• #
  • トップ
  • グルメ
  • メキシコ系VS黒人系 全米一危険な街で殺し合うギャングのヤバ...

メキシコ系VS黒人系 全米一危険な街で殺し合うギャングのヤバい飯

グルメ

テレ東

2019.7.12 ハイパー ハードボイルド グルメリポート

ヤバい人たちのヤバい飯を通して、ヤバい世界のリアルを見る、話題の深夜番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」。7月15日(月・祝)夜9時からの初のゴールデンタイム放送に先駆け、これまでの内容を振り返る。


今回は、第2回「全米一危険な街で殺し合う極悪ギャング双方のアジトに潜入!」(2017年10月10日放送)をお届け。

L.A.で1番デカくて凶悪なメキシコ系ギャング


番組MCの小籔千豊が「アウトローの"美味しんぼ"ですよね」と称する今回、舞台となるのはロサンゼルス・サウスセントラル地区。殺人事件が週に1件発生する超デンジャラスゾーンで、街の壁には「遊びで撃った」という無数の銃痕が。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_01_1.jpg
まずは、「L.A.で1番デカくて凶悪なギャング」と言われる、構成員約3000人のメキシコ系ギャング「フロレンシア13」のアジトへ。案内してくれるのは元ギャングのボス・シクストとアルフレッド。


この地では、メキシコ系ギャング「フロレンシア13」と、黒人系ギャング「クリップス」が激しい抗争を繰り広げている。この10年間の抗争における死者は、両ギャング合わせて、およそ200人。2人は、抗争で多くの仲間を失い、ギャングを抜けたという。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_02_1.jpg
アジトでは、現役ギャングの"タトゥーマン"ことルイスが女性たちにタトゥーを彫っていた。「フロレンシア13」では背中に「F13」と彫り、忠誠心を示すのだ。そして女性たちは、刑務所にいる夫を待つギャングの妻たちだった。

グルメリポート① ギャングのワイルドおやつ


Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_03_1.jpg
「これ食ったことあるか?」とルイスが取り出したのは「トゥナ」というサボテンの実。ライムと、たっぷりの唐辛子をかけてかぶりつく。

さらにルイスは、ビールにも唐辛子をたっぷりかけて飲む。ルイスに勧められ唐辛子たっぷりのトゥナ&ビールを試した取材ディレクターは「美味い!」。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_04_1.jpg
続いて、ルイスに連れられ向かった先は薬局。店内に一歩入った瞬間、強い匂いが。

「今日はアッパー系がいいかな」
「おすすめはチョコレートかな」
店員と会話しながら、商品を試すルイス。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_05_1.jpg
実は、ここはマリファナ屋。アメリカでは州によっては医薬用大麻が許可されており、リウマチを抱えるルイスは使用免許を持っているという。13歳からマリファナを吸っているというルイスは、早速一服し「最高だ!」。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_06_1.jpg
ルイスに「イイもの見せてやるよ」と言われ、夜7時に再びアジトを訪れると、そこには銃が。妻の護身用に銃を買ったという男が言う。「銃は撃たないほうがいい。一回撃つと虜になる」。

アメリカには3億丁の銃が存在し、年間約3万人が命を落としている。

Hyper_hard_boiled_Gourmet_20190712_07_1.jpg
「なぜギャングになったのか?」と問うと、「ギャングっていうのは好んで入るんじゃなく、育った環境でなるんだ」とルイス。この街で生まれ育ち、13歳で初めて刑務所に入ったことで、「そこから俺の人生は変な風になっていった」と振り返る。何度も死にかけ、何度も刑務所に入っているルイスは、「家族には本当に迷惑をかけている」と。ルイスは5児の父親でもあるのだ。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。
次のページグルメリポート② ギャングの帰れぬ故郷飯

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ハイパー ハードボイルド グルメリポート

ハイパー ハードボイルド グルメリポート

食うことすなわち生きること。 食の現場に全てが凝縮されている。 これは、ヤバい人たちのヤバい飯を通して、ヤバい世界のリアルを見る番組。

放送日時:テレビ東京系列 7月15日(月)  夜9時

出演者

小籔千豊

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧