• #
  • トップ
  • グルメ
  • 一晩寝かせるだけでインスタ映え! 百均グッズを使って自分でア...

一晩寝かせるだけでインスタ映え! 百均グッズを使って自分でアイスを作ってみた

グルメ

テレ東プラス

2019.7.21

20190721_ice100_00.jpg
暑い夏がやってきました! 昨年は豆乳アイスがヒットしましたが、「アイスは自作できるもの」と認識を新たにした方も多いのでは?

ただ、豆乳アイスは冷凍するだけと手軽でいいですが、夏休みに我が子が友達を呼んだ時に出すには、ちょっと......気が引ける気がします。そこでオススメなのが、百均グッズを使った自作アイス。子どもと一緒に作れば、自由研究のネタにもなりますよ!

見た目もかわいい星形ひんやりスイーツ


この時期は、百均ショップの調理器具コーナーに行くと......。

20190721_ice100_01.jpg
いろいろな、自作アイスグッズが棚に並んでいます。このうち良く見るのが、製氷トレイのようなタイプと、スティック状にアイスを凍らせるタイプです。

●製氷トレイタイプ

20190721_ice100_02.jpg
今回はシリコン製の星型トレイを購入しました。ここにジュースや水を入れると、星形の氷やシャーベットが作れます。袋から出すとシリコン特有のにおいが気になりました。注意書きにもある通り、使用前にしっかり洗った方がよさそうです。

20190721_ice100_03.jpg
ここにグレープジュース、オレンジジュース、飲むヨーグルトを入れてみました。

20190721_ice100_04.jpg
一晩冷やして取り出してみると、かわいい星形アイスキューブが完成です。口の中にそのまま放り込んで食べると、これがおいしいのなんのって!

見た目かわいくて、おいしいなら間違いないですね~。使うジュースの量も少しで済むので、経済的かつ糖質オフにもなりそうです!

●スティックタイプ

20190721_ice100_05.jpg
スティックタイプは容器にジュースを入れて、そこにスティックを固定。いわゆる棒アイスを作るタイプです。

20190721_ice100_06.jpg
今回購入したのは、やはりシリコン製でした。こちらも、使用前に洗うことをおすすめします。

ここに飲むヨーグルトを入れて、ヨーグルトアイスを作ってみましょう!

20190721_ice100_07.jpg
規定の線まで飲むヨーグルトを入れたら、フタをしてスティックを差し込みます。

20190721_ice100_08.jpg
このまま一晩置いて取り出してみました。

20190721_ice100_09.jpg
シリコン製のせいか、するっと容器からアイスが取り出せました。きれいにできて大満足です。

20190721_ice100_10.jpg
アイス大好きな子どもにも大うけでしたよ! 市販の飲むヨーグルトを使っているので、味も間違いありませんね。パッケージに「フルーツを混ぜてオリジナルアイスを作るのもおすすめ!」と書いてあったので、いろいろアレンジしてみても楽しそうです。

インスタ映えする3色アイスも作れる!


20190721_ice100_11.jpg
スティックタイプは1回につき1本しか作れないものが多いのですが、3本まとめて作ることができるアイスメーカーを発見しました。こちらは子どもの多い家庭でも重宝しそうです。

20190721_ice100_12.jpg
今回も規定の線まで好きな飲み物を入れて冷やします。ケースが透明だと、どれくらいジュースを入れたか分かりやすいですね。三色アイスや二色アイスが作りやすいのもポイントです。

三色アイスを作る場合は、容器の3分の1のところにジュースを入れて冷やす→完全に冷えたら次のジュースを入れる......という作業を繰り返します。ちょっとくらい失敗しても、色が混ざってきれいなグラデーションのアイスができますよ。

今回はオレンジジュース、飲むヨーグルト、グレープジュースの三色アイスと、飲むヨーグルトとオレンジジュースの二色アイスを作ってみました。

20190721_ice100_13.jpg
映えるアイスは見た瞬間にテンションダダ上がり!いろんなジュースで試してみたくなります。

なお、アイスが取り出しにくい場合には、容器に水をかけ、スティックを少し引っ張って取り出せるか確認してみてください。ただ、水をかけすぎるとアイスが溶けてしまい、スティックがすっぽ抜けてしまうので注意が必要です。

ジュースがあればなんでもできる!


今回は88円の200mlパックジュースで、3つのアイスキャンディーができました。市販のアイスが安くて1個88円なので、単純計算でコストは1/3となります。出費が多くなりがちな夏休みには嬉しいですね!

お子さんでも簡単に作れる上、アレンジは無限大! どんどんオリジナルアイスを作ってみてくださいね~。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧