は5種類に! 本国と比べても最多のラインナップだというから、迷ってしまいます。

cafedeparis_20190629_03.jpg▲左から、「ブラウニーボンボン」(1400円)、「パイナップルボンボン」(1600円)、「チェリーボンボン」(1800円)、「青ぶどうボンボン」(1600円)、「マンゴーボンボン」(1800円)

前回、ゴールデンウィーク中の出店時、本国と同じく人気ナンバー1だったのは「ストロベリーボンボン」。ストロベリーは本国でも4月末までの提供ということで、今回のポップアップではメニューの入れ替えが。

気になる今回の『旬』のメニューは、「青ぶどうボンボン」と「チェリーボンボン」!

cafedeparis_20190629_04.jpg
「青ぶどうボンボン」(左)と「チェリーボンボン」(右)

噂には聞いていましたが、このボリューム! どのボンボンも高さ20cm以上あります!

「青ぶどうボンボン」は、instagramの公式アカウントにてリクエストがぶっちぎりで多かったそう。
これからの季節どんどん美味しくなる青ぶどうがツヤツヤしています。

cafedeparis_20190629_05.jpg
「チェリーボンボン」は本国でも「ストロベリーボンボン」に次ぐ人気! これは映える!
ぎっちり並べられたチェリーが華やかで、トップに鎮座するひと粒が可愛すぎる......‬。‬

cafedeparis_20190629_06.jpg
スリーブを外すと、断面までこの美しさ。
果汁たっぷりのスムージの上に生クリーム、果肉、ヨーグルトホイップ、端正に積まれたフルーツ......‬という構成。‬他のパフェと何かかが違う‪......‬と思ったら、パフェつきもののコーンフレークやスポンジケーキのような炭水化物が入っていません。

今回のポップアップのため、再度メニューを原材料から見直し、フルリニューアル。糖質・脂質ともに30%カットとよりヘルシーになったんだとか。

cafedeparis_20190629_07.jpg
左が通常のスリーブ、右は数量限定の日本オリジナルピンクバージョン

3カ月で総来場者4万人。注目を集めた経緯とは


『カフェ ド パリ』を日本に出店させるための交渉は1年以上もかかったそう。

cafedeparis_20190629_08.jpg
カフェ激戦区であるソウルで、10年以上生き残っている老舗のカフェ

cafedeparis_20190629_09.jpg
多くのハードルをクリアし、初出店となった前回のポップアップでは、3カ月間で総来店者数4万人超え! 1日に平均すると、来客者数は500人ほど。大好評だったことから、今回、5月24日(金)から9月1日(日)まで再出店になりました。

それを聞いて、インスタ映えの力、おそるべし‪......‬と思っていた筆者ですが、実際のボンボンを手にして、そのずっしりした果物の重さを体感。この人気は見栄えだけじゃありません。

cafedeparis_20190629_10.jpg
「20坪40席から、12坪8席へ」と聞くと、縮小したように聞こえますが、今回のポップアップでは、テイクアウトをメインに。ガラス張りがパティスリーのようで可愛らしく、お店が見つけやすくなっています。

cafedeparis_20190629_11.jpg
今回の出店期間は、梅雨と真夏を経験するため、オリジナルの傘を用意。雨の日は傘に、炎天下には日傘として使えるそう。ピーク時は3時間待ちが発生したという前回の出店を踏まえ、「行列に並ぶお客さまが、少しでも快適に過ごせるように」と、愛情たっぷりのアイデアです。

cafedeparis_20190629_12.jpg

cafedeparis_20190629_13.jpg
そして、このボンボン、こんなにフルーツとホイップがたっぷりなのに、驚くほど崩れません。夏場のテイクアウトと写真撮影に耐えうる、その秘密は土台のヨーグルトホイップにあるんだとか!

オープンスペースの多いヒルサイドへ出店することで、フォトスポットの幅も広がったそう。押させておきたいフォトスポットとあわせて、詳しくは後編へ。

【店舗情報】
『Cafe de paris(カフェ ド パリ)六本木ヒルズ リミテッドストア』
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
営業時間:10:00~22:00
電話番号:03-5414-1169
定休日:無休
営業期間:2019年5月24日(金)~9月1日(日)

※この情報は、2019年6月29日時点のものです。最新情報をご確認の上、お出かけください。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧